【アニメ感想】リトルウィッチアカデミア 第7話「オレンジサブマリナ―」

 リトルウィッチアカデミアの7話を見て感想を書きます。
 憧れのシャリオさんを目指して努力をするアッコさんですが、結果がうまくかみ合いません。
 途中で先生(魚)を排水溝に流してしまったのは不覚にも笑ってしまいました。
 授業についていけず、落第を言い渡されそうになりながらも、少しずつ成長し、また自分のみを省みず人を思いやることが出来るアッコさんと、そんな彼女をしっかりと見ていたアーシュラ先生に敬意を表したいと思います。

【内容】
 魔法法律学の難しい授業にも真剣に取り組むようになったアッコさん。
 憧れのシャリオに近づきたいと努力を重ねますが、失敗が続いて先生方には怒られてしまいます。
 アーシュラ先生がマンツーマンで指導することになりますが、カラスの言葉はわからず、物の修復もうまくいきません。

 魔法での修復において、ダイアナと同じA判定のロッテが自分の進路をしっかりと見据えていることに感化されたアッコは、他の卒業生の進路について調べることに。
 彼女自身は憧れのシャリオのように、人々を楽しませる魔女になりたいと意気込む一方、アーシュラ先生の夢は何だったのかと逆に質問します。

 相変わらずほうきで空を飛べないアッコさん。
 その後の試験では毒リンゴを生成し、さらに物を加工するどころか爆発させてしまいます。
 占星術の試験ではダイアナの「学園を去るでしょう」の言葉をきっかけにクラスメイトと暴力騒動を起こしてしまいます。

 問題続きのアッコに対して、学園側は最後の試験に落第したときは「退学処分」にすると宣言。
 最後の授業「魔法哲学」は、なんと魚が先生で、その言葉を聞き取ることも、「利他的行為」という試験の意味も理解することが出来ません。
 万策尽きたと嘆くアッコですが、それでもシャリオを目指すと立ち直るところはさすがだと思います。

 パイシーズ先生(魚)の水槽にミネラルウォーターを流し込むアッコさん。
 死んだ魚の目で浮かび上がった先生を、さらに排水溝に流してしまいます。

 アッコはロッテ、スーシィとともにパイシーズ先生を探しに向かい、一方残されたアーシュラ先生はルアーをパイシーズ先生の
代わりにしてごまかすことになりました。
 魚に変身したはずが、一人だけ半魚人になってしまったアッコさん。
 そんな彼女は、家族がいなくなって寂しいという魚の声を聞き入れ、探すのを手伝うことに。

 密漁者のかごに入れられていた魚、さらにはパイシーズ先生を発見したアッコさん。
 最後の魔法をつかってカゴを解錠して皆を助け出します。
 さらに残った魚を改修した上で、密猟者に「密漁ダメ絶対!」と念を押します。

 パイシーズ先生を回収したアッコは、気がつけば魚の言葉を理解していたようです。
 さらに、試験テーマの「利他的行為」を自ら実践したことから評価はAをもらいます。
 問題ばかりを起こすアッコを退学にしようとする学園側に対して、アッコの成長と自分よりも相手を重んずる態度を評価すべきとアーシュラ先生は力説します。
 さらに環境保護団体が絶滅危惧種の魚を助けた「半魚人」を表彰したいといってきたことから、アッコはルーナノヴァの生徒だと認められることに。
 但し、試験の不正の罰として厳しい先生との共同生活が始まるのですが。

【考察等】
 一生懸命になったアッコさんですが、努力の方向性が違うのか、それとも経験の差なのか、いろいろな要因が絡み合ってうまくいきません。
 まあ、他の皆さんが魔女の家系で幼少から魔法に触れてきたのに対して、アッコさんが普通の日本人だったから、経験の差がどうしても出てしまうのは仕方ないことでしょうし、道筋を教えずに彼女を「落ちこぼれ」だと決め付ける学園側や一部のクラスメイトにも問題があるのではないかと思えます。

 中盤でのダイアナさんの「ルーナノヴァを去る」という占いの意味が気になります。
 退学して途中で去るとも取れますし、普通に学校を卒業するということにも取れるのではないかと。
 今回の結果だけ見れば、これから成長していくことは期待できると思いますし、最後までがんばってほしいところです。
 まあ、私に言われなくても、あれだけ前向きなアッコさんだったら大丈夫でしょうが。

 一番笑ったところは、パイシーズ先生にミネラルウォーターを飲ませ、排水溝に流したことでしょうか。
 この不祥事が、最終的にアッコさんの「利他的行動」を導き出したというところが、人生何が起こるかわからなくて面白いです。
 そして、アッコさんの成長を評価していたアーシュラ先生がますます好きになりました。

 魚の言葉をわかり、変身も少しずつできるようになってきたアッコさん。
 オープニングを見る限り空を飛ぶこともそのうちできるようになるのだと思います。
 彼女の今後のますますの努力と成長に期待したいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

今回で確信したけど、どうみても魔女家庭以外の子供が入学して落ちこぼれるなというのは無理でしょ。
一般家庭の人間が入学して授業についていくのはどうみても無理ゲーでしょ。

言語だけでもルーナ文字、鳥類語は必須っぽいですからね。
ルーナ文字は魔法などの学術書などを読む必要からだろうからアカデミックレベルの読み書きを要求されるのは間違いだろうし
鳥類語はカラスなどが使い魔の基本だから必須だけと使い魔選択によってはさらに習得が増える

一般人を入学させるということは今までのようにあらかた理解してる人間が資格を取るためにはいってくる学校であった教育方針では外界から新しくはいってきた人材が育たないわけで
魔法学校はどうしたいのか見えてこないな

Re: タイトルなし

 こんばんはです。
 毎週コメントありがとうございます。

> 今回で確信したけど、どうみても魔女家庭以外の子供が入学して落ちこぼれるなというのは無理でしょ。
> 一般家庭の人間が入学して授業についていくのはどうみても無理ゲーでしょ。

 私もまったく同意見です。
 今までなら魔女の家庭の人間しか入ってこなかったから良かったのですが、そうでないアッコさんには教育することが極めて困難だといわざるを得ません。
 だからこそ、アーシュラ先生が付きっ切りでやることが必要だったのかもしれませんが、それでも、要求される水準があまりにも高かったのではないかと。
 先生方も当然魔女の家庭の出身でしょうし、まったく違う環境のアッコさんは「未知」の存在。
 それを理解することをしないで自分の物差しで判断するのは教育者として問題かと。

> 言語だけでもルーナ文字、鳥類語は必須っぽいですからね。
> ルーナ文字は魔法などの学術書などを読む必要からだろうからアカデミックレベルの読み書きを要求されるのは間違いだろうし
> 鳥類語はカラスなどが使い魔の基本だから必須だけと使い魔選択によってはさらに習得が増える

 聞けば聞くほど、厳しい世界なのだと実感します。
 現代的に言えば、複数の言語を習得すること以上の困難を伴うかと。
 そう考えると、アッコさんの成長振りはむしろ褒めるべきと考えます。

> 一般人を入学させるということは今までのようにあらかた理解してる人間が資格を取るためにはいってくる学校であった教育方針では外界から新しくはいってきた人材が育たないわけで
> 魔法学校はどうしたいのか見えてこないな

 単純に経営難があって一般に門を広げたのではないかと。
 私立の女子高が、経営難から男女共学にしたような、そんなイメージと見ています。
 とりあえずお金が入ることが先決だったのではないかと。

 本当なら、入ってきた生徒に対するケアや、方向性を示すべきでした。
 しかし、ずっと魔女の世界に身をおいてきた先生方にとっては、未知の存在に気を取られることは出来なかったのかもしれません。

 わかりにくい言葉でごめんなさい。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム