【アニメ感想】正解するカド 第6.5話「エクワリ」

 正解するカドの6.5話を見て感想を書きます。
 アリスと蔵六、月がきれいにつづき、3つめの総集編でした。
 情報量の多い作品だけに、総集編をしていただけるのはとても助かりました。

【内容】
 羽田に突然やって来た巨大な立方体に騒然とする世界。
 その中から交渉官の真道は、「異邦存在」であるヤハクイザシュニナを引き連れて登場します。

 日本政府との会談の中で、自分は宇宙の外から来たのだと語るザシュニナさん。
 彼によると、カドは異邦と宇宙をつなぐ「変換装置」であり、異邦から電力を引き出す「ワム」を提示します。
 際限なくエネルギーを生み出す「ワム」を日本政府に提供するザシュニナですが、これが思わぬ波紋を呼ぶのはもっと後のお話です。

 乗客の解放がなされ始めたころ、異邦存在について日本人の意見は揺れ動きます。
 ワムの集中管理を求める国連決議を前に、総理は難しい決断を迫られることに。
 一方、真道は科学者とワムの製造方法を研究し始めます。

 全世界に記者会見を始めた総理は、ワムの恩恵を全人類に届けたいとのこと。
 国連安保理からの要求を受け入れて国内のワムを引き渡すと宣言する総理。
 それと同時に研究したワムの製造方法が世界中に公開されます。
 
 乗客の解放が終わった後、政府・自治体・警察の全面協力の下、カドの移転が行われます。
 狭山(埼玉)への移転が完了したことに感謝を述べるザシュニナさん。
 そして、彼が「ワム」というエネルギーの次に提示したのは、眠らなくて済む「何か」なのでした。

【考察等】
 「万策尽きた」と形容される総集編が続きますが、難しいお話だと振り返りはむしろ助かります。
 ザシュニナさんの登場から、ワムを巡る動向、最後のお引越しまで綺麗にまとめられていてわかりやすかったのです。
 考えようによっては、初見の人でもこれを見れば7話から付いていけるのかもしれません。

 ワムによってエネルギーを手にいれた人類ですが、その次は「眠らなくて済む」らしいです。
 眠らなくていいとなると毎日6~8時間の睡眠時間の分、人間は長期間活動が出来るようになるのでしょうか。
 日本の場合労働時間が増えるのではないということがちょっと気になりますが、それよりもむしろ、脳みそをコーティングした奇妙な物体が恐いです。

 前半の振り返りが終わって、次回からはしっかりお話が続くようです。
 異邦存在がもたらした2つ目のものは一体何なのか、しっかりと見届けたいと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム