【アニメ感想】双星の陰陽師 第44話「愛すれど遠く FAREWELL,MY PRECIOUS」

 双星の陰陽師の44話を見て感想を書きます。
 ろくろさんへの思いを言葉にした紅緒さんが乙女で可愛らしいなと思いました。
 「ろくろはろくろ」、つまり、正体がたとえ人間でなくても、彼女はろくろさんを思い続けるという、その一途なところが素敵です。
 一方で、前回に続いて自分の正体に悩んだろくろさんは、人間の紅緒さんとは結ばれないという結論に至ったようです。
 口ではひどいことを言っていますが、きっとろくろさんは、紅緒さんを巻き込みたくは無いと思っているのではないでしょうか。

【内容】
 有馬から自分が人間ではないことを聞かされ衝撃を受けるろくろさん。
 一方、悠斗との戦いで心身ともに傷を受けた紅緒は、体のダメージは癒えつつあるものの、ろくろの暴走、そして悠斗が発した「ろくろはケガレ」という言葉がどうしても頭に残ってしまいます。

 陰陽師たちの力もあって、鳴神町は少しずつ復興に向かいつつ有りました。
 勝ち取った平和の尊さをかみ締めるろくろですが、同時にこの平和を守らなければならないと決心します。
 やってきた紅緒から目を背け、仕事があると走り去ってしまいました。

 逃げてしまった自分を悔やむろくろの前に、有馬が再び現れます。
 町の復興を見て人間の素晴らしさを語る有馬は、人々の営みを守るのが陰陽師の勤めだと続けます。
 ろくろは、悠斗とは自分ひとりで決着をつける算段であり、有馬にある一つの頼みを告げるのでした。

 落ち込む紅緒を見て、ろくろとの関係を心配する繭良さん。
 気がつくと、いつもおはぎを食べていた和菓子屋さんが、店が壊れてしまって閉店するとのこと。
 その後、ろくろと出会った河原で、ずっと彼が一緒にいたことを思い返す紅緒は、(たとえ正体がケガレであっても)ろくろはろくろだと一言。
 来るべき悠斗との決戦に自分も立つために、修行を始めようと試み、また、ろくろが好きなのだと、自分の思いを言葉にします。

 ろくろは、紅緒に「話がある」と一言。
 愛の告白だと察して空気を読んだ繭良は、きなこをつれて廊下へと出て行きます。
 しかし、彼の口から出た言葉は、双星のコンビを解消するというものでした。

 一緒に戦うと嘆願する紅緒を「邪魔だ」と一蹴したろくろは無言で去ってゆきます。
 向かった先は、悠斗の待つ御柱の下でした。
 自分ひとりで決着をつけようとするろくろは、もし自分に何かあったときは自分を殺してほしいと有馬に願っていたのでした。
 
【考察等】
 前回はケガレと人間の関係やろくろさんの正体についてのお話が中心でしたが、今回は、紅緒さんがろくろさんへの思いを整理するところが中心であり、最終的にろくろさんを好きだと口にするところは素敵です。
 初めのまったく息があっていなかったところからは大違いで、長い戦いで彼らのこころもそれだけ通じ合ってきたのだなと思います。

 紅緒さんがろくろさんの正体が人間ではないと察しつつも、それでもろくろさんはろくろさんだと、彼を好きなのだと結論付けたのは良かったと思います。
 しかし、コンビ解消、あるいは邪魔、足手まといという言葉が、紅緒さんに与えたショックは計り知れず。
 紅緒さんが「愛すれども」ろくろさんとの距離は「遠く」なってしまいました。
 それでも、ろくろさんの中には、おそらく紅緒さんを巻き込みたくないという感情があるのだろうとは思いますし、あえてひどいことを言って彼女を戦いから遠ざけただと思いたいです。

 全てを一人で背負い込んで最終決戦へと向かったろくろさん。
 予想ではろくろさんが再度暴走して、紅緒さんがそれを止めるような展開、そして最後には二人でハッピーエンドの展開を期待したいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム