【アニメ感想】サクラクエスト 第5話「ユグドラシルの芽生え」

 サクラクエストの5話を見て感想を書きます。
 花いろやシロバコが与えられた仕事をこなすのに対して、こちらは答えの見えないものを手探りでさぐっていくというところが印象的です。
 スケールの大きな仕事に、さすがの国王だと感激したのは私だけではないと思いたいです。

【内容】
 早苗や兄弟子の言葉が胸に引っかかりつつも、ふたたび間野山彫刻について調べてみる由乃さん。
 他のメンバーはそれぞれ自習ということで調べ物をしますが、早苗は何も出来ずふらりと外に出ます。
 お通夜の帰りに職人さんと出会い、ちょっとしたことで話が弾むことに。

 「いかきぼ計画」のミーティングが再開し、早苗を除いたそれぞれが調査結果を発表することに。
 「間野山彫刻」は元々は仏像を彫っていたものが、需要がなくなってらんまになったとのこと。
 由乃の出した結論は彫刻によって「サクラダファミリア」に匹敵する「桜池ファミリア」を作るという構想でした。
 しかし作った人間が有名でないとどうしようもないと、会長には怒られてしまいます。

 悩む早苗に対して、彫刻で女性の靴を作ったという職人さん。
 兄弟子は、なくなった師匠の仕事を引き継いで彫刻していたのですが、先日その依頼主が亡くなってしまい依頼自体がキャンセルされてしまったとのこと。
 それでも仕事を続ける兄弟子に、食べて行かないと意味がないと現実的な一言でしめられます。

 片言の外国人「サンダルさん」は実はすごい有名人だったことが判明しますが、早々に警察に連行されてしまいます。
 由乃が警察に行くと、実はヒッチハイクだったという斜め上の結論でしたが、絵を書いてもらうことには成功します。
 その後はひたすらにスポンサーを募る「営業」へと向かう国王と大臣たち。

 彫刻の靴を見て、早苗の仕事のように自分にも代わりがいくらでもいると結論付ける由乃さん。
 一方で、代わりがいてもやる人によって結果は変わってくると語るところはよかったです。

 「IT大臣」早苗さんががついにやる気を出します。
 クラウドファンディングの利用、そして「出会いと別れの場」である駅の活用、そして兄弟子の説得へと動きます。
 そして、100年を要する大きなプロジェクトがついに動き始めました。
  
【考察等】
 前回に続き試行錯誤が続く難しい問題ですが、今回はひとつの答えが出てきました。
 そのスケールの大きさは、ある意味では彼女にしか思いつかない「仕事」なのかもしれません。
 そしてそれを実行に移す皆さんが素敵です。

 伝統工芸といっても、時代と共に需要も変化し、変わっていかなければならないことをしみじみと感じました。
 そんな中、それぞれの職人さんが必死に生きる様を模索しているところも伝わって、シロバコでいろんなアニメスタッフの仕事を見ていたのとどこか重なってきます。
 色々有りましたが、由乃さんが早苗さんを立ち直らせた「仕事」についての一言もとてもよかったです。

 今回は伝統工芸の職人さんに触れるお話でしたが、おそらく間野山にはそれ以外にも色々と隠れた資源があるのだと思われます。
 それぞれの資源を生かしていくことにこそ、最終的に生き残る道が見えてくるのではないのでしょうか。
 ヨソモノの視点を生かした国王達の試行錯誤が、わたし、気になります!
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

壮大なスケール

こんちちは。

歩くサンダルさんは一部有名な画家だったとは
驚きましたね。
ギターとか持っていたので詩人と思っていたが、
演奏家でもありマルチアーチストであった。
木彫りサンダルはいいアイデアと思った。
しかしスケッチした絵も凄かった。
世の中に変わりの効かない仕事なんて無い、
だがやった人の思いが出る話も素敵でしたね。
駅を変えるという着想もいい。
100年掛けて完成させるという、
テーマも広告もいいのが出来た。
壮大なスケールの第一歩ということで、
今回のタイトルはそこに因んだものかな?
目的も見えた所で話も、一段と面白いものに
なってきましたね。

結城友奈は勇者であるの鷲尾編 第2章を
昨日見てきました。
次の勇者である友奈さん達までの間、
よく守ってきたなという感じでした。
次は7月の第三章で先行放映は終わりますが、
じっくりと見ていきたいと思います。

Re: 壮大なスケール

> こんちちは。
 こんにちはです。
 いつもコメントいただき感謝のしようもありません。

> 歩くサンダルさんは一部有名な画家だったとは
> 驚きましたね。
> ギターとか持っていたので詩人と思っていたが、
> 演奏家でもありマルチアーチストであった。
 浮浪者化と思っていたら、意外な正体でした。
 只者ではないとは思っていましたが。

> 木彫りサンダルはいいアイデアと思った。
> しかしスケッチした絵も凄かった。
 それぞれの個性が出ていてよかったと思います。

> 世の中に変わりの効かない仕事なんて無い、
> だがやった人の思いが出る話も素敵でしたね。
 文句の付け所のない答えだと思います。

> 駅を変えるという着想もいい。
> 100年掛けて完成させるという、
> テーマも広告もいいのが出来た。
 早苗さんならではの、由乃さんのアイデアを生かすという
 大きな仕事が出来たなと思います。

> 壮大なスケールの第一歩ということで、
> 今回のタイトルはそこに因んだものかな?
> 目的も見えた所で話も、一段と面白いものに
> なってきましたね。
 彫刻の木にちなんだ言葉でユグドラシル(世界樹)が出てきたのかもしれません。
 いずれにしてもタイトルもうまく考えられているなと思います。

> 結城友奈は勇者であるの鷲尾編 第2章を
> 昨日見てきました。
> 次の勇者である友奈さん達までの間、
> よく守ってきたなという感じでした。
 先行上映の映画のお話ですね。
 前日談にあたる鷲尾さんのお話は気になります。

> 次は7月の第三章で先行放映は終わりますが、
> じっくりと見ていきたいと思います。
 結末は暗いことになりそうで、覚悟が必要かもしれません。
 また見られたら報告いただけるとうれしいです。

No title

サクラクエスト5話の感想、私も書かせてくださいね。

落ち込んでいた早苗さんが元気になったようでよかったです。
由乃さんが励ましたのはもちろんですが、
あの職人さんの影響も大きかったのだと思います。
IT大臣の活躍、これからも期待できそうですね。

サンダルさんは毎回視聴者を驚かせてくれる楽しい存在です。
時間はかかりそうですが、間野山の発展に期待しましょう。

さて。お話の舞台、確かに富山のようですね。
地元を題材にする制作会社の発想にも好感が持てました。

Re: No title

> サクラクエスト5話の感想、私も書かせてくださいね。
 こんばんはです。
 アニメ視聴お疲れさまです。

> 落ち込んでいた早苗さんが元気になったようでよかったです。
> 由乃さんが励ましたのはもちろんですが、
> あの職人さんの影響も大きかったのだと思います。
> IT大臣の活躍、これからも期待できそうですね。
 由乃さんの言葉はもちろん、職人さんとの会話もとてもよかったと思います。
 人間、誰かに必要とされるとがんばれるのかもしれません。

> サンダルさんは毎回視聴者を驚かせてくれる楽しい存在です。
> 時間はかかりそうですが、間野山の発展に期待しましょう。
 サンダルさんがいきなり警察に連行されたときは驚きました。
 そして、過疎問題は一朝一夕ではいかない問題なのだと思います。

> さて。お話の舞台、確かに富山のようですね。
> 地元を題材にする制作会社の発想にも好感が持てました。
 お仕事シリーズの集大成に本社所在地を持ってきたようですね。
 1作目ではお隣の県で成功しただけに、今回も地元にいい影響を与えることを期待したいです。

 今日も一日お疲れさまでした。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム