【アニメ感想】ハンドシェイカー 第12話(終)「Shake the Hands」

 ハンドシェイカーの最終回を見たので感想を書きます。
 基本的に最後まで、戦った相手と分かり合えるというところはよかったと思います。
 かつての敵とも手を取り合える、その寛容さは見習いたいなと思いました。
 あと、タヅナさんとコヨリさんは幸せになってほしいなと思います。

【内容】
 コヨリの姉・マユミを携えて現れた長岡は、かつて槙原とともに戦っていた男でした。
 その長岡とまみえることになったことになったタヅナとコヨリ。
 姉と戦うことについて、コヨリは今までと同じように戦うことでつながりを持てると確信します。
 それに対して、マユミが消える前に勝つと無茶をする長岡は、ビルを爆破するなど手段を選びません。

 「あなたを守るわ」
 タヅナとコヨリが2人で長岡を追い込みますが、立ちはだかるマユミ。
 最後の力を使おうとする彼女と手を取り合ったタズナとコヨリによって戦いは終わりを迎えます。
 実は、長岡は病気にかかっていること、そしてマユミはそんな彼を愛していることがわかります。

 長岡が去り、ふたたび日常へと戻ったタヅナとコヨリ。
 そんな2人に、マユミのことは任せてほしいと槙原先生。
 今まで戦った相手が次々と登場し、タヅナとコヨリは決意を新たに、最後の戦いに挑みます。

【考察等】
 最後は駆け足だったように思えますが、最後まで相手と分かり合える展開はいいなと思います。
 現実に殺し合いまでやったのに、普通に次の回にはわだかまり無く接している彼らはどんなに寛容な人間なのでしょうか。
 私も、彼らのように広い心を持ちたいなと思いました。

 絵が綺麗で、なおかつキャラクターも基本的にいい人で見てて楽しかったです。
 一方でコヨリさんのご両親だったり、神様だったりがあいまいなまま終わってしまったのは少し残念です。
 スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム