【アニメ感想】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第47話「生け贄」

 鉄血のオルフェンズの47話を見て感想を書きます。
 前回から絶体絶命のピンチが続く鉄華団に、心が締め付けられるような感じがします。
 全滅エンドが現実味を帯びてくるような気もしますが、それでも未来を信じて戦う、底力を見せてほしいと思います。
 私も微力ながら、最後まで見届ける所存です。

【内容】
 アリアンロッドに事実上の敗北を喫し、火星に逃れたマクギリスを受け入れないとする火星支部長。
 ラスタルの策によって、マクギリスがファリド家の実子ですらないことが暴露され、彼は立場を失ってしまいます。
 それでも、今までの恩と(万が一彼らが勝ったときの)目算で、火星支部長はマクギリス、鉄華団を放任することに。
 しかし、鉄華団は物資を使いきり、ジリ貧の状態でした。

 マクギリスは戦いを続けるべきと主張しますが、オルガは何が「本当の敵」かわからなくなったと一言。
 鉄華団の一部には、マクギリスを裏切り、彼とバエルをラスタルに引き渡すという意見が出ますが、オルガはそれを拒否。
 とはいえ、関係の清算も考えると含みを持たせます。

 火星に戻った鉄華団の一同ですが、テレビでは彼らは犯罪者として扱われていました。
 それは彼ら自身に留まらず、ビスケットの妹が通っている学校においても、彼らに対する誹謗中傷がやみません。
 さらに、銀行口座は凍結され、融資も悉く断られてしまいます。

 ラスタルの用意周到な作戦に感嘆するイオク様。
 彼もまた、自分の役割を与えてほしいと嘆願します。

 アトラの元にやってきたクーデリアさん。
 彼女が世話をしたという花を見て「綺麗だ」と三日月。
 しかし、鉄華団だけでなく、彼らと交流のあるアドモス商会(クーデリアの会社)への融資もストップしてしまいます。
 それでも彼らとの交流を続けるとするクーデリアに対して、オルガは「手を切ったほうがいい」と一言。

 団員達を集めたオルガは、辞めたいものはいるかと問います。
 ザックは大声で文句をいい辞めたものの、団員達は殆どがオルガを慕って残ることに。
 そんな中、オルガは「親父」ことマクマードを通じて、アリアンロッドを率いるラスタルへ連絡を取ります。

 野菜を育てるのがうまいクーデリアに、「子どもを育ててくれ」と爆弾発言をする三日月さん。
 そんな彼に、抱きしめてほしいとクーデリア。
 それを見たアトラは「一緒に(子どもを)作りましょう!」と続きます。

 受話器の先にいるラスタルに交渉を始めるオルガさん。
 鉄華団の解散と、マクギリス及びバエルの引渡しを条件とするオルガに対して、ラスタルは、ギャラルホルンの権威を回復する為には鉄華団という「生け贄」が必要だと一言。
 ラスタルは「団長が死んでも、組織としての団の罪は消えない」と徹底抗戦の構えを見せます。

 交渉が決裂したオルガの前に、ユージンと昭弘が現れます。
 彼らの居場所を作ったのはオルガだと告げたうえで、家族に黙って決めるなと一言。

 いっそ別人になれればという一言から、地球のアーヴラウで情報を書き換えることが出来ないかと考えるクーデリア。
 また、一部では有りますが、別の口座が残っていた模様です。
 しかし、地球へ向けて出発しようとしたその時、ギャラルホルンの一団が鉄華団を包囲していたのです。

【考察等】
 タイトルから誰かが死ぬ展開かと思っていましたが、とりあえず死者がでなかったのは良かったと思います。
 それでも、厳しい状況には変わりはないのですが。

 ホームグラウンドの火星に逃れた鉄華団の皆さんですが、まだまだ厳しい状況が続きます。
 軍事的にもまけた上で、さらに経済的にも追い込んでくるラスタルさんの徹底したやり方がすごいです。
 そんな中、まだ戦う気でいるマクギリスさんに疑問を呈するとともに、弱気になるオルガさんも仕方ないのだと思います。
 
 全体的につらいお話が続く中、三日月さんやクーデリアさん、アトラさんとの絡みが癒しなのかもしれません。
 三日月さんが花を愛でるところは、彼の変化を表しているのではないかと思います。
 その後の、子どもを作ろうの一幕については、ほほえましいものの、夕方の放送で、親子で見ていたとしたら、お茶の間がすごいことになりそうです。
 また、クーデリアさんに「子どもを作ろう」というアトラさんですが、タービンズの例にもあるように、一夫多妻は許容範囲というのもすごいなと思います。

 自分の首を指しだすことで戦いを終わらせようとするオルガさんですが、徹底的に戦うつもりのラスタルさん。
 物量の差もあって勝てないと判断した一同は、最後は逃げる算段をするというのは中々この手のアニメでは少ないことだと思いますが、全滅エンドよりはましなのだと思います。
 しかし、それすらも読まれていたかのように、包囲網が敷かれてしまいます。

 公式サイトによると次回のタイトルは「約束」とのこと。
 この包囲網を突破し、残された全員を安全なところに連れて行くことが出来るのでしょうか。
 不安なのは事実ですが、最後まで見守っていきたいと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

視聴と、ブログ執筆おつかれさまでした。
私も、昨日オルフェンズ最新話を見ることができました。

ラスタルさんのやり方、組織を運営する上では間違っていないのでしょう。
ただし、鉄華団サイドの皆さんにとっては余りにも残酷です。

ザックさんですが、彼は決して弱虫ではないし発言も正論だったと思います。
みんなで辛い過去を清算して幸せに暮らせれば一番良いのですが、難しそうですね。

オルガ団長とユージンさんが好対照なのは、いつも興味を引かれます。
どちらかというと団長さんに共感することが多い私ですが、ユージンさんや昭弘さん、他の団員からの励ましがあってこその、彼だと思います。

鉄華団が無くなってしまうのか、はたまた全滅なのか、心配ですね。

余談ですが。
ビスケットさんの妹たちの学校であのような事が起きることは、戦争の悲しい弊害だと思います。


Re: No title

 こんばんはです。
 いつもお話ありがとうございます。

> 視聴と、ブログ執筆おつかれさまでした。
> 私も、昨日オルフェンズ最新話を見ることができました。
 最新話視聴お疲れさまです。
 毎回つらい展開が続いて、少しめいってしまいそうですが。

> ラスタルさんのやり方、組織を運営する上では間違っていないのでしょう。
> ただし、鉄華団サイドの皆さんにとっては余りにも残酷です。
 敵は徹底的に叩く、彼のやり方はある意味見事だと思います。
 それだけ彼が鉄華団にある種の脅威を感じているのかもしれません。

> ザックさんですが、彼は決して弱虫ではないし発言も正論だったと思います。
> みんなで辛い過去を清算して幸せに暮らせれば一番良いのですが、難しそうですね。
 まさにおっしゃるとおりかと。
 周りが戦うムードだから彼が悪者に見えますが、ある意味視聴者の代弁をしているように思えます。

> オルガ団長とユージンさんが好対照なのは、いつも興味を引かれます。
> どちらかというと団長さんに共感することが多い私ですが、ユージンさんや昭弘さん、他の団員からの励ましがあってこその、彼だと思います。
 いつも押せ押せのオルガさんですが、追い込まれるとどうしても迷いがでるのではないかと。
 それを周りが支えている、押しているといえるような気がします。

> 鉄華団が無くなってしまうのか、はたまた全滅なのか、心配ですね。
 組織がなくなっても人が残っているのならまだいいのかもしれません。
 最悪の結末もありえるのではないかと思うと、毎回見るのがつらくなりそうです。


> 余談ですが。
> ビスケットさんの妹たちの学校であのような事が起きることは、戦争の悲しい弊害だと思います。
 それでも、言い返さなかった妹さんたちを褒めてあげたいです。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム