【アニメ感想】CHAOS;CHILD 第11話「彼の戦い」

 カオスチャイルドの11話を見て感想を書きます。
 最終決戦が始まり、お話も終盤に来たのかなと思います。
 ラスボスと思しき人のキャラクターが、主人公の中の人(がキリトさんということ)もあって、SAOの悪役でも違和感が無いのかもしれません。

 お話は駆け足過ぎてわからないのですが、それでも一応最後まで見ていくつもりです。
 この後、詳細をまとめて、思っていることを書いて行こうと思います。

 以降、ネタバレ前提につき注意です。

【内容】
 連続殺人犯に仕立て上げられたタクルをおびき出そうとしている義父。
 彼は渋谷地震の犠牲者に対して黙祷を捧げる中で、タクルを登場させる算段とのこと。
 そんな中、タクルのイマジナリーフレンドのセリカは「生き残れよ」と言い残して戦地へと向かいます。

 セリカからの連絡で、両親を殺したのは自分だと告白されたタクル。
 自分を生かすために生まれた彼女がどうして両親を殺すのか。
 そこには、本来の目的とは別の目的があるのではないかと考えたタクルは、確かめたいことがあると単独行動を取ることに。
 そんなタクルに、ちゃんと帰って来いとフラグを立てるヒナエさん。

 力士シールをかぶって渋谷に現れたタクルは、義父との「家族」生活を思い返します。
 しかし、彼の目の前に現れたセリカは、もう委員会からは逃げられないからとタクルに襲い掛かります。
 正と死のはざまで、彼女の首をしめて殺害したタクルですが、突然頭が痛くなります。
 どうやら、一連の戦いは妄想によるものだったようです。

 能力者と同じになれるという装置をつけて登場した義父。
 自分やノノ達が家族として信じてきたと怒りをぶつけるタクルに対して、彼は面白いからやっているのだと一言。
 逆上したタクルは彼と戦いますが、精神攻撃を受けて倒れてしまいます。

【考察等】
 終盤だからというのはあるのでしょうが、駆け足の展開に時折ついていけない私がいます。
 ただ思ったのは、あのお父さんが狂っているというくらいでしょうか。
 その迫真の演技は、まるでSAOの新川君やオベイロンさんを見ているかのように思えてきました。
 まあ、主人公がキリトさんというのもあるのですが。

 どこから妄想で、どこからが現実なのかが、時々わからなくなってきます。
 襲い掛かってきたセリカさんは妄想だったのはなんとなくわかりますが。
 時々、ブリーチの「鏡花水月」に似たような錯覚を覚えるのは私だけではないかもしれません。
 やはり原作をプレイしていないから理解が出来ていない一面は否めません。

 おそらく尺の関係で来週が最終回だと思います。
 わからないことも多々あるのですが、最後まで見ていくつもりです。

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム