【アニメ感想】AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION- 第8話「秋葉原大武闘会」

 アキバズトリップの8話を見て感想を書きます。
 相変わらずのノリのよさ、時事ネタを余すところ無くつぎ込んでくるところがすごいなと思います。
 最初が中国拳法かと思ったら、後半ではプロレス対決になったのは驚きです。
 格闘技はあまりわからないのですが、その流れを楽しむことが出来たような気がします。
 あと、転売屋さんは絶滅してほしいところです。

【内容】
 タモツの実家からお米が届いたが炊飯器が無かったので買いに行くことに。
 その途中で、無数のダンボールを乗せた拳法家らしき男性を見かけますが、彼は有紗の師匠なのだとか。
 彼女は大学卒業(!)以降、各地を旅していて、その際に中国で彼とであったようです。

 電気屋さんにやってきたタモツですが、炊飯器は爆買いにより売り切れでした。
 それを買っていたのは師匠であり、彼を操るプロモーターのリサは転売によりアキバを征服しようとしているのでした。
 圧倒的な師匠の実力に押されるタモツたちですが、店員さんに怒られて敵ともども店を出ることに。

 2人の決着の舞台として、「秋葉原大武闘会」が開催されることとなりました。
 武闘といいつつも、ここからはプロレスの試合になってしまい、家族を人質に取られた師匠は、ノリノリで凶器を使ってきます。
 有紗は反撃に出ますが、今度はにわかやまとめが人質に取られてしまい、ますますピンチになってしまいます。

 タモツが仲間を助け、有紗が反撃をし、相討ちに。
 立ち上がった師匠は(敵のビンタによって)正気を取り戻し彼女を倒してしまいます。
 師弟対決は有紗が制し、さらにまだ生きていた敵(転売屋)はタモツと有紗のダブルアタックによって倒されるのでした。

【考察等】
 炊飯器を買いに行くところから、転売屋さんが敵で、師弟対決という強引な展開が続きます。
 普通に考えれば破綻した展開なのですが、それでもきちんとお話として成立して、なおかつ面白いところがすごいです。
 あと、有紗さんが大卒という事実に驚いたのは私だけではないかと。

 中国拳法の闘いが始まると思ったら店員さんに追い出され、今度はプロレス対決になるところも驚きでした。
 それに対して突っ込むところも無く、逆にナレーションの人はノリノリだったのもおかしい話です。
 Fateではないですが、愉悦部に入っているのでしょうか。

 突き抜けたノリが面白いこの作品ですが、今のところ一話完結で進んでいるような気がします。
 ここからバグリモノとの戦いが本格化するのでしょうか。
 私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム