【アニメ感想】スクールガールストライカーズ 第11話「戦慄!大雪山に未確認生物を見た」

 スクストアニメの11話を見て感想を書きます。
 話数的には終盤にもかかわらず、本筋とはあまり関係ない話を入れてくるとは思いませんでした。
 ノリノリで雪山探検をする皆さんが楽しそうですし、二穂さんの意外な一面を見ることができて良かったのかもしれません。
 ところで、イエティと聞くと「少年アシベ」を思い出すのは私だけでしょうか。

【内容】
 お休みをもらったアルタイルトルテの皆さんは、とあるコネで雪山の温泉旅館へと向かいます。
 スキーを楽しむのかと思いきや、悠水たちの目的は「イエティ」の捜索でした。
 伊織、椿芽がスノーボードを楽しむ中、悠水、まな、サトカの3人は、イエティのものと思われる足跡を発見します。

 「(足跡がイエティである)可能性はある」
 温泉に入ってイエティの話をしていると、突然現れたビスケットシリウスの皆さん。
 実はこの旅館は、シリウスのリーダーの二穂が経営するものだったとか。
 彼女はイエティグッズを販売するためにも、悠水たちにイエティの捜索を依頼してゆきます。

 二穂のサービスに舌鼓を打った一同は、次の日5人で再び雪山へ。
 イエティと思われる人影は、遭難しかかった降神三姉妹でした。
 しかし、彼女らもまた、イエティらしい人影を見たとのこと。
 装備の整っていない三姉妹は置いていき、シリウス、トルテの10人で洞窟へと向かうことに。

 洞窟の先で見たイエティは、ステラプリズムと同じような組成を持つ水晶によって現実世界にやってきたオブリでした。
 トルテの5人がオブリを倒し、また装備の整っていなかった二穂は三姉妹に助けられます。
 しかし、一方で三姉妹はモルガナによって拉致されてしまうのでした。

【考察等】
 終盤なのに本筋とあまり関係ないお話を入れてくることに驚きを隠せません。
 最近シリアスなお話が続いただけに、たまにはこういうゆるい雰囲気の話があると、それはそれで清涼剤になるのかもしれませんが。
 ノリノリの悠水さんが見ていて面白く、また二穂さんの意外な一面も知ることができて良かったです。

 結局はイエティはオブリだったということで戦闘して終了でした。
 その中で、イエティグッズを売れなくなったことと三姉妹がモルガナさんに拉致されてしまったことが気がかりなところです。

 次回は、二穂さんが助けられた借りを返す意味でも三姉妹を助け出すのでしょうか。
 的の目的もよくわからないこの調子だと12話、13話で終わらないような気もしてきたのですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム