【アニメ感想】アイドル事変 第8話「MISSしてロンリネス」

 アイドル事変の8話を見て感想を書きます。
 今までの快進撃に対して、いよいよ楼凱党があの手この手で反撃を開始してきます。
 マスコミを使いアイドル議員を陥れるその手法は、一方でそれだけ相手が追い詰められた証左かもしれません。
 彼らに対して、アイドル議員がどのように立ち向かっていくのでしょうか。

【内容】
 アイドルとして、そして議員として活躍するアイドル議員は徐々に国民の心を掴んでいきます。
 一方、アイドル議員によって相次ぐ離党者を出してきた楼凱党の小泉(仮)は、彼女達に対して反撃に出ることに。

 夏月、静にテレビ出演の依頼が来て、コメンテーターとして出演することに。
 テレビと聞いて喜ぶ夏月に対して、静はテレビ局が楼凱党寄りの保守系であることを告げるとともに、舌禍を防ぐ為に発言には注意せよと釘を刺します。
 司会者の質問に淡々と答える静に対して、夏月は「皆を笑顔に」とぶれません。
 しかし、「アイドル議員の功罪」というVTRを見せられて過去の活動を否定され、さらに保守系のコメンテイターの非難に晒されてしまいます。

 自分のやってきたことを否定された夏月さん。
 さらには、地元新潟のスタジアム建設も中止になったと知らせが入ります。
 苦境に立つアイドル議員の真価が問われると娘を激励する静の父ですが、こんどは静の「不倫疑惑」として週刊誌で報道されてしまいます。

 すっかり自信を失った夏月に対して、バッジには自分たちを選んだ国民の思いが詰まっていると静さん。
 同じく楼凱党による中傷を受けたほかの議員とともに、アイドルにしか出来ない戦い方、つまりライブで国民の信頼を取り戻すことを目指します。
 しかし、彼女達の前に現れた4人の女性は、一体何者なのでしょうか?

【考察等】
 いよいよ楼凱党が本気でアイドル議員をつぶしにかかり、お話も終盤に差し掛かったのかなと思えます。
 その手法がマスコミ、週刊誌というところが、すごくリアルだなと思います。
 報道がどこまで本当なのかというのは中々わからないことだけに恐ろしいです。

 主人公の心が折れそうになったところで、仲間と力を合わせて苦境を乗り切るという展開はよかったです。
 いつもどおりならやってきたマスコミもろとも洗脳して終わりなのでしょうが、楼凱党の差し向けた4人の女性が立ちはだかります。
 果たして彼女たちの正体は何なのか、そして、彼女もろとも洗脳してしまうのかどうか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム