【アニメ感想】GRANBLUE FANTASY-The Animation- 第2話「旅立ち」

 グラブルアニメの2話を見て感想を書きます。
 前回に続き、王道を貫くそのお話が、逆に新鮮さを感じさせます。
 また、部外者にフレンドリーに接し、主人公を気持ちよく送り出してくれる村人も素敵だなと思いました。
 所々ラピュタを思い出すのは私だけではないかと。

【内容】
 ルリアの不思議な力でバハムートが召喚され、帝国のヒドラを一蹴します。
 帝国軍は圧倒的な力の差を目の当たりにし、撤退を始めることに。
 力を使い果たして倒れたグランは、父親の手紙にある「空の島」を目指すという幼少期の夢を見るのでした。

 目を覚ましたグランの復活を喜ぶルリアたち。
 村は無事であったことが告げられる一方で、カタリナは「あの時君は死んだ」と言い出します。
 彼は、ルリアの力によって彼女と命を共有しており、彼女とは離れることが出来ないのだとか。
 
 帝国の最高機密として幽閉されていたルリアの力は「星の力」とのこと。
 しかし、「星の力」を使う「星の民」はずっと昔に滅んでしまったと説明がなされます。
 そして、ルリアには帝国にさらわれた前の記憶が無いのだとか。

 明日にはルリアとともに島を離れるというカタリナはグランの同行を求め、あっさりOKするグランさん。
 「星の島」を目指す夢を叶えるため同行するのだと村人には説明をし、村人も一旦戸惑いつつも、彼を快く送り出すことに。
 二人が死ななくなる方法の可能性も、星の島にあるのではないかと推察されます。

 村人に送られ、旅立つことになったグランたち。
 カタリナの危なっかしい運転に恐怖を感じながらも、綺麗な空に冒険心が刺激されます。
 果たして、彼らを待ち受けるのは一体何なのでしょうか。

【考察等】
 少年が少女と出会い、彼女とともに旅立つ。
 まさにファンタジーの王道を貫き、それが逆に新鮮に思える今日この頃です。

 「星の島」という用語も中々に心をくすぐってきます。
 天空の城ラピュタのパズーさんやシータさんを思い出したのは私だけではないかと。
 となるとムスカさんも出てくるのでしょうか。

 主人公復活の理由が明らかになり、それが彼の同行の理由にもなりました。
 星の島という目的に全てが凝縮され、お話もスムーズに進みます。
 また、部外者を毛嫌いすることなく歓迎し、気持ちよく送り出す村人の皆さんも素敵です。

 王道を貫きつつも、最後にカタリナさんの運転に不安を感じたところも面白かったです。
 あと、最後に主人公の住む島を上から眺めるところで、古いゲームですがFF3の浮遊大陸を思い出してしまいました。
 彼等がこれからどんな経験を積み重ねていくのか、私も一緒に見守りたいなと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

最後まで見ようと決めた話

こんばんは、夜分すみません。
先行放送でここまで見た訳ですが、
ルミアの行動と一緒にしなければ
いけない理由とか判明しましたが。
旅立ちに際して、主人公の目的、
星の島に行くという目的が、
一致しており、この話により
最後まで見ようと思いました。
カタリナさんは飛行艇の運転は、
出発の際に見せた通り超下手で、
ゲーム通りとすれば飛行士に合う話かな?

Re: 最後まで見ようと決めた話

> こんばんは、夜分すみません。
 おはようございます。
 結構早く目が覚めてしまいました。

> 先行放送でここまで見た訳ですが、
> ルミアの行動と一緒にしなければ
> いけない理由とか判明しましたが。
> 旅立ちに際して、主人公の目的、
> 星の島に行くという目的が、
> 一致しており、この話により
> 最後まで見ようと思いました。
 主人公の理由と、ルリアさんとの関係もうまくまとまっていてよかったと思います。
 前者についてはますます主人公らしくなったなという印象です。

> カタリナさんは飛行艇の運転は、
> 出発の際に見せた通り超下手で、
> ゲーム通りとすれば飛行士に合う話かな?
 ゲームはプレイしたことがないので詳細はわからないのですが今後も期待したいと思います。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム