【アニメ感想】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第49話「マクギリス・ファリド」

 鉄血のオルフェンズの49話を、何とかリアルタイムで見て感想を書きます。
 タイトルからマッキーさんの死亡フラグが思い切り立つ不吉なスタートとなりました。
 オルガさんという精神的支柱を失った鉄華団の皆さんがこれからどのように戦っていくのかも注目かと。

 お話は何をかいてもネタバレになりそうなので、詳細をとりあえずまとめた後感想を書いていこうかと思います。

【内容】
 オルガが何者かによって殺されたことを知った鉄華団は騒然となります。
 地球への道を開いたオルガは十分に団長の仕事を果たしたとする副団長のユージン。
 しかし、一部にはオルガの仇討ちを主張する声が出始めます。

 オルガと最も近かった三日月は、団員を一堂に集めます。
 オルガの命令は生きているとし、それを邪魔する奴は全力でつぶすと宣言。
 死ぬまで「生きて」命令を果たせと団員を激励します。

 武器商人からオルガを始末したと報告を受けたラスタル。
 自分は胡散臭い大人と関わらなくてよかったとするジュリエッタに、じぶんもその「胡散臭い大人」だと一言。
 そして、彼の「大義」を示すべく鉄華団への一斉攻撃が始まります。

 圧倒的な物量の差で迫りくるギャラルホルンに、迎え撃つ三日月、昭弘、ユージン達。
 ユージンは、かつてオルガの準備した「王の椅子」に搭乗します。
 仲間が逃げるまでの時間稼ぎがその目的ですが、物量の差はあまりにも大きかったようです。

 一方、火星の上ではマクギリスが部下を逃がし、彼の最後の戦いへと挑みます。
 戦艦での特攻からバエルの機動力を生かした攻撃で、たった一人で戦うマクギリス。
 彼の婚約者であるアルミリアは、家にもどってくるようにと迫る父に反発し、ともにその罪を償うのだと、彼の生還を願うのでした。

 自分がラスタルを討つことで、生まれのみで将来が決まる「退屈」な世界は終わるとマクギリス。
 一方で、火星では「立ち止まらないで」と言い残してハッシュが逝ってしまいます。

 マクギリスと対峙するガエリオ、そしてガンダム同士の力と力のぶつかり合い。
 総大将のラスタルは「その戦いを見届けたい」と加勢の声をさえぎり、戦いに注視します。
 純粋な一人の力で戦うマクギリスに対して、アインを初めとする仲間の力を受けて戦うガエリオがバエルを捉えます。

 大破したバエルから逃れるマクギリス。
 彼の前に立ちはだかるガエリオは「俺を見ろ!」と彼に迫ります。
 ガエリオとカルタという「友」を否定しなければ自分は前に進めなかったとするマクギリス。
 彼のいいかけた言葉に涙を流すガエリオは、ついに彼の命を奪います。

 マクギリスの死は今後重要な意味を持ってくると延べるラスタル。
 彼の命で、ジュリエッタらの部隊が火星へと降下を始めます。
 果たして、この圧倒的な物量の中、鉄華団は血路を開くことが出来るのでしょうか。

【考察等】
 冒頭からオルガさん死亡が確定して、この時点でいやな予感しかしなかったです。
 敵討ちを主張する声がでるのも予想通りでしたが、そんな中でも、オルガさんの「命令」どおり生きるための戦いを選択した彼らは良かったと思います。
 とはいえ、ここ数回の展開や圧倒的な物量の差からすると、最終的にその希望も打ち砕かれそうな気がするのが恐いところです。

 火星では鉄華団の皆さんが絶望的な戦いを開始し、またマクギリスさんもひとりでの戦いを選択します。
 勝敗がほぼ決した中で彼がここまで戦い続ける意味とは何か、そのあたりは私にはちょっとわからないのかもしれません。
 生まれによって呪縛された(と彼が感じる)この世界に、彼自身が生きた証を残そうとしているのでしょうか。
 そんな彼を最後まで支えようとするアルミリアさんの態度は、あの若さでは考えられないほどすごいなと思いました。

 大半の予想通り、マクギリスさんとガエリオさんの一騎打ちが始まります。
 その戦いを見届けたいと、視聴者のニーズを的確に把握するラスタルさんも大物感を出していていいなと思います。
 人と話していて、ラスタルさんは三国志の曹操さんに似ているという言葉もありましたが、納得です。

 バエルによる圧倒的な力を持ちながらも、結局はガエリオさんに敗れてしまったマクギリスさん。
 彼は、ガエリオさんやカルタさんといった人たちの(生まれ以前に人と人との)思いがなかったのではなく、必死に否定して先に進んできたのだと思われます。
 親友だと思っていた相手に裏切られ、そして最終的に殺し合いになったというのは悲しいことですが、これも信頼の裏返しなのかもしれません。

 今思えば、マクギリスさんもガエリオさんも、登場当初からみるとずいぶんと変わったなと思います。
 二人三脚でギャラルホルンの腐敗を正そうとしていた彼らが、最終的に殺しあうなんて当時は全く想像していませんでした。
 アインさんとの出会いから、ガエリオさんがアインさんやカルタさんといった仲間の思いを拾っていく、そんな人間的なところが私はとても好きでした。
 マクギリスさんについては、生まれに関係なく平等に競い合える世界という彼の理想は共感できるものだったのですが、2期の後半では彼が絶対的な力に固執するあまり何かが見えなくなっていたのではないかと思うと、残念な気がします。

 マクギリスさんが亡くなるちょっと前に、2期で三日月さんを支えていたハッシュさんも亡くなってしまいました。
 はじめは三日月さんと張り合う感じだった彼ですが、忠実な部下(子分?)になって、結構いいコンビだと思っていただけに残念です。
 マクギリスさんと同様に、彼の冥福をお祈りしたいと思います。

 ますます勢いづくラスタル様に、ジュリエッタさんもいよいよ出撃し、鉄華団の皆さんのピンチが続きます。
 なお、次回タイトルは公式サイトによると「彼らの居場所」とのこと。
 この圧倒的な不利を切り抜けて、彼らが最終的に生きて「居場所」を見つけられることを祈るばかりです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
私も今回のオルフェンズは視聴できました。

マクギリスさん、やはり亡くなってしまいましたね。
優秀で紳士的な態度の彼でしたが、他人と信頼しあう心だけが欠けていた気がします。
もしかしたら、彼も友情と言うものは知っていたかもしれません。
ですが、それを反発させる力に変えてしまったのは残念でした。

彼にいかほどの力があろうとも、たった一人で突っ込んでしまうのは無謀だったと思います。
人の良い人物が馬鹿を見るのはよくあることですが、否定してしまうような方のほうが失敗した時の痛みは大きいのでしょうね。

そんなマクギリスさんに対し、最後に涙を流してくれたガエリオさん。
彼に比べて粗削りな性格かもしれませんが、人間らしい行動が垣間見えてよかったです。

一騎打ちを見物するラスタルさんはまさに曹操でしたね。
アインさんはいいかげん眠らせてあげたいところです。

鉄華団サイドでは、ハッシュさんまで亡くなってしまったようで悲しいです。
ユージンさん、昭弘さんもだいぶ成長したと思うのですが、
あまりにも絶望的なこの状況をどうするというのでしょうか。

運命に翻弄されっぱなしのアルミリア姫はお気の毒な限りです。
彼女も立派だと思いますが、GATEのシェリーさんのような行動力があれば、もう少し幸せだったかもしれませんね。




Re: No title

> こんばんは。
> 私も今回のオルフェンズは視聴できました。
 おはようございます。
 49話視聴お疲れさまでした。

> マクギリスさん、やはり亡くなってしまいましたね。
> 優秀で紳士的な態度の彼でしたが、他人と信頼しあう心だけが欠けていた気がします。
> もしかしたら、彼も友情と言うものは知っていたかもしれません。
> ですが、それを反発させる力に変えてしまったのは残念でした。
 マクギリスさんについては、強いのですが悲しい人でした。
 友情や愛情には気づいていても、それを否定しないと自分のアイデンティティを保てなかったのではないかと思います。

> 彼にいかほどの力があろうとも、たった一人で突っ込んでしまうのは無謀だったと思います。
> 人の良い人物が馬鹿を見るのはよくあることですが、否定してしまうような方のほうが失敗した時の痛みは大きいのでしょうね。
 項羽さんも最後は大軍の中に突っ込んでいったという話があったような気がします。
 彼は最終的には、逃げろという助け船を拒否して亡くなったそうですが、彼にも通じるのかもしれません。
 
> そんなマクギリスさんに対し、最後に涙を流してくれたガエリオさん。
> 彼に比べて粗削りな性格かもしれませんが、人間らしい行動が垣間見えてよかったです。
 ガエリオさんは、1期のアインさんとの絡みから、人間的なところが強く出た人だと思います。
 人気が高いのも頷けるかと。

> 一騎打ちを見物するラスタルさんはまさに曹操でしたね。
> アインさんはいいかげん眠らせてあげたいところです。
 ラスタルさん、出自に囚われず優秀な人材を確保するところもそれらしいかと。
 ガエリオさんは戦闘できないでしょうし、アインさんもお休みできそうです。

> 鉄華団サイドでは、ハッシュさんまで亡くなってしまったようで悲しいです。
> ユージンさん、昭弘さんもだいぶ成長したと思うのですが、
> あまりにも絶望的なこの状況をどうするというのでしょうか。
 ハッシュさんが、三日月さんに最後までついていくところを見たかったです。
 最終回、三日月さんがふたたび阿頼耶識をつかう展開しか見えないのですが。

> 運命に翻弄されっぱなしのアルミリア姫はお気の毒な限りです。
> 彼女も立派だと思いますが、GATEのシェリーさんのような行動力があれば、もう少し幸せだったかもしれませんね。
 お二人とも賢い人だとは思いますが、シェリーさんの行動力はすごかったですよね。
 外交官の方もとても真摯な対応でよかったなと思います。

 最終回は不安ですが、最後まで見ていければいいなと思います。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム