【アニメ感想】ハンドシェイカー 第10話「Kitten Kitchen」

 ハンドシェイカーの10話を見て感想を書きます。
 今までの登場人物の顔見せという感じのお話でした。
 タヅナさんとコヨリさんのういういしい関係も好きですが、千鶴さんと颯さん、会長さんと勝さんの関係も、仲がよくてほほえましいなと思います。
 かつて戦ったはずの相手と、何のわだかまりも無くここまで打ち解けるのがすごいなの一言です。

【内容】
 コヨリの変化に驚きを見せる槙原先生にドン引きするタヅナとコヨリ。
 そんな彼らは、千鶴の誘いでレストランでバイトをすることとなりました。
 タヅナとコヨリは、2人でしか働けないにもかかわらず、見事なコンビネーションで作業をこなして生きます。

 千鶴がどうして2人でしか働けない自分達を誘ったのかと疑問に思うタヅナさん。
 何でも千鶴は、学園祭でのタヅナとコヨリの動きを見ていたとのこと。
 颯は、さらに「バイトは、いつかコヨリの手が離れたときにも役に立つかもしれない」と一言。

 千鶴と颯の夫婦漫才(?)の後、休憩がてら、来店したリリ会長と勝と出会います。
 淡々と姉をよろしくと語る勝に対して、カードゲームの話になると会長は「弟はデッドエンドエンペラー」と大声で叫びます。

 バイトは終了し、千鶴は「デートしてきたら?」と一言。
 繁華街にやってきた2人は、コダマがライブをしているのが目に留まります。
 コダマの歌に何かを感じた2人は、ヒビキから、ライブの誘いを受けることに。

 槙原先生と合流した2人ですが、先生をスルーして買い物に向かうことに。
 しかし、彼らの前に、槙原先生の知人の男性が、コヨリと似た少女を伴ってやってきます。
 そして、この男が語る「真実」とは一体何なのでしょうか。

【考察等】
 基本的には登場人物のおさらいといった感じでした。
 それぞれのハンドシェイカーの絡みは、この殺伐とした世の中においては、ある種の癒しなのかもしれません。

 千鶴さんと颯さん、会長さんと勝さん、コダマさんとヒビキさん、それぞれの関係性がほほえましいですし、負けた後も、普通にわだかまり無く接しているところもいいなと思います。
 なお、1話で早々に退場した鎖の人については、タヅナさんとの絡みこそないものの、学園祭のとき2人で仲良く歩いていたという話らしく、彼らは彼らで仲良くやっているのかもしれません。

 おおむね登場人物のおさらいと思っていたら、最後の最後に先生の知人が登場してお話が動き始めます。
 彼の語る「真実」とは、そして槙原先生と彼の間に何があったのでしょうか。
 次回の行方が、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム