【アニメ感想】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第45話「これが最後なら」

 リアルタイムで鉄血のオルフェンズ45話を見て感想を書きます。
 ラスボスともいえるアリアンロッド艦隊を前に、ガンダム3機を擁する鉄華団の皆さんも苦戦を強いられてしまいます。
 その中でも気になるのは、ラスタルさんへの忠誠心や使命感によって大いに補正のかかったジュリエッタさんの奮戦でしょうか。
 バエルを含めてガンダムが4機いながらも、相手の物量、そして作戦の前には絶望すら覚えてきます。
 最終的にハッピーエンドになってほしいと思いますが、現実的には難しいかもしれません。

【内容】
 マクギリス率いる革命軍と共闘し、ラスタル率いるアリアンロッド艦隊との最終決戦に臨む鉄華団の皆さん。
 物量で勝るラスタルは、革命軍の戦力を分断するとともに、ジュリエッタの部隊を鉄華団へと差し向けます。

 「これで最後だ」と吠えるオルガの前に立ちはだかるジュリエッタ達。
 三日月のバルバトスが彼女斗戦いますが、他ならぬラスタルじきじきの依頼を受けたジュリエッタは意地で三日月を離しません。

 革命軍の中に忍ばせておいた間者に、禁止兵器の「ダインスレイブ」を使わせたラスタルさん。
 待ってましたといわんばかりにダインスレイブ部隊が革命軍、鉄華団に一斉攻撃を仕掛けます。
 結果、革命軍は半壊、鉄華団もまた輸送艦のホタルビが破壊され、フラウロスもまた中破してしまいます。

 イオクに対して、自分があえて地球外延軌道艦隊を攻撃しない理由を延べるラスタル。
 本来意図的に敵対しているわけでもない彼らは、マクギリスや革命軍、鉄華団を倒せば再び従順にもどると判断してのこと。
 上司の先のことを見据えた闘いに感激を覚えるイオク様。

 ホタルビの人員を収容したものの圧倒的な戦力差の前に弱気になるオルガさん。
 団員達はこのまま艦隊に突撃し、敵将の首を上げることを主張します。
 負傷したシノもまた「スーパーギャラクシーキャノン」をぶちかますとヤマギに語ります。

 マクギリスはバエルに乗って自ら出撃し、ギャラルホルンの魂はここにあると革命軍の士気を高めることに。
 偽装を解いた「キマリスヴィダール」に搭乗したガエリオが攻撃を仕掛けますが、副官の石動が立ちはだかります。
 石動は、マクギリスの理想の礎となる覚悟で臨みますが、ガンダムフレームの前には歯が立ちません。
 しかし、「死なれては困る」と戻ってきたマクギリスによって彼は一命を取り留めます。

 ホタルビを先行させて艦隊に突撃をかける鉄華団。
 迎撃にあたるジュリエッタは三日月や昭弘らが止め、ホタルビを艦隊に特攻させて離脱し、その中に潜んでいたフラウロス。
 シノは「スーパーギャラクシーキャノン」でラスタル本人を直接狙いますが、ジュリエッタの攻撃によりわずかに外してしまいます。
 一撃を外したシノはやりきれない思いとともに特攻し、その命を落としてしまうのでした。

【考察等】
 これぞ大人の意地といわんばかりの「年長者」であるラスタルさんの巧妙な作戦が、「若者」である鉄華団や革命軍を追い込んでいくのが印象的でした。
 対するオルガさん達はガンダム4機を有しているものの、やはり戦いは本質的には数によるものなのかもしれません。
 そのうえ、直接ラスタルさんの命令を受けたジュリエッタさんの奮戦も大きいかと。

 間者にダインスレイブを使わせ、その後で反撃に出るやり方は敵ながら見事だったと思います。
 フラウロスはかなりのダメージを受け、それでも生きていたのは良かったといいたかったのですが、ラストの展開を考えると複雑な心境になります。
 タイトルそのものが死亡フラグだったので、ある程度覚悟はしていたのですが、実際に人が亡くなるとどうしても涙を流さずにはいられません。

 最近テレビで放送しない予告は公式サイトによると「誰が為」でした。
 各陣営それぞれの戦う理由の強さ、あるいは意思の力が土壇場の所で踏みとどまる力を発揮するのかもしれません。
 起死回生の反撃を封じられた鉄華団が残りの戦力でどう戦うのか、そして、マクギリスさんとガエリオさんの因縁の対決の行方が、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
私も、今回のオルフェンズはつらいお話だったと思います。

名瀬さんも、シノさんも守るべき人がいながら亡くなってしまいましたね。

半面、先の先まで展開を読む、ラスタルさんの采配が光る回でした。
彼のやり方が正しいのかどうかはとりあえず置いておきます。
イオク様も、上司の作戦に対して、尊敬というよりは怖れさえ抱いていたようですし。

オルフェンズについては、まだまだ煮詰まっていない問題もあるかと。
しかし、時期的に見てもそろそろ最終回です。
このお話は、果たしてどんな結末を迎えるのでしょうか。

追伸 今日はビスケットの日でした。
ありし日の彼の姿、ちょっと懐かしいですね

Re: No title

> こんばんは。
> 私も、今回のオルフェンズはつらいお話だったと思います。
>
> 名瀬さんも、シノさんも守るべき人がいながら亡くなってしまいましたね。
>
> 半面、先の先まで展開を読む、ラスタルさんの采配が光る回でした。
> 彼のやり方が正しいのかどうかはとりあえず置いておきます。
> イオク様も、上司の作戦に対して、尊敬というよりは怖れさえ抱いていたようですし。
>
> オルフェンズについては、まだまだ煮詰まっていない問題もあるかと。
> しかし、時期的に見てもそろそろ最終回です。
> このお話は、果たしてどんな結末を迎えるのでしょうか。
>
> 追伸 今日はビスケットの日でした。
> ありし日の彼の姿、ちょっと懐かしいですね

 こんばんはです。
 これ以上犠牲が出ないことを祈った矢先のこの展開はつらかったです。
 シノさんがこんな最後を迎えるとは全く想像してませんでした。

 ラスタルさんの采配については見事だったと思います。
 若い鉄華団や革命軍よりも、年長者の経験が勝ったのかもしれません。
 イオク様は最近はやけに大人しいのですが、彼も少しずつ変わってきたのでしょうか。

 オルフェンズ、最悪全滅もあるのではないかと一部では言われているようです。
 最後は笑顔で終わることは出来ないような気がしますが、犠牲が少なくなることを願ってやみません。

 ビスケットさんのお話が出ましたが、もし彼が生きていたら、オルガさんの行動も少しは変わっていたのではないかなと思います。
 それだけに、彼の存在の大きさを感じずにはいられません。
 
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム