【アニメ感想】王室教師ハイネ 第6話「カフェ・ミッター・マイヤーにて」

 王室教師ハイネの6話を見て感想を書きます。
 冒頭からリヒト王子が働いていたことに驚きましたが、お父さんの対応にはもっと驚きました。
 私を含めて、あんなカフェがあったら行ってみたいと思った女の子は多いのではないでしょうか。

【内容】
 町を散策していたハイネは「カフェ・ミッター・マイヤー」に入ります。
 するとそこにいたのは、偽名を使って働くリヒト王子の姿でした。
 先生の存在に、担当を変えてもらおうとしますがそれは却下されてしまいます。

 トラブルを防ぎつつしっかりと仕事をこなす王子の姿に感動したハイネ先生。
 ハイネは父親から王子を守ろうとしますが、ローゼンベルク伯爵によって先に国王の知るところとなってしまいます。
 息子を心配してバイトを禁止する父に反発するリヒト王子は、泣いて飛び出してしまいました。
 
 リヒトを連れ戻しにきた王様とハイネの2人。
 「私にも考えがある」と告げた王様は、息子の気持ちを知る為に給仕として働くと言い出します。
 そしてお父さんの思いを胸に、労働を許可するオーナーも素敵です。

 オーナーからお父さんの指導を言い渡されるリヒトさん。
 侍従を参考にした王様は見事に仕事をこなし、外国語をも堪能に話す結果、たちまち人気者になってしまいます。
 そして、息子に「済まなかった」と語る王様は、まさに国王である前に一人の父親の顔でした。

 父親に心配をかけたくないと仕事を辞めようとするリヒト王子。
 彼に対して「教育的指導」をするハイネは、自分がお店に来る間は続けてみるべきではないかと続けます。
 父親を見直しつつ、仕事をもこなす王子に「普通の子供」と告げるハイネなのでした。

【考察等】
 軽薄なイメージのあったリヒト王子ですが、普通に働いていたのには驚きました。
 どんないきさつがあったのかはわかりませんが、しっかりと労働できているのは素敵です。
 そして、ご自身も働くという意外な対応を見せる王様(お父さん)も素敵過ぎました。

 親子喧嘩になるのかと思っていたら、まさか自分も働くと言い出す王様には驚きです。
 しっかりと仕事をこなすところはまさに息子さん以上の天性を感じてしまいます。
 王様なのに、普通に人前で頭を下げられるのもすごいです。

 最終的に親子関係も改善され、そしてリヒト王子の子供相応の所も見ることができて良かったです。
 一方で、王子たちをつぶそうとしているあの伯爵の存在が気になるところですが。
 彼がそこまで王子を貶めようとしているのは、どんな目的があるのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム