【アニメ感想】進撃の巨人 第32話「打・投・極」

 進撃の巨人の32話を見て感想を書きます。
 気づけば同期のうち4人が巨人ということですごいことになってきました。
 相変わらず迫力のある戦闘はすごく、スタッフの方の努力を感じます。

【内容】
 何と、ライナーは「鎧の巨人」でありベルトルトは「超大型巨人」でした。
 その「裏切り」に対して怒ったエレンは自らも巨人となり、鎧の巨人と戦うことに。
 一方、ユミルを食べてしまった超大型巨人に対して、ハンジたちは戦闘態勢に移行します。

 ハンジ達は一気に超大型に攻めかかりますが、超大型から発した蒸気によって立体機動装置を使えなくなってしまいます。
 その状況に「待ち構えるしかない」と構えるハンジは、もう彼らの確保は不可能であり、殺すしかないと決意します。
 そして、エレンの方は鎧の巨人によって一方的に殴り倒されてしまいます。

 全身が堅い鎧で覆われた「鎧の巨人」には、エレンの攻撃も、ミカサの刃も通用しません。
 かつて故郷が巨人に襲撃されたことを思い出したエレンは「お前等クソ野郎だ」「消さなきゃ」と怒りを燃やして立ち上がりますが、やっぱり殴り倒されてしまいます。

 かつてアニに投げ飛ばされて、関節技を決められたことを思い出したエレンさん。
 今度は自らがその技で鎧の巨人を投げ、そのまま片腕をもぎ取ることに成功します。
 しかし、それでも相手に致命傷を負わせることはできませんでした。

 エレンに「足は壊せるか?」と尋ねるハンジさん。
 彼女達の提案により一字撤退を決意するエレンですが、鎧の巨人の動きは早く、簡単には逃がしてくれません。
 鎧の巨人の首を押さえたエレンは、ミカサが鎧で覆われていないひざ裏を攻撃したことで抵抗力を弱めた隙を突き、そのまま首をもぎ取りにいきます。

 大声で叫ぶ鎧の巨人は、どうやら巨人を呼び出したようです。
 その時現れたのは超大型巨人で、何と巨人を二人ごと食べようとしてしまうのでした。

【考察等】
 1期ラストに引き続き、巨人対巨人の戦いになりました。
 こうなると巨人化できるエレンさんの優位は失われ、結局は単純な力勝負になってしまいます。
 ライナーさんの方が体型も勝っているからどうしても苦戦は免れえないのは仕方ないかと。

 攻撃が通用しない相手に対して、まさかの投げ技や関節技で勝負するところは見事だと思います。
 それでも致命傷を与えられないのが恐ろしいところで、あのエレンさんが一旦撤退を受け入れるのはちょっと意外だったりもします。
 エレンさんとミカサさんの息のあった連携に、さすが夫婦とふと思ってしまいました。

 最後に叫んで巨人を呼ぶのは、たしかアニさんでも同じパターンだったかと。
 とはいえアニさんの時とは違い、もう正体がばれているのでもう隊には戻れそうにないのですが。
 そして超大型さんが食べに来るのはまったく想像できませんでした。

 気づけばずっと画面に見入っていて、いつの間にか終わってしまいました。
 次回のお話がどうなるのか、ますますこの先の展開が、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム