【アニメ感想】エロマンガ先生 第7話「妹と世界で一番面白い小説」

 エロマンガ先生の7話を見て感想を書きます。
 新人とはいえない2人が参戦することになった「ラノベ天下一武闘会」がついに始まります。
 そして、女性陣の積極的なラブコールに驚きを隠せません。

【内容】
 出版枠をかけた「ラノベ天下一武闘会」に突然参戦を決意したムラマサ先輩。
 累計発行部数1400万を超える圧倒的実力の前には、あのエルフ先生もだんまりしかありません。
 先輩はもともとの出版枠を奪っていたと宣言し、改めて「つぶしてやる!」と宣戦布告へ。
 それに対して正宗は「けりをつけようじゃないか!」と勝負に勝ったら互いに言うことを聞く条件をつけます。

 妹との夢を勝負に使ったことを後悔する正宗さん。
 その紗霧に呼ばれ、部屋に入ったなりに言われたことは「浮気者!」の一言であり、女の子とデート禁止という厳しい罰でした。
 しかし、2人の夢を馬鹿にするムラマサとの勝負は「2人でやっちまおうぜ!」と乗り気です。

 長編ラブレターを短編にまとめることを決意した正宗先生。
 エルフ先生の指導で、少しずつ短編を作ることを覚えていきました。
 そんな時、彼を訪ねてきたのは、なんと制服姿のムラマサ本人だったのです。

 「私のものになりなさい」と迫るムラマサ先輩。
 自分の専属の小説家になれと迫る彼女に対して、エルフ先生は正宗との同棲をほのめかせます。
 そのまま上がりこんだムラマサは一心不乱に小説を書き始めるのでした。
 そんな中で、紗霧は(ムラマサの)スカートをめくってみてと平常運転です。

 実は自分の作品の名前すら覚えていないというムラマサ先輩。
 彼女は、自分が読みたい作品を読むために自ら小説を書いているのとこと。
 望むものを得られない「空腹」を癒すためには何冊も書き続けて見せると豪語します。

 ムラマサが正宗に怒っているのは、今度の企画に伴う彼のジャンル変更が許せないとのこと。
 実は正宗の大ファンだった彼女は、ラブコメ企画を叩き潰すことで、正宗が再びバトル小説を書くのではないかと狙っていたのです。

 自分の印税全てを渡しても、一生守ってやるとラブコールを送るムラマサ先輩。
 それに対して、部屋から出てきた紗霧は泣きながらお兄さんは私のものだと叫びます。
 そして、兄である正宗もまた決着をつけようとムラマサに迫るのでした。

 それぞれが作品を提出し、正宗はムラマサの作品を作者本人の前で読むことに。
 その内容は、正宗が紗霧に行ったような、ムラマサの正宗への熱いラブレターだったのです。
 ムラマサの「好きだ!」という告白に対して、正宗は好きな人(妹)がいるのだと断るのでした。

 そして、注目の結果は正宗の勝利に終わります。
 というのも、ムラマサの小説の方が票数が上だったものの、規定の枚数を超過していたことから繰り上がっての勝利というものでしたが。
 こうして、兄と妹の作り上げた小説は、無事出版枠を確保することが出来たのです。

【考察等】
 圧倒的な敵意を向けるムラマサ先輩のお話でした。
 そもそも先輩は新人作家ではないだろうと思ったのは、視聴者の大半だと思います。
 まあ、面白ければいいのかもしれません。

 正宗さんの作業に付き合うエルフ先生はやっぱりいい人でした。
 紗霧さんには鼻持ちならない相手かもしれませんが、なんだかんだいって仲良しでいいなと思います。

 まさかのムラマサ先輩がやってきて波乱が起きます。
 制服姿になると可愛らしく見えるのは、女の子の特権と思います。
 作業中に、スカートめくってみてという紗霧さんの平常運転はさすがです。

 実はムラマサ先輩は、正宗さんの大ファンでした。
 作品のファンというだけでなくて、明らかに異性としても意識しているというのは驚きましたが。
 妹一筋でなければ、良くあるラノベ主人公のようなハーレム状態になったのでしょうか。

 最終結果は、いろいろありながらも正宗さんの勝ちで落ち着きます。
 規定枚数を超えたムラマサさんというのは、300ページのラブレターを書いた正宗さんと同じように、正宗さんへの気持ちの大きさではないかと思われます。
 2人の激突を見て、やはり「愛」こそが最強なのかもしれません。
 
 何はともあれ、最終的に出版枠を確保できたのは良かったのです。
 次回は夏祭りのお話みたいですが、浴衣の似合いそうなムラマサさんも当然参戦するのでしょうか。
 めぐみんさんの再登場にも期待したいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

視聴おつかれさまでした。
私も7話、見てきました。

いきなり戦闘力(発行部数)比べなんて、
今回もまるでドラゴンボールみたいです。
ムラマサ先生の大和撫子な外見と性格、素敵ですね。
流石に「つまらなかったら殺してやる」は過激ですが。

彼女の直球勝負の告白、驚きです。
エルフ先生や紗霧さんにできないことをやってしまいました。
正宗君の真面目で一本気な性格には私も好感が持てます。
女の子たちにモテモテになるのも当然と言えば当然かと。
お兄ちゃん愛を叫ぶ紗霧さんも、成長したと思います。

まさかの規定枚数オーバー、こちらも意外でした。
ムラマサ先生が手心を加えた、かどうかは分かりませんが。
とりあえず一件落着です。

マサムネさんにムラマサさん、
どちらも刀剣をモデルにしたお名前ですね。
ちゅんちゅん丸(めぐみん)もお忘れなく(笑)

今回は過激な画像表現も控え目だった気がします。
そのかわり、各所でのムラマサさんの発言は強烈でした。
「私のものになれ」何となく言われてみたい気もします

最後に。
私の前回の「やばそうなシチュエーション」発言ですが。
エロマンガ先生の描くイラスト、ちょっと過激だと思います。
万が一モデルの名前がばれてしまったら、
さぞかし恥ずかしいでしょうね、という意味ですよ。
ネットの世界でも恥ずかしい自撮り写真などが
拡散されないよう、注意したいものです。

Re: No title

> 視聴おつかれさまでした。
> 私も7話、見てきました。
 いつもありがとうございます。
 今日は見るのが遅くなってしまいました。

> いきなり戦闘力(発行部数)比べなんて、
> 今回もまるでドラゴンボールみたいです。
> ムラマサ先生の大和撫子な外見と性格、素敵ですね。
> 流石に「つまらなかったら殺してやる」は過激ですが。
 ドラゴンボール、皆さんお好きなのですね。
 ムラマサ先生の一言、名刀のような切れ味かもしれません。

> 彼女の直球勝負の告白、驚きです。
> エルフ先生や紗霧さんにできないことをやってしまいました。
 登場間もない人が、いきなりやってくれたなと思いました。

> 正宗君の真面目で一本気な性格には私も好感が持てます。
> 女の子たちにモテモテになるのも当然と言えば当然かと。
> お兄ちゃん愛を叫ぶ紗霧さんも、成長したと思います。
 彼の一生懸命なところはすごくいいなと思います。
 私もそばにいたらくっつこうとしたかもしれません。
 紗霧さんの気持ち、いい加減に気づいて欲しいですね。

> まさかの規定枚数オーバー、こちらも意外でした。
> ムラマサ先生が手心を加えた、かどうかは分かりませんが。
> とりあえず一件落着です。
 好きなアニメの感想をひたすら書き続けた私からすると、
 好きなことだとどうしても際限なく書いてしまうということは
 あるのかもしれません。

> マサムネさんにムラマサさん、
> どちらも刀剣をモデルにしたお名前ですね。
> ちゅんちゅん丸(めぐみん)もお忘れなく(笑)
 刀関係は、FFで出てくるのでなんとなくわかってしまいました。
 ちゅんちゅん丸さん、たしかカズマさんの剣ですよね。
 爆裂魔法の方のめぐみんさん懐かしいです。

> 今回は過激な画像表現も控え目だった気がします。
> そのかわり、各所でのムラマサさんの発言は強烈でした。
> 「私のものになれ」何となく言われてみたい気もします
 ムラマサ先輩のためのお話だったのかもしれません。
 私のものになれ、今度言ってみてもよろしいでしょうか?

> 最後に。
> 私の前回の「やばそうなシチュエーション」発言ですが。
> エロマンガ先生の描くイラスト、ちょっと過激だと思います。
 確かに、よくあんなのをかけるなと思えてきます。

> 万が一モデルの名前がばれてしまったら、
> さぞかし恥ずかしいでしょうね、という意味ですよ。
> ネットの世界でも恥ずかしい自撮り写真などが
> 拡散されないよう、注意したいものです。
 外見に自信もないので、自撮りはやったことがないのですが、
 このあたりは気をつけたほうがいいのかもしれません。

 今日も一日お疲れさまでした。

ムラマサさんは正宗の大ファン

こんにちは。

今回の話で一番驚いたのは、ムラマサさんが
正宗さんの小説の大ファンで、本人自身も
好きと告白したのは驚きました。
凄い剣幕で顔も見たく無いほど
嫌っている風な感じだったので、
この展開は読めませんでした。
短編作りを指導するエルフ先生が
確かに素敵過ぎる。
見事、採用枠を勝ち取って良かった。
今回紗霧さんは思わず正宗さんの事が
好きと告白しそうになりましたね。
この壁を乗り越えたら両思いになるのだが、
そうならないのが、この作品の面白いところ。
ムラマサさんが諦めたとは思えないので、
今後のエルフ先生や妹も含む恋愛関係の
行方も気になります。

本日も暑かったですね。
ご苦労様でした。
夜の番組、アリス、リトルアカデミア、つぐももを
楽しみにしつつ失礼します。

Re: ムラマサさんは正宗の大ファン

> こんにちは。
 こんばんはです。
 こちらもコメントありがとうございました。

> 今回の話で一番驚いたのは、ムラマサさんが
> 正宗さんの小説の大ファンで、本人自身も
> 好きと告白したのは驚きました。
 これが一番のサプライズですよね。

> 凄い剣幕で顔も見たく無いほど
> 嫌っている風な感じだったので、
> この展開は読めませんでした。
 つぶす、ころすというところまで言ってました。
 その理由が愛だったのですね。

> 短編作りを指導するエルフ先生が
> 確かに素敵過ぎる。
 普通に面倒見が良くていい人ですよね。

> 見事、採用枠を勝ち取って良かった。
 とりあえず目的どおりかと。

> 今回紗霧さんは思わず正宗さんの事が
> 好きと告白しそうになりましたね。
> この壁を乗り越えたら両思いになるのだが、
> そうならないのが、この作品の面白いところ。
 もう完全に告白でしたが、
 あのお兄さんに通用するかは不明です。

> ムラマサさんが諦めたとは思えないので、
> 今後のエルフ先生や妹も含む恋愛関係の
> 行方も気になります。
 主人公のモテモテぶりは、
 まさにラノベ主人公の特権かもしれません。

> 本日も暑かったですね。
> ご苦労様でした。
 今日も暑く、もう半そでになってしまいました。
 日焼け止めもそろそろ本格的に必要かと。

> 夜の番組、アリス、リトルアカデミア、つぐももを
> 楽しみにしつつ失礼します。
 私は一眠りしてから視聴したいと思います。
 また明日もよろしくお願いしますね。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム