【アニメ感想】クズの本懐 第9話「beautiful swimmer」

 クズの本懐の9話を見て感想を書きます。
 ただひたすらに、えっちゃんの積極さを感じるお話でした。
 関係を終えるといいながらもキスをしているところに、このままずるずると続いてしまいそうなのは私だけでしょうか。
 あと、茜先生のことはそろそろ教育委員会に投書してもいいと思います。

【内容】
 夏休みも宿題も、そして失恋も終えた花火さん。
 前に進もうとするも、結局麦はやってきませんでした。

 えっちゃんの誘いで軽井沢にやってきた花火は、強引なえっちゃんにリードされていきます。
 (親戚の)別荘で二人きりになるはずが、そこには従兄のアツヤがいて、複雑な三角関係が展開されます。
 従兄に声を荒げるえっちゃんですが、相変わらず2人になるとスキンシップが熱いです。

 次の日、えっちゃんの手帳から以前渡した飴の紙が出てきて、その思いの重さを知る花火さん。
 アツヤはえっちゃんの気持ちを察して花火に「気持ちだけ決めて」「代わりにしていい人じゃない」と一言。
 それでも買い物の帰りにキスをしたりと自重しませんでしたが。

 アツヤが風邪を引き、再び2人になった花火とえっちゃん。
 お兄ちゃんとのことで泣き出した花火をそっと抱きしめ、「今までごめん」と一言。

 友達でいてほしいという花火に、声を荒げるえっちゃん。
 これから彼女のことを知りたい、いつまでも待っていると花火さん。
 そして、2人はキスをして終了します。

 二学期になり、無意識的に一人になった寂しさを感じる花火。
 同じく失恋したモカは、自分の方がまっすぐ麦を思っていたとのこと。
 彼女の姿を見て、花火は一人で歩き出そうと決意するのでした。

 一方、麦は茜先生の「家庭訪問」を受けていたのでした。

【考察等】
 先生に思いを告げ、そのまま麦さんが来ればよかったのですが、優柔不断な彼は来ませんでした。
 女が皆茜先生みたいで、男が皆麦さんみたいということはないのでしょうが、このアニメを見ていると、なにかもやもやする者を感じるのは私だけではないかもしれません。

 相変わらず積極的なえっちゃんはすごいなと思っていましたが、内心は花火さんを諦めるとのこと。
 友達という関係では満足できなかったからか、強い思いを思わせるその怒り方はすさまじいなと思います。
 それでもキスをしているところを見ると、このままずるずるいってしまうのかもしれませんが。
 余談ですが、えっちゃんの怒った声で、「リライフ」の狩生さんを思い出したのは私だけでしょうか。

 思いを整理して、一人で歩き出そうとする花火さんは切ない感じがします。
 一方で、麦さんや茜先生はいろんな意味で自重していませんでしたが。
 このまま、彼らのただならぬ関係が続くのか、それともどんでん返しがあるのか、最後まで目が離せません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム