【アニメ感想】Re:CREATORS 第7話「世界の小さな終末」

 思い切り遅れましたが、レクリエイターズの7話を見て感想を書きます。
 前半は何でもありの乱闘とラスボスさんの参戦に胸が震えました。
 後半では不穏な空気が流れる中、軍服の姫君についても少しずつわかり始めてきたようです。

【内容】
 剣、銃、魔法と何でもありの戦いが繰り広げられていました。
 まみかは「全てを敵に回しても戦いを止める」との覚悟を示してついに戦いに動きます。
 そして、それを見つめていたのはラスボスこと弥勒寺さんでした。

 弥勒寺はブリッツにちょっかいを出し、マミカ、アリスの2人を圧倒します。
 メテオラからこのまま彼等を野放しに出来ないといわれたセレジアは、再び弥勒寺と対峙することに。
 さらに現れた巨大ロボの前には、ブリッツたちも逃走しか有りませんでした。

 政府に「保護」された弥勒寺は、メテオラを「めっちん」と呼び、ロボットのパイロットである瑠偉といつしか意気投合していました。
 黒い制服の女ことまがねの能力は、言葉で現実を捻じ曲げることができるのだとか。
 政府は身元がわかった原作者を保護しに動きますが、作者はすでにまがねによって殺された後だったのです。

 松原先生たちと一緒にいた颯太はブリッツの正体と原作を見抜きましたが、軍服の姫君についてはだんまりを決め込みます。
 颯太が絵を書いていると知ったまりね(イラストレーター)は、絵を見せて欲しいとせがみます。
 自分はまだ上手ではないと断る颯太に、誰だって初めから上手なわけではないと語る松原先生が素敵です。

 電車での移動時に、まみかに呼び止められた颯太はそのまま彼女と共にカフェへ。
 一方、ロボットの脚本家の中乃鐘さん(通称デブ)は、「軍服の少女」の正体を突き止めたと一同を集めます。

 動画投稿サイトに描かれた「アルタイル」というキャラクターこそ、まさに軍服の姫君そのものでした。
 そして颯太はまみかからの質問に答える形で、軍服の姫君がこの世界を憎んでいると発言します。

【考察等】
 颯爽と出てきたまみかさんは、一番主人公らしいかもしれません。
 前回から続く何でも有りの戦いに、まみかさんだけでなく、ラスボスさんも参戦を果たします。
 2人を相手に一歩も引かない彼は、さすがラスボスというだけはあるなと思います。

 ロボットのおかげで戦いは終わり、ラスボスさんが気づけば仲間になってしまいました。
 瑠偉さんと意気投合するところが、何だか見ていて面白かったのです。
 一方で、まがねさんは作者さんを殺害するという恐ろしい展開も有りましたが。

 軍服の姫君についてだんまりを決め込む颯太さんには、まだ時間が必要なのでしょうか。
 イラストの発表を渋る彼に、初めからうまい人がいないとアドバイスするプロの先生方が素敵過ぎます。
 第一線で活躍するプロ3人と行動を共にしているって、アドバイスをもらったりする上で、何気にすごいチャンスだと思うのですが。 
 デブこと中乃鐘さんのおかげで「軍服の姫君」の正体がついに明らかになります。
 時々回想に出てくるセツナさんについては言及が有りませんでしたが、それは次回と思われます。
 掲示板の映像が出てきていましたが、生みの親がネットで叩かれて自殺したのでしょうか。
 生みの親がこの世界に殺されたのなら、颯太さんの言うように軍服の姫君は世界を憎んでいるという言葉とつながってくるかもしれません。

 長々と思いつきだけを書き連ねてきました。
 いずれにしても次のお話で、ある程度の回答が得られるような気がします。
 来週はちゃんとした時間に起きて見られるよう努力したいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム