【アニメ感想】南鎌倉高校女子自転車部 第11話「自転車って、ふしぎ」

 南鎌倉高校の11話を見て感想を書きます。
 生徒たちだけで先に進むことになりますが、最終的にきちんとうまくいったようなのでよかったと思います。
 前回のパーツを分けてくれた人たちといい、今回の途中で出てきた実業団の人といい、いい人が多くて心が癒されるような気がします。
 現実の世界でもいい人が一杯いれば、素敵な世の中になるのですが……

【内容】
 四季先生と離れ、生徒たちだけで先に進むことになった自転車部の皆さん。
 そんな彼女たちを颯爽と追い抜いていった3人の女性を見て、サンディは本気になります。
 サンディとひろみが相手を追いかけていく一方で、巴たちは置いてけぼりを食らうのでした。

 一向に前に追いつけないひろみは、どこまで早く走れるか試してみたいと全力に。
 その不安定さを見かねた相手が戻って来て、常に地面の状況を見ること、あるいは坂道では立ちこぎと通常を使い分けることなど、詳細なアドバイスをしてくれることに。
 なお、巴たちは道を外れながらも渡し船にのって追いついてきます。

 親切なアドバイスをくれた人たちはレースの実況をしていた人であり、実業団の選手とのこと。
 朝殆ど何も食べていないひろみはハンガーノック(要はエネルギー切れ)倒れ掛かりますが、糖分の補給によって回復します。
 実業団のかっこいい(自転車乗りとしての)先輩方に憧れを抱くひろみさん。

 食事をした後、目的地へと向かう自転車部の皆さん。
 途中で道を間違えたり、タイヤがパンクしたりしながらも、なんとか先に進みます。
 いろいろなふしぎを感じて、ますます自転車が好きになったひろみさん。

 先生との合流を果たした一同。
 しかしつかれきったのか、帰りの電車では眠ってしまいます。

【考察等】
 自転車のいろいろなことを知ることができて、とても参考になりました。
 クマさんのコスプレのままロードと互角だったサンディさんですが、それでも経験を積んだ実業団にはさすがにかなわなかったようです。
 その実業団の人ですが、ほぼ初対面の相手に丁寧にアドバイスをしてくれるいい人でよかったと思います。
 自転車乗りは皆仲間、のような考え方なのでしょうか。

 道に迷ったり、パンクしたり、あるいは坂道で疲れたりといろいろ大変そうですが、最終的にうまくいってよかったかと。
 自転車の楽しさを知ることができたことが、ひろみさんたちの大きな財産になると思います。

 おそらく次回、次々回あたりが最終回なのだと思います。
 自転車部を認めてもらうための「成果」は果たして出せるのかどうかが気になるところ。
 とはいえ、他の部もそれほどの成果を出していないのではないかと思ってしまう今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム