【アニメ感想】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第48話「約束」

 鉄血のオルフェンズの48話を見て感想を書きます。
 今までいろいろやらかしてきたイオク様ですが、ずいぶんと成長したなと思います。
 とはいえ、彼の成長がもっと早かったのなら、名瀬さんやアミダ姐さんが死なない未来もあったのかと思うと複雑な心境です。

 これ以上の感想はネタバレになってしまうので最後に書こうと思います。
 とはいえ、これを読んでいただいている奇特な方は、きっと番組をご覧になっているとは思いますが。
 もし見逃しても公式で無料配信しているで、見た後にまた読んでいただけると幸いです。

【内容】
 圧倒的な兵力で鉄華団の基地を包囲するギャラルホルンの皆さん。
 ギャラルホルンの大義を示すとするラスタルは、イオクに自分が到着するまではそのままで待機するようにと命じます。
 一方でマクギリスは、この状況化にもかかわらず相手を全滅させればと強気の発言が目立ちます。

 周りは包囲され、情報からも遮断される鉄華団の皆さん。
 まさに八方塞の状態に、オルガは「逃げるだけだ」と一言。
 この包囲網の中、自分達が全滅したと見せかけることが出来ればと考えます。

 雪乃丞(おやっさん)によると、地下には厄災戦のときのトンネルが有るとのこと。
 オルガは、この戦いの目的は相手を殺すことではなく、自分達が生き残るのが目的だと語ります。

 生きる為に、団員にトンネルの復旧を急がせるオルガ。
 「少人数なら包囲網の突破も可能」と語るマクギリスは、自分が出撃して敵の注意を引きつけると言い出します。
 自分は鉄華団を利用して、ラスタルをおびき出すのだと語るマクギリスさん。
 一方、アトラはクーデリアらとともに脱出することに。

 三日月の銃を借り、クリュセへたどり着く為に移動を開始するオルガさん。
 そんなオルガに、三日月は「ちゃんと返してね」とフラグを立ててしまいます。

 ラスタルは自分達の正当性を確保する為に、相手に先に手を出させることが必要とイオクに命じていました。
 しかし、彼は部下たちにつないでもらった命を、今度は部下につなごうと自らマクギリスに特攻します。
 倒されたイオクを合図に、いっせいに攻撃を開始するギャラルホルン。
 単身で次々と敵を倒していくマクギリスは、群れるオオカミであった鉄華団とは相容れなかったと一言。

 マクギリスの奮戦もあって、クリュセにたどり着いたオルガたち。
 アドモス商会(クーデリアの会社)から地球の蒔苗に連絡を取ります。
 個人情報の改ざんについては可能であるとしながらも、地球に来てもらう必要があると蒔苗氏。
 彼の元には、かつて鉄華団に所属していたタカキの姿がありました。
 さらに、アジーからは積荷にまぎれてオルガたちを地球に移動させる準備があると一言。

 今までの良縁によって活路が開かれたオルガ達。
 自分達のやってきた道は間違いではなかったと確信します。
 しかし、そんな彼らを(おそらくラスタルの手先による)凶弾が襲います。

 全身血まみれになりながらも、立ち止まることのないオルガさん。
 最後に「立ち止まるんじゃねえぞ」と言い残し、力尽きてしまうのでした。

【考察等】 
 前回(の脱出できそう→完全包囲)もそうでしたが、希望を持たせては落としてくるお話でした。
 前々回のシノさんが亡くなったあと、オルガさんが皆で生き残るのだといった矢先だけに、この展開はあまりにも恐ろしいです。
 正直、すごく脱力感を感じて、何もする気が起きなかったりします。
 明日が平日でなかったのはある意味救いかもしれません。

 仲間の命も背負っている状況では、相手を倒すための戦いではなく、生き残る為の戦いもあると方針を転換するのはやむをえないと思います。
 基本的に一人のマクギリスさんが玉砕に近い展開になるのと、仲間がいる鉄華団が生きる為にがむしゃらになるのは対照的です。
 ふと、漢文の授業で習った「項羽と劉邦」のお話を思い出した人は、それほど多くないと思います。
 
 圧倒的な武力を持ちながらも、部下を生かすことを知らなかった項羽さんは結局は漢にとって変わられてしまいます。
 私にはマクギリスさんの姿が、四面楚歌の中で最後まで一人の武人として戦った項羽さんの姿と重なって見えてしまうのです。
 最終的に王どころか皇帝になった劉邦さんに対して、火星の王になれなかったオルガさんですが、団員を動かすそのカリスマ性は、劉邦さんに通じるところがあるのかもしれません。

 後半の、タカキさんやアジーさんが助けてくれるという展開はとてもよかったと思います。
 あと、イオク様も今までにないかっこよさでした。
 それだけに、最後のオルガさんの死亡があまりにも重たすぎるのですが。
 考えたくはないのですが、本気で全滅エンドもあるのではないかと思えてきます。

 テレビ放送になかった次回予告は、公式サイトで見ることが出来ます。
 なお、49話のタイトルは「マクギリス・ファリド」ということで、マッキーさんが亡くなることは確定事項に思えます。
 できることならば彼の過去をもう少し掘り下げてほしいのですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
寝る前に、オルフェンズの感想を書いてよろしいでしょうか。

前半でオルガさんが言ったセリフ、よかったと思います。
はっきり覚えていないのですが、要は仲間を守りたい、という意味の言葉でしたね。
せっかくの言葉、マクギリスさんに届かなかったのが残念です。

確かにイオク様も成長しましたね。
ただし、いささか無鉄砲な性格は変わらなかったようです。

クーデリアさん、今回もアトラさんを説得するなど素敵でしたね。
タカキさん、アジーさんも健在だったのはよかったです。

しかし、あのオルガさんまでが刺客に襲われ最期を迎える、という展開とは驚きです。
ここまで犠牲が込んだのですから、まさかの全滅などされてはたまったものではありませんね。

追伸
主要キャラの二人を項羽と劉邦に例えるのはおもしろいと思います。
恐ろしいまでに冷静沈着なラスタルさんは、曹操を思わせますね。
歴史ドラマなどに、よく「兵どもが夢のあと」という言葉がありますが。
オルフェンズではそういう結末を迎えてほしくないものです。


Re: No title

> こんばんは。
> 寝る前に、オルフェンズの感想を書いてよろしいでしょうか。
 おはようございます。
 いつもコメントありがとうございます。

> 前半でオルガさんが言ったセリフ、よかったと思います。
> はっきり覚えていないのですが、要は仲間を守りたい、という意味の言葉でしたね。
> せっかくの言葉、マクギリスさんに届かなかったのが残念です。
 仲間とともに歩くオルガさんと、一人きりで突っ走る彼とでは最終的に考えが合わなかったのかもしれません。
 逃げたとしても彼の野心をかなえてくれる展開にはならないでしょうし。

> 確かにイオク様も成長しましたね。
> ただし、いささか無鉄砲な性格は変わらなかったようです。
 自分が前に出るところは相変わらずだったと思います。
 彼の成長がもっと早かったら、展開が変わったのではないかと思うと複雑では有りますが。

> クーデリアさん、今回もアトラさんを説得するなど素敵でしたね。
> タカキさん、アジーさんも健在だったのはよかったです。
 懐かしい顔が出てきてすごくうれしかったです。
 これでうまくいくのではないかと思ったのですが、この後の展開が……

> しかし、あのオルガさんまでが刺客に襲われ最期を迎える、という展開とは驚きです。
> ここまで犠牲が込んだのですから、まさかの全滅などされてはたまったものではありませんね。
 あれだけ出血をされているのでもう亡くなったのではないかと思います。
 オルガさんを失った鉄華団が暴走する可能性すらあるのが恐いです。
 特に、二言目には「オルガ」と言っていた三日月さんがどうなるのか。

> 追伸
> 主要キャラの二人を項羽と劉邦に例えるのはおもしろいと思います。
> 恐ろしいまでに冷静沈着なラスタルさんは、曹操を思わせますね。
> 歴史ドラマなどに、よく「兵どもが夢のあと」という言葉がありますが。
> オルフェンズではそういう結末を迎えてほしくないものです。
 ラスタルさんについて、そういわれてみるとしっくりくるような気がします。
 私も、いやな予感はしつつも、全滅エンドだけは回避してほしいなと思います。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム