【アニメ感想】夏目友人帳陸 第7話「ゴモチの恩人」

 夏目さんの6期7話を見て感想を書きます。
 今回はレイコさんの回想が中心でしたが、相変わらずかっこいい女の子で素敵です。
 最後のオチには思わず顔がほころんでしまいました。

【内容】
 戻ってきたニャンコ先生に、昨日は大変だったと貴志さん。
 実は、巨大な妖怪から命からがら逃げ出したのですが、今日もまた別の妖怪「ゴモチ」がやってきます。
 ゴモチはレイコに世話になったらしく、お礼をしたいということなのですが。

 かつて森にやって来た祖母のレイコは妖怪を恐れぬ豪胆の持ち主でした。
 センキとヒャッコという2体の妖怪が喧嘩して迷惑をかけていると聞いたレイコは、面倒はごめんといいつつ様子をみにきました。
 どちらかのお嫁さんになることを強いられる妖怪「キフネ」を出してやれとたんかを切り、自分が花嫁をもらうと宣戦布告します。

 一度帰宅した後再び森にやって来たレイコは、まずはセンキとの勝負に臨むことに。
 木の枝をぶつけて先にカキを入手する「奇策」で勝利をもぎ取ります。

 次いでヒャッコからは栗拾いの勝負を挑まれたレイコは、周りの妖怪たちを使役して「私を勝たせなさい」と一言。
 妖怪たちを使役しつつ自らも栗を拾う一方で、手を引く妖怪たちに「つながりが切れるのは一瞬」とつぶやくレイコさん。
 集まった妖怪の力によってヒャッコは負けを認め、センキもろとも改心し、キフネは自由の身となったのです。

 こうしてゴモチから「恩人」であるレイコの話を聞いた貴志さん。
 何とそのゴモチはキフネとこのたび結婚するとのこと。
 祝言にお呼ばれする貴志は、この事態につながった祖母の気まぐれを誇らしく思うのでした。

【考察等】
 突然妖怪さんがやってきたと思えば、レイコさんの昔話を聞かせてくれました。
 自分よりも大きな妖怪相手にまったくひくことを知らず、たんかを切るレイコさんはかっこよかったのです。
 そして、その勝負への対処(妖怪を使役するなど)もまた彼女らしい大胆なやりかたで痛快でした。

 レイコさんの人となりを少しでも知ることができて良かったと思います。
 また、まさかの結婚報告には驚かされました。
 次回はどんなお話が来るのかわかりませんが、こころがほっこりするお話を期待したいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム