【アニメ感想】クズの本懐 第12話(終)「2人のストーリー」

 大いにお寝坊しましたが、クズの本懐の最終回を見て感想を書きます。
 先生方は予想通りの結末ですが、初恋の人の結婚を見せ付けられるのは中々厳しい展開だなあと思います。
 花火さんと麦さんの方は、少し予想を外れましたが、それはそれで彼らの生長が見られたのではないかなと思いました。

【内容】
 11月になり、学校では文化祭の時期となりました。
 お兄ちゃんの結婚は春だと、本人が直々に知らせに来ることに。
 メガネをしなくなったおにいちゃんを見ると昔を思い出し、胸が痛みます。

 文化祭では、ファッションショーでモカのドレス姿が光ります。
 その後、「一人は心地いい」「元々は一人」と体育倉庫で一人たむろする花火ですが、ばったりと麦に出会ってしまいます。

 さらに季節は進み、3月へ。
 先生方の結婚パーティーの準備をする中、花火はある男子に告白されることに。
 えっちゃんがさらってくれますが、一応相手には「ごめんなさい」と一言。
 久しぶりに声をかけてくれたえっちゃんはショートカットになっていました。

 先生のゴールインをまずまずと見せ付けられる花火さん。
 そんな彼女に、茜先生は「ブーケトスよ」と花を渡し、次は取られちゃダメよと一言。

 花火と麦、恋に破れた二人。
 しかし、「本物を探してる」2人は、そのまま互いに別れを告げることとなりました。
 果たして、彼女たちに本物が見つかるかどうか、それは私達の想像でしか語られないことなのかもしれません。

【考察等】
 最後まで、独特の恋愛観と、細かい心理描写は秀逸だったと思います。
 しかし、好きな人の結婚式を誘われるというのは、当事者ではなくても胸が痛みます。
 茜先生は少し変わったように見受けられますが、今までの性格が性格だけにどうも信用ならないのは私だけでしょうか。
 
 モカさんのドレス姿についてはああいう格好にはあこがれます。
 えっちゃんのショートカットは(伸ばそうと思うと数年かかりそうですから)もったいない気がしつつも男前(?)でかっこよかったです。

 花火さんについては、前回までは麦さんとくっつくと思っていたので意外です。
 しっかりと男子の告白を断ったこと、互いを失恋の代償にしなくなったことは、ある意味では成長だとは思うのです。
 決して意味が無かったわけではないと思われます。

 タイトルもそうですが、お話も独特で、最後まで話が読みきれませんでした。
 時としてもやもやして、茜先生が理解できなかった私ですが、最後まで見てよかったと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム