【アニメ感想】アイドルタイム プリパラ 第3話「ゆめかわ!メイキングドラマ!」

 アイドルタイムプリパラの3話を見て感想を書きます。
 メイキングドラマを考えるお話ですが、ゆいさんの妄想が素敵すぎます。
 想像力のたくましさはうらやましいの一言です。

【内容】
 プリパラへのトンネルを整備するらぁらとゆい。
 仕事を終えた後おにぎりを食べていると、「プリパラ」の言葉を聞きつけて風紀委員がやってきます。
 その時は、プリパラはブリのバラ寿司といってごまかすのでした。

 メイキングドラマを考えるべく、さまざまな想像を膨らませるもののこれぞというものが見つからないゆいさん。
 何を伝えたらいいのかわからないという彼女に、らぁらは(みれぃの受け売りで)アドバイスを行います。
 その結果、皆にアイドルの素晴らしさを伝えたいという思いを再確認するのでした。

 前述の風紀委員が「総回診」と称して寮を見回りに来ました。
 謎の女の子の助けで脱出に成功したらぁらとゆいは、トンネルで一夜を過ごすことに。
 眠りかけたゆいは、ラーメンを作るためのはと時計の音で、メイキングドラマを思いつくのでした。

 作りだしたメイキングドラマでライブを成功させるゆいさん。
 6月の大会は「アイドルタイムグランプリ」という名称に決まったとのこと。
 しかし、参加人数が足りなかった場合、パパラ宿のプリパラ閉鎖及びらぁらの神アイドルをクビになるといわれてしまいます。

【考察等】
 メイキングドラマを作るということで色々試行錯誤するゆいさんが面白かったです。
 最終的に半ば強引に出来上がるのは、いつもどおりのプリパラと言えるのかもしれませんが。
 ライブはいつもどおりレベルが高かったです。

 6月の大会まで放送回数はあと5回前後と思われますが、その間に新たなアイドルが何人も登場するのでしょうか。
 旧プリパラのキャラ(そらみスマイル、ドレッシングパフェ等)が再登場すれば解決なのでしょうが、それに加えて強烈な個性を持ったキャラが出ることを期待したいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム