【アニメ感想】ハンドシェイカー 第11話「Cocoon Cocoon」

 ハンドシェイカーの11話を見て感想を書きます。
 槙原先生と長岡さんの回想から、コヨリさんやその両親のことが少しずつ見えてきました。
 だんだんと変わっていくご両親を見ていて胸が痛くなってきたのは私だけではないかと。
 結局は戦うしかないのでしょうが、それでもタヅナさんなら、きっと長岡さんも救うことが出来るのではないかと思います。

【内容】
 コヨリの姉であるマユミを伴って現れた長岡という男。
 彼はかつて槙原先生のハンドシェイカーであり、またコヨリの両親とも親交があった人でした。

 戦いのさなか、ジグラートの中で生まれたマユミとコヨリは、生まれながらのハンドシェイカー。
 人類の革新と喜ぶその父ですが、娘は幼い頃から常に他のハンドシェイカーに狙われることとなってしまいます。
 すっかり変わってしまったコヨリの父は、神に見えて娘を解放するといって消えてしまいます。

 死体が無いままコヨリの父母の葬儀が行われ、時を同じくしてマユミとコヨリは倒れてしまいます。
 仮死状態になった2人を見て、長岡は先生(コヨリの両親)の遺志を継ぐといってマユミを連れ去ってしまいます。
 その後、残されたコヨリを守る為に、槙原はコヨリを眠らせるのでした。

 時は現代に戻り、長岡とマユミと対峙するタヅナ、コヨリ、槙原先生。
 薬の力でマユミを支配する長岡は「マユミは俺を愛している」と一言。
 なお、この男はコダマをタヅナ達にけしかけてきた相手でもあったのです。

 「お前は勝てない」
 コダマよりも高い段階に至っていると豪語する長岡さん。
 それに対して、タヅナはコヨリと離れたくないと、彼と戦うことを決断します。

【考察等】
 先生の回想が出てきて、お話も終盤に向かっていくのかなと思います。
 今まで出てきた人たちがみんな男女ペアだっただけに、男性のみ、女性のみのハンドシェイカーもあることを知って少し新鮮な気がしました。

 回想ではコヨリさんのご両親も出てきますが、お父さんが少しずつおかしくなっていくところが見ていてつらかったです。
 ハンドシェイカーとは何かという問題、コヨリさんやマユミさんが倒れてしまった原因については、いまいちよくわからなかったりします。
 長岡さんは彼なりに何か考えがあるのでしょうが、薬でマユミさんを操っていると書くと、何かすごく恐ろしいように思えます。
 極め付けが「マユミは俺を愛している」と、ロリコン疑惑がもたれてしまいそうです。

 おそらく作中で最も神に近づいているのが長岡さんペアであり、これが最終決戦になるのでしょうか。
 彼らの着物姿は意外でしたが、お正月みたいでおめでたいかもしれません。
 次回のお話で、彼とも最終的に分かり合えるようになることを願いつつ、来週をまとうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム