【アニメ感想】BanG Dream! 第6話「作っちゃった!」

 気づけばお昼になりましたが、一応バンドリの6話を見て感想を書きます。
 最近調子がよくない身としては、いつもテンションの高い香澄さんがうらやましく思える今日この頃です。
 文化祭もバンドも一生懸命にやっているところは好感が持てますが、一方で練習の風景があまり出ていないような気がします。
 まあ、私達視聴者の見ていないところで練習しているのかもしれませんが。

【内容】
 かつてバンド活動をやっていた紗綾は、そのことを思い出つつも家の手伝いに精を出します。
 文化祭実行委員となった香澄は、副委員に常識人の紗綾を指名し、相変わらず人を巻き込むのが上手です。

 お昼時間に急に曲をひきだしたおたえに触発された香澄は、新しい曲を作ろうとやる気になります。
 文化祭の資料を作ろうにもまったくダメダメな香澄に対して、紗綾はいつも世話している弟や妹を重ね、出来ない子ほど可愛いと付き合うことに。
 一日店長を名乗りますます調子を上げる香澄の「香澄語」を翻訳したり、はたまた文化祭の模擬店のために実家を巻き込んだりと色々と苦労を重ねます。

 口では香澄に突っ込みを入れつつもバンド名を考えていた有咲さん。
 紗綾に話しかけられるも、中々会話が続きません。
 そんな中、ポッピンPなる表記に興味を引かれる紗綾。

 紗綾の家でパン作りの勉強をする香澄たち。
 その後、当然のように人の家で夕食をご馳走になり、お風呂にも入ります。
 作曲に苦戦する中で、そのまままっすぐな気持ちを歌にしてはどうかとアドバイスを受けます。
 そんな紗綾と一緒に歌いたいと返す香澄に、紗綾は「いつかね」と一言。

 有咲の命名によりバンド名がポッピンパーティーに決定し、ライブのチラシを貼ることに。
 気がついたら紗綾もメンバーに入れられていました。

 かつてのバンド仲間と再会した紗綾は、再びバンドをやるのかと聞かれ、きっぱりと否定します。
 辺りには不穏な空気が流れるのでした。

【考察等】
 香澄さんみたいにまっすぐ、自分のやりたいことをやっていければと思う今日この頃です。
 現実に彼女のような行動を取ったら、周りが受け入れてくれるのかといわれると厳しいかもしれませんが。

 ライブだけでも大変そうなのに、さらに文化祭まであって大忙しの香澄さんです。
 普段はぶっとんだ印象が強い主人公ですが、あれだけのことを同時にやっているのは、もしかしたら彼女はすごい有能な人なのかもしれません。
 練習風景があまり出てこないのが気になりますが、きっと画面に出てこないだけで他に練習しているのではないかと考えるのが自然だと思われます。

 バンド名が決まり、いつの間にかメンバーに入れられてしまった紗綾さん。
 冒頭の回想との関連で、元メンバーとの気まずそうな関係が気にかかります。
 次回には、もう少し詳しい内容がわかるのかもしれませんが。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム