【アニメ感想】冴えない彼女の育てかた♭ 第6話 「雪に埋もれたマスターアップ」

 さえかの2期6話を見て感想を書きます。
 何はともあれ、英梨々さんとはすっかり仲良くなったのはよかったと思います。
 ライバルの伊織さんは、実はいい人なのかもしれません。

【内容】
 ベッドの上で目を覚ました英梨々は間に合わなかったと痛感します。
 しかし、彼女の足元には倫也の姿があったのです。
 
 実は、ライバルの伊織の(手配してくれた)車で那須高原へとやってきた倫也さん。
 彼は、倒れていた彼女を寝室に運ぶのを手伝ってくれ、マスターアップをするようにと手配までしてくれました。

 マスターアップが終わっていないときいた英梨々は「早く作業しろ!」とすごみます。
 ゲームよりも彼女を優先した倫也に「あんたの一番になれない」とつぶやく倫也さん。
 「私はあんたの一番になれたのか?」と問う彼女は、頷く倫也に安堵の表情を浮かべます。

 倫也は英梨々と恋愛ゲームにいそしみ、あの時とは変わっていないと痛感します。
 明日には戻って皆に謝りたいと英梨々ですが、上からの謝罪に、自分の絵の自慢に終始したようです。
 そして「サークルの失敗は全体として受け入れるべき」と恵さん。

 実はいい人だった伊織に改めて感謝を述べる倫也たち。
 負けを認めるとともに謝り、それ以上に上達するのだと意気込む英梨々なのですが、ついつい突っかかるのはご愛嬌です。
 倫也にとっては体験版の公開にとどまった今回のイベントですが、周辺に大きなインパクトをもたらしたようです。

 イベントの後、どうして相談してくれなかったのかと恵さん。
 彼女の見せる始めての「怒り」に、心の痛みを覚える倫也なのでした。

【考察等】
 英梨々さんの元に向かった倫也さんですが、ライバルの伊織さんが実はいい人でした。
 あの容態を見ると、間に合わなかったのは仕方ないと私も思いますが、もう少し早く倫也さんは行くべきではなかったと思うのは、私だけでしょうか。

 英梨々さんの「一番」は、絵師としてのそれだけではなく女の子としてのそれも含まれていました。
 相変わらず倫也さんには通じていないのは、ラノベ主人公の性かもしれませんが、もやもやしてしまうのは私だけでしょうか。

 最終的に間に合わなかった(結局は体験版頒布のみ)という意外な結末へ。
 ライバルとの勝負は不戦敗にはなりましたが、それでも話題を作った分今後には期待が持てると思います。
 あれだけのメンバーをそろえたのですから、ある意味当然でしょうが。

 恵さんが珍しく倫也さんを怒ったのは意外中の意外でした。
 詩羽先輩、英梨々さんが終わり、次はいよいよ恵さんとのお話になりそうです。
 一方で、殆どで番のない美智瑠さんの存在も気にかかりますが、そのことも今後に期待でしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

>恵さんが珍しく倫也さんを怒ったのは意外中の意外でした。

それはあの時のセリフの一部こう変えてみればいいのでは?
「私、安芸君を選んだはずだった、(告白断って)」

その兆候はあったはずです。
一期での、
倫也が詩羽のところへ行ったあと英梨々だけがしる表情や
同じ状況の巡璃の表情を笑顔にしたときにから。

そして二期に至っては
詩羽が泊まった際に英梨々を使おうとした

瑠璃で、さゆかで、(霞が丘先輩で)
といった時から感情を自覚していたんじゃないですかね
それが告白を断るシーンへとつながった

だから釘をさした
別荘で二人きりになるな、と。
代わる代わる他の女泊めるな(泊まるな)、と。

その性質上、直接的に言ってこなかった分たまっていたんじゃないでしょうか。

あの怒りのシーンは随分遠回しな
「別にゲーム作りたいから、手伝ってたわけじゃねぇよ」
に聞こえました。

そんな感じに見ていたのでそんなに意外な感じは受けませんでした

Re: 初めまして

> >恵さんが珍しく倫也さんを怒ったのは意外中の意外でした。
>
> それはあの時のセリフの一部こう変えてみればいいのでは?
> 「私、安芸君を選んだはずだった、(告白断って)」
>
> その兆候はあったはずです。
> 一期での、
> 倫也が詩羽のところへ行ったあと英梨々だけがしる表情や
> 同じ状況の巡璃の表情を笑顔にしたときにから。
>
> そして二期に至っては
> 詩羽が泊まった際に英梨々を使おうとした
>
> 瑠璃で、さゆかで、(霞が丘先輩で)
> といった時から感情を自覚していたんじゃないですかね
> それが告白を断るシーンへとつながった
>
> だから釘をさした
> 別荘で二人きりになるな、と。
> 代わる代わる他の女泊めるな(泊まるな)、と。
>
> その性質上、直接的に言ってこなかった分たまっていたんじゃないでしょうか。
>
> あの怒りのシーンは随分遠回しな
> 「別にゲーム作りたいから、手伝ってたわけじゃねぇよ」
> に聞こえました。
>
> そんな感じに見ていたのでそんなに意外な感じは受けませんでした

 わざわざ長文ありがとうございました。
 いわれて見ると、まったくおっしゃるとおりだと思います。
 まだまだ修行が足りないのかもしれません。

 これからも、どうかよろしくお願いします。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム