【アニメ感想】王室教師ハイネ 第8話「臆病な心」

 ハイネ先生の8話を見て感想を書きます。
 今回はカイ王子のお話ですが、ある意味ギャップ萌えの極地かもしれません。
 あいさつやお礼の大切さといった人として基本的なことをも教えてくれる先生は素敵です。

【内容】
 深夜に相談したいことがあるとハイネの元にやってきたカイ王子。
 続いてレオンハルト、ブルーノ、リヒトも別件でやってきました。
 カイは、父親に言われた「コミュニケーション能力」を身につけようと相談にやってきたのです。

 外見的なことで皆に怖がられているカイ王子に、王宮の人々と話せるようにと指導するハイネ先生。
 しかしアデル(妹姫)がシャドウ(犬)と喧嘩したことから、新たなお友達を作りたいと一同で動物園に向かいます。
 家族に対するコミュニケーション能力の高いカイ王子ですが、それ以外の人とのコミュニケーションに苦慮します。

 もふもふに囲まれたカイ王子に、羊のえさをもらってくるようにとハイネ先生。
 ウサギにかまれたというアデルに、シャドウはかまないのだとなだめるカイ王子が素敵過ぎます。
 そして、シャドウとの仲直りを見事に演出するカイ王子なのでした。

 王宮の侍女と話を仕様とするカイ王子は、天気の話題をふります。
 タオルがふにふにと似ていると言いつつも、荷物を持ったりして人々の注目を集めます。
 しかし、不審者扱いされた王子は、すっかり気を落としてしまいました。

 家族以外とのコミュニケーションを諦めようとするカイに「教育的指導」を施します。
 あいさつとお礼の大切さを説きつつ、一人や二人で諦めることはもったいないと述べます。
 そして、ハイネのおかげで、不器用ながらもお礼をいうカイ王子は、侍女の反応に手ごたえを感じて何よりです。

 最後に判明したことは、怪しい絵はハイネ先生が書いた絵だったとのこと。
 そして実は、火災からアデルを守ったというシャドウなのでした。

【考察等】
 コミュニケーション能力に課題のあるカイ王子のお話でした。
 外見で恐がられるというのはかわいそうですが、これまで番組を視聴してきた人はそのギャップに萌えているかもしれません。

 シャドウさんと喧嘩したというアデルさんですが、最終的に仲直りできて良かったのです。
 妹さんに対しての的確なコミュニケーションは、まさに理想のお兄さんでした。
 あと、やっぱりモフモフに囲まれているところが素敵過ぎます。

 色々がんばったもののうまくいかない王子を見ていると心が痛みます。
 それに対して、あいさつやお礼の大切さを述べるハイネ先生は人間としても素敵な方だと思います。
 そのおかげもあり、侍女にお礼を言って少しお話できたカイ王子は本当によかったのです。

 王子を1人1人把握していく形となり、それぞれのよさと魅力が少しずつわかってきたような気がします。
 次回はどんなお話か存じませんが、ハイネ先生の過去だったり、第一王子の詳細だったりが無性にきになる今日この頃です。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム