【アニメ感想】スクールガールストライカーズ 第13話(終)「決戦!フィフス・フォースよ永遠に」

 スクストアニメの最終回を見て感想を書きます。
 このアニメだけではないのですが、敵だった相手が共闘するという展開には燃えてきます。
 お話は一応決着をむかえ、ハッピーエンドになってよかったです。

【内容】
 「同じ状況を再現する」というモルガナによって、現実世界にオブリが出現。
 ビスケットシリウスらが生徒を避難させつつ応戦することに。
 一方、椿芽を助け出すべく悠水たちは、オディールや三姉妹とともにモルガナの元へと向かいます。

 巨大なオブリに捉えられた椿芽を見つけ出した一同。
 オディールが言うには、オブリの中にモルガナがいるとのこと。
 その「モルガナ」はかつては人間であり、フィフス粒子が人類にさらなる可能性をもたらすと信じて粒子を浴び、時空をさまよう存在となったことが判明します。

 モルガナの洗脳をあっさり解いた三姉妹、仮面を外したオディールこと幸子の協力を得て、悠水たちは椿芽を救出します。
 そして、力をひとつにした攻撃でモルガナを退けた一同ですが、椿芽はブラックホールのようなものに巻き込まれてしまいます。
 その時、椿芽のもとに現れたのがネコの隊長さんでした。

 どういうわけか元の世界に戻ってきた椿芽は、改めて学校に転校してくることに。
 モルガナの脅威はまだ去ったわけではないようですが、彼女達の戦いはここに一端終焉を迎えます。

【考察等】
 前回の怒涛の伏線回収から、今回の最終決戦への流れがとても速かったです。
 それでも最終的に綺麗にまとめきったのはよかったと思います。

 たまたま時間があったから視聴を始めた作品ではありますが、その独特のゆるい雰囲気は嫌いでは無かったです。
 つらいことが多いこのご時勢だと、特に日常パートというのは見ていてほほえましいなと思います。
 先日終了した「ハンドシェイカー」もそうですが、敵だった相手と分かり合えるというところも(現実では中々出来ないことですし)よかったです。
 ただ、ガルパン、はいふり、艦これ、刀剣乱舞などもそうでしたが、登場人物が多くて覚え切れなかったのが悔やまれます。
 
 最後に椿芽さんが助かった理由がよくわからなかったのですが、結果よければすべてよしなのかもしれません。
 ソーシャルゲーム原作ではよくある豪華声優の出演もよかったかと。
 2期はないとおもいますが、機会があればまた、この緩やかな雰囲気に包まれてみたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム