【アニメ感想】エロマンガ先生 第6話「和泉マサムネと一千万部の宿敵」

 Eマンガ先生の6話を見て感想を書きます。
 今回は全体的にドラゴンボールリスペクトが多いのが特徴かもしれません。
 とりあえずめぐみんさんともいいお友達になれそうで良かったと思います。

【内容】
 紗霧の趣味を知るため「キモオタ小説」を読みますと宣言しためぐみん。
 その発言に怒りをあらわにしたともえは「戦闘民族を舐めるな」とキャラが変わってしまいます。
 「ライトノベル」と言葉を修正したものの、怒りの収まらないともえは、彼女を改心させると大量の本をおすすめするのでした。

 大量にお買い上げした本を読んですっかりライトノベルが好きになっためぐみんは、続きはどうなったのかと正宗に電話します。
 「紗霧に(別の本を)借りてみては?」と提案する正宗ですが、一方で自分の小説は「微妙」と言われてしまいます。
 そして、紗霧本人は会いたくないといいつつも、本を貸すだけなら「条件」付きでOKとのこと。

 紗霧がめぐみんに本を貸す条件は絵のモデルになることでした。
 読者モデルもやったことがあるというめぐみんはあっさりOKしたものの、いきなり縛られて部屋に連行されることに。
 めぐみんを見た瞬間にエロオヤジと化すエロマンガ先生なのでした。

 「(自主規制)だって見たことあるもん!」と衝撃の発言のめぐみんさん。
 いきなりパンツを脱がされてついに泣き出した彼女に、紗霧はやりすぎたと思ったのか土下座して謝罪します。
 約束どおり大好きな本を貸した紗霧ですが、パンツは絵が完成するまで預かっておくとのことです。

 皆さんの努力もあって企画は通ったものの、担当編集に出版は一年後だといわれてしまった正宗さん。
 何でも、人気作家の「ムラマサ先生」が先に企画を持ってきてしまって横取りされたのだとか。
 色々と属性の似通った「上位互換」の存在に頭を悩ませる正宗に、紗霧は「私が養う」と言い出しますが、それでは「小説家として成果を出す」という叔母さんとの約束が果たせなくなると拒否することに。

 出版社の移籍の話になり、待っていましたとばかりに入ってきたエルフ先生。
 彼女のお兄さんは出版社の編集者なのですが、それでも先方(元の所属先)にはしっかりと話をつけるようにと言われてしまいます。
 その後は、出版社に向かうのですがどう見てもエルフ先生とのデートで、売り上げを意識するエルフ先生はツンデレですが、ムラマサは他の作家が対戦ゲームをしている中で一人用のゲームをやっていると意味深な発言をします。

 出版社の前で立っていた着物の女の子に、人気作家として突っかかるエルフ先生。
 しかし「知らない」と一蹴されて怒りをあらわにしてしまいます。

 移籍をあっさりと断られた正宗ですが、担当編集は「ラノベ天下一武闘会」の企画を提示します。
 若手作家が読みきり小説を出しあい、読者の投票で勝ったものが出版枠を手に入れるとのこと。

 早速参加を決意する正宗ですが、それに待ったをかけたのが先述の着物の女の子でした。
 なんと、その正体は(お察しのとおり)人気作家のムラマサ先生その人だったのです!

【考察等】
 前回の「キモオタ小説」という問題発言には驚きましたが、すっかりラノベが好きになっためぐみんさんでした。
 その後の展開は、どう見ても紗霧さんのセクハラにしか見えません。
 スカートめくりならまだしも、さすがに下着を取ってしまうのはさすがにないと思います。

 めぐみんさんとは「友達ではない」といいつつもかなり距離が縮んだようでよかったのです。
 紗霧さんの貸した本はよく見えませんでしたが、やはりお兄さんの本なのでしょうか。
 とはいえ、「微妙」と言われてしまっているのも事実なのですが。

 後半は、正宗さんの「上位互換」と呼ばれるムラマサ先生が登場します。
 その前のエルフ先生とのデートも中々楽しかったですが、さすがに今まで程のインパクトはなかったようです。
 まあ、さすがに毎回全裸や、パンツを下すような作業をしたらただの恥女さんなのでしょうが。

 突然「ラノベ天下一武闘会」なるお話が登場し、新たな展開へとつながります。
 先ほどのともえさんの「戦闘民族」発言といい、ドラゴンボールへのリスペクトが若干多目なのです。
 そう考えると、ドラゴンボールも随分と昔の作品なのだと痛感します。

 そして最後に立ちはだかったのはムラマサ先生でした(正体はまあおおむね予想通りだと思います)。
 しかし新人作家の企画にもうアニメ化もしている先生が出てくるのはもういじめではないかと思えるのは私だけでしょうか。
 ツンデレのエルフ先生がベジータさんなら、ムラマサ先生はフリーザ様クラスの強敵ともいえそうです。
 果たしてこの強敵にどう立ち向かっていくのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

武術大会に突入?

こんにちは。

前回の発言で大ごとになりそうな雰囲気でしたが、
収まって良かった、ともえさんがめぐみさんを
改心させようとお勧めを一通り渡し、
明日もお待ちしておりますは流石に商売上手で、
一度読むと気になって次の巻が欲しくなることが
分かってらっしゃる(^^)
しかし今回は形はどうあれ、めぐみんと紗霧さんの
中の距離が縮まったのは良かった。
エルフ先生は正宗の事が好きなのは、
今回でよく解ったが結構世話好きというか、
いい人物なのですね。
正宗の原稿採用を遅らせる理由が、天下一武闘会の参加
という小説の世界なのに武闘会というのも凄い。
エルフ先生及び正宗の宿敵、ムラマサさんが現れた。
今後の展開が楽しみですね。

Re: 武術大会に突入?

> こんにちは。
 こんにちはです。
 たびたびのコメントありがとうございます。

> 前回の発言で大ごとになりそうな雰囲気でしたが、
> 収まって良かった、ともえさんがめぐみさんを
> 改心させようとお勧めを一通り渡し、
> 明日もお待ちしておりますは流石に商売上手で、
> 一度読むと気になって次の巻が欲しくなることが
> 分かってらっしゃる(^^)
 ともえさんの怒り方が恐かったですが、
 本当に商売上手で、最終的には彼女の勝ちだと思います。

> しかし今回は形はどうあれ、めぐみんと紗霧さんの
> 中の距離が縮まったのは良かった。
 結果を考えればセクハラはご愛嬌かもしれません。

> エルフ先生は正宗の事が好きなのは、
> 今回でよく解ったが結構世話好きというか、
> いい人物なのですね。
 気づけばすごくいいキャラしているなと思います。
 見た目も可愛らしいですし、面白い人ですね。

> 正宗の原稿採用を遅らせる理由が、天下一武闘会の参加
> という小説の世界なのに武闘会というのも凄い。
 元はドラゴンボールだと思われますが、
 どう見ても小説で使う言葉ではありませんよね。

> エルフ先生及び正宗の宿敵、ムラマサさんが現れた。
> 今後の展開が楽しみですね。
 新人作家の登竜門にアニメ化した作家さんが出てくるのは
反則ではないかと思いますが、お話顔面白いからいいのかもしれません。
 次回もしっかり見ていければと思います。

No title

視聴おつかれさま。
エロマンガ先生、今回もすごいお話でしたね。
「キモオタ小説」発言、早速制裁が入ってしまいました。
私、戦闘民族をなめるな、は聞き取れなかったです。残念。
エロマンガ先生化した紗霧さん、まるで別人ですね。
同席していたお兄さんもびっくりしたことでしょう。
とりあえず、めぐみんさんと仲良くなれたのはよかったです。

私、思うのですが。
本人に承諾をとって名前を伏せた上だとしても、
ああいった感じで実在の少女をモデルにしたイラストを
描くのは(書かせてもらうまでの経緯を含めて)衝撃です。
何となく児〇ポルノ的なテイストを感じるのは私だけでしょうか。
・・・あくまでも、なんとなくですよ。

私、この作品のヒロインでは特にエルフ先生が好きです。
自信満々、でも時々可愛さを見せるところがいいですね。
アスキーメディアワークスは実在の会社そのものだと思います。

ドラゴンボール的ネタが多いのは私も同感です。
ラストは強敵ムラマサ先生の登場でした。
彼女の劣化版とまで言われてしまった主人公。
果たして勝つことができるのでしょうか?

コメントしてばかりですみません。
おやすみなさい。

Re: No title

> 視聴おつかれさま。
> エロマンガ先生、今回もすごいお話でしたね。
 こんばんはです。
 遅くにコメントどうもありがとうございます。

> 「キモオタ小説」発言、早速制裁が入ってしまいました。
> 私、戦闘民族をなめるな、は聞き取れなかったです。残念。
 この辺りはうろ覚えなので、怪しいです。

> エロマンガ先生化した紗霧さん、まるで別人ですね。
> 同席していたお兄さんもびっくりしたことでしょう。
> とりあえず、めぐみんさんと仲良くなれたのはよかったです。
 結果的になかよくできて良かったと思います。

> 私、思うのですが。
> 本人に承諾をとって名前を伏せた上だとしても、
> ああいった感じで実在の少女をモデルにしたイラストを
> 描くのは(書かせてもらうまでの経緯を含めて)衝撃です。
> 何となく児〇ポルノ的なテイストを感じるのは私だけでしょうか。
> ・・・あくまでも、なんとなくですよ。
 そういわれると、危ないお話なのでしょうか。

> 私、この作品のヒロインでは特にエルフ先生が好きです。
> 自信満々、でも時々可愛さを見せるところがいいですね。
> アスキーメディアワークスは実在の会社そのものだと思います。
 エルフ先生の自由奔放なところは私も大好きです。
 素敵な人でよね。

> ドラゴンボール的ネタが多いのは私も同感です。
> ラストは強敵ムラマサ先生の登場でした。
> 彼女の劣化版とまで言われてしまった主人公。
> 果たして勝つことができるのでしょうか?
 強敵との戦い、次回が楽しみですね。

> コメントしてばかりですみません。
> おやすみなさい。
 いえいえ、コメントといただけてうれしいです。
 今日も一日お疲れさまでした。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム