【アニメ感想】覆面系ノイズ 第6話「今日も明日も、歩く」

 覆面系ノイズの6話を見て感想を書きます。
 皆が皆まっすぐで輝いて見える一方で、その想いが届かないことに胸が痛くなります。
 仁乃さんのひたむきさは評価に値しますが、一方でユズさんのことを考えるとつらいです。

【内容】
 イノハリの「アリス」としてモモを振り向かせるのだと絶唱する仁乃さん。
 テレビでその様子を見たモモは思わず「怪物」とつぶやくのでした。

 ライブを終えて、力を出し尽くしたイノハリの一同。
 周囲やお母さんの反応が気になりつつも、ミオさんの浮かない顔が気になります。
 オーディション先から呼び出された仁乃は、モモのギターを手渡され、彼が自分の歌に反応したことを知ります。
 モモに届いたことを喜ぶ仁乃はユズにそのことを伝えますが、ユズの複雑な心境を察してしまいます。

 ユズからギターを習うことになった仁乃の一方、一方で、ユズにもらったピアスを大切に持っているミオさん。
 そして、改めてギターのお礼に伺う仁乃は久瀬さんから名詞をもらいます。
 久瀬さんがモモと同居していたことを知り、胸が痛くなる仁乃は動揺しつつも練習を続けることに。

 「あんたはいいよね」と仁乃にいい、走り去るミオさん。
 自分が抜けた後に入り込んだ仁乃に嫉妬し、思い出のピアスを海に投げ捨ててしまいます。
 海の中を必死に探し回る仁乃に「おかしいんだよ!」と叫びますが、そのことを自覚し、逆ギレする仁乃なのでした。
 自分はいける所までいくと決意する仁乃は、ピアスを片方だけ見つけ、それを渡すのでした。

 仁乃の胃痛に、やきもちを焼いているのだとミオさん。
 そして必死の形相で曲を書きつづけるユズなのでした。

【考察等】
 冒頭の絶唱とその反響に驚きつつも、モモさんには思いが届いているのはよかったと思います。
 モモさんに向けてまっすぐな仁乃さんは相変わらずですが、一方で自らの思いを封印しつつ、彼女に尽くすユズさんを見ると切ない気持ちになってしまいます。

 それぞれの思いが交錯し、その多くが一方通行なのでした。
 ここまでカップルが成立しない流れは中々ないと思いますが、そうわかっていてもひたすらに思い続ける強さには胸を打たれます。
 自分が変わっていると自覚しつつも、ただまっすぐな仁乃さんが素敵です。

 複雑な恋愛事情が続きますが、はたして最後はどうなるのでしょうか。
 どこまでも報われないユズさんが最終的に報われてほしいなと思うのは私だけではないと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム