【アニメ感想】幼女戦記 第11話「抵抗者」

 幼女戦記の11話を見て感想を書きます。
 突然の襲撃に苦戦を強いられるターニャさんですが、できる部下のおかげもあって事なきを得ます。
 戦争は一段落しますが、これで終わりとは思えません。
 果たして、最後はどう着地するのか、私、気になります!

【内容】
 帝国の巧みな作戦により、虫の息となった共和国軍。
 祖国の勝利を確信し、あとわずかで戦争が終わると思っていた矢先に、スー大佐率いる大隊規模の襲撃を受けます。
 ターニャ達は精鋭とはいえ、相手の物量の多さには苦戦を免れません。

 全力をもって敵を蹴散らしていくターニャの前に現れたのは、かつて倒したはずのスー大佐。
 「主のお導きだ」とつぶやくその男は、存在Xによって生かされているのでしょうか。
 突き刺しても、蜂の巣になってもなおターニャを殺そうと自爆しにかかります。

 大佐を失った敵の部隊はそのまま撤収、共和国は首都を放棄して戦争は終結へ一気に近づきます。
 以前は軍の独断に難色を示していた政治家達も手のひらを返し、二人三脚で戦後処理へと進みます。
 しかし、存在Xはこれだけでは終わらないのではないかという懸念が消えません。

 共和国艦隊が南方のブレスト軍港に逃れているという事実から、敵が戦力を集結させていることを察知したターニャさん。
 上官に出撃を願い出、さらにそれが断られると独断での「強行偵察」を行うと宣言し、部下を集めようとします。
 しかし、その一歩前で停船命令が出され、出撃は即軍旗違反となってしまいます。
 軍上層部の判断に対して、後一歩で完全に戦争を終結させられたと憤るターニャなのでした。

【考察等】
 スー大佐との戦いが事実上のラスボス戦なのでしょうか。
 存在Xの加護を受けたと思われる彼は、ターニャさんと互角の戦闘を繰り広げていきました。
 しかし、ターニャさんを執拗に狙うところは、彼もまた存在Xによっていいように操られていたのではないかと思えます。
 この世界の神様というのは、存在Xというより、存在「S」なのかもしれません。

 共和国の首都を占領した段階で、勝利を確信した軍の皆さん。
 しかし、相手の動きを察知したターニャさんはこれで終わりではないと見抜きます。
 完全なる戦争終結、つまり敵戦力の殲滅を嘆願するターニャさんの仕事熱心さには頭が下がります。
 というよりも、さらなる攻撃がゆくゆくは帝国と自分の身を守ると言う意味もあるのでしょうが。

 上層部の判断もあって出撃が出来なくなったターニャさん。
 恐らく次回が最終回なのでしょうが、軍法会議覚悟で最後は出撃してしまうのでしょうか。
 それとも、共和国が戦力を整え、2期へと続くのでしょうか。
 どちらにしても、最後まで目が離せません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム