【アニメ感想】AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION- 第7話「無理というのはウソつきの言葉」

 アキバズトリップの7話を見て感想を書きます。
 タイトルからピンときた人もおられるかもしれませんが、某ブラック企業を題材としたお話でした。
 途中でやせ細ったタモツさんが、雑誌のインタビューに載ったところは、良くここまでやれたものだと感心します。
 最終的には洗脳も解けて、妹さんとも仲直りできて良かったと思いました。

【内容】
 フィギュアを壊してしまい、妹に怒られたタモツさん。
 オークションで同じものを買おうとしますが、急にプレミアがついて入手不可能に。
 お金を稼ぐために、某居酒屋でバイトを始めることになりましたが、社長の目がすでに危険信号です。

 「お金よりも大事なことを学んでほしい」と即採用されたタモツさん。
 二四時労、土日祝働という意味深な名前の先輩方、そしてブラック企業の洗礼を受けますが、次第に労働の喜びを知ることに。
 しかし、長時間労働でガリガリにやせ細り、給料は「ありがとう」でお金ですらなかったのです。

 労働でボロボロになった兄を心配するにわか。
 そもそも壊されたフィギュアは兄が買ってくれたものでした。
 「不労所得」を夢見る兄は、気づけばブラック企業に洗脳され、最終的にはガリガリの姿で雑誌に掲載されるに至ります。

 異常事態を察してバイト先に乗り込むまとめたち。
 「目を覚まして!」と妹の暴力によって、タモツは自分がそもそも働くことが嫌いなことを思い出します。
 そして、お約束のとおりバイト先の社長がバグリモノでした。

 洗脳されたバイトを殴り倒し、社長を倒したタモツたち。
 フィギュアを買い戻し、妹との仲直りが成功します。
 しかし、バイト先の後遺症で「ありがとう」恐怖症になったタモツなのでした。

【考察等】
 フィギュアを壊して妹さんとの関係が悪化し、仲直りすることが主題と思われます。
 しかし、バイト先のブラック企業(ワ○ミ)が、社長の顔、あるいは雑誌インタビューなどがあまりにもリアルすぎて驚きです。
 一方で、こういうことをやって、社員を過労死させた企業がいまだに存続しているということが笑えないブラックジョークなのかもしれません。

 従業員に高い給料で報いることは難しいでしょうし、そうなるとやりがいという言葉が出てくるのかもしれません。
 とはいえ、それも普通に暮らせる給料というのが前提かと思います。
 「ありがとう」と書かれた紙ということで、お金ですらなかったというのがいろんな意味で恐い話だと思いました。

 最終的に、自分の夢が「不労所得」だと正気に戻ったタモツさん。
 それはそれでいいのかと思わなくも無いですが、最終的に妹さんとは仲直りできて良かったのではないでしょうか。

 今回はいろんな意味で限界に挑戦したお話だったと思います。
 次回のタモツさんたちの挑戦がどのようなものになるのか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム