【アニメ感想】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話「誰が為」

 鉄血のオルフェンズをリアルタイムで見たので感想を書きます。
 前回のショックも覚めやらぬまま、後退を余儀なくされてしまった鉄華団の皆さん。
 余りの犠牲の大きさに1期の終盤(ビスケットさん死亡、モビルワーカー特攻等)を思い出しますが、あの時と違うのは結果が伴っていないという事実でしょうか。
 多くの犠牲を払いながら、何とか生き残った残りメンバーですが、果たしてこの状況下から逆転する可能性はあるのでしょうか。
 散っていった家族達のためにも、最悪の結末にならないことを祈るばかりです。

【内容】
 アリアンロッドを率いるラスタルとの最終決戦に臨む鉄華団の皆さん。
 しかし、圧倒的な物量のうえ、ラスタルの巧みな采配は鉄華団や革命軍をほんろうします。
 敵将の首を狙ったシノの決死の一撃は潰え、彼は集中砲火の中その命を散らすのでした。

 ラスタル直々の命で三日月を執拗に狙うジュリエッタですが、三日月の「悪魔」とも言える力に前に敗れ去ります。
 爆発するホタルビの中、鉄華団、革命軍は一時戦線を離脱することに。

 ガエリオと戦っていたマクギリスは、アルミリア(ガエリオの妹)から受けた傷が原因で全力を出せず、ピンチに陥ります。
 副官の石動がその命を捨てて彼を守り、マクギリスは撤退することに。
 何の後ろ盾も持たない自分にとってはマクギリスの理想は希望だったと語る石動に対して、ガエリオはマクギリスの理想は「まやかし」だと一蹴します。

 ガエリオは偶然見つけたジュリエッタを回収し、ラスタルの元へと戻ることに。
 鉄華団や革命軍が後退したという事実を知っても、ラスタルは顔色ひとつ変えることは有りませんでした。
 一方、戦線を離脱した鉄華団の空気は敗戦色が濃いものとなっていたのです。
 そんな中、「生き残ってくれてありがとな」と語りかける昭弘さんが光ります。

 オルガは副団長のユージンとともに、マクギリスと合流し今後の予定を話し合うことに。
 火星支部の艦隊と合流してまだ戦おうとするマクギリスは、火星で力をしめることは鉄華団にとっても意味があることだと語ります。
 いつもの勢いの無いオルガに対してマクギリスは、我々は立ち止まることはできない、そして散っていった者たちのためにも戦わないといけないとか足ります。
 
 一命を取り留めたジュリエッタは、見舞いに来たガエリオと会話します。
 バルバトスの力を悪魔の力だとした上で、彼女は「人として」私のままで強くなりますと一言。
 その言葉を聞いたガエリオに笑みがこぼれます。

 死んでいった家族たちのなきがらを見て、顔向けが出来ないと弱気になるオルガさん。
 ヤマギは弱気な姿勢を見せるオルガに喝をいれるのでした。
 生前のシノを思い出し、自らも鉄華団を守りたいと語るヤマギさん。

 家族に楽をさせるためにと今まで仲間と戦ってきたオルガですが、その言葉は嘘になってしまったと一言。
 それに対して、三日月は邪魔な敵をすべて倒せなかった自分がオルガに嘘をつかせてしまったと語ります。
 その言葉を受けたオルガは、今まで自分の言葉を信じて戦ってきた仲間の意思を思い出し、再び闘志を取り戻すのでした。

 火星の艦隊と合流するはずのマクギリスに反旗を翻す支部長の男。
 彼が言うには、マクギリスはギャラルホルンのすべての権限を剥奪されたとのこと。
 まさに「四面楚歌」の状況下、彼らがどのように反撃に転じるのか、私、気になります!

【考察等】
 前回のシノさんの死、そして多くの犠牲を払いながらも相手を倒すことが出来ないという絶望的な状況が続きます。
 敵の物量の多さ、ラスタルさんの采配が見事だったこと、あるいはジュリエッタさんの奮戦も大きかったと思います。
 同じく大きな犠牲を出した1期終盤の特攻のときよりも、もしかしたら絶望的な状況なのかもしれません。

 マクギリスさんをかばって倒れていった石動さんについて。
 彼のように、自分の出自ゆえに先が閉ざされた人にとっては、マクギリスさんの生まれに関わらず競い合えるという理想に共感する人は多いのだろうと思います。
 現代社会においても家庭の事情で進学できない人というのも存在し、特定の業界を見れば二世三世があふれる現状を見るに、マクギリスさんの理想はある程度人の心を捉えるのではないかと思われます。

 マクギリスさんの理想を「まやかし」と切って捨てるガエリオさんについて。
 恵まれた境遇ながらも、彼が成長できたのはまったく生まれも育ちも違ったアインさんとの出会いだったような気がします。
 それは2期のジュリエッタさんとの絡みにも現れていて、立場を超えて「人として」接することを覚えたのかもしれません。
 立場の違うガエリオさんやカルタさんを否定し、同じような境遇の鉄華団に惹かれていったマクギリスさんとは対照的です。

 ジュリエッタさんといえば、強さを求める余り阿頼耶識に手を出すのではないかと心配していましたが、今回のお話を見る限りそれはなくなったようです。
 人として強くなると決意したジュリエッタさんと、それを見つめるガエリオさんの組み合わせが良かったと思います。

 1期終盤以上の絶望的な状況に意気消沈するオルガさん。
 それに対して戦いをやめようとしないマクギリスさんはある意味「正論」なのだと思いますが、どこか機械的といいますか、冷たい感じがするのはわたしだけでしょうか。
 また、昭弘さんの元ヒューマンデブリの少年への「ありがとな」の一言は、癒しなのかもしれません。

 三日月さんとの会話の中で迷いを振り切ったオルガさんは次回もさらなる戦いへと身を投じます。
 44話以降次回予告はテレビでは放映されなくなって久しいですが、公式サイトによると次回のタイトルは「生け贄」とのこと。
 願わくば、これ以上犠牲が出ないことを望みますが、タイトルから絶望的な予感しかしないのです。
 今後は涙を拭くためのバスタオルが必要になるのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム