【アニメ感想】風夏 第7話「大炎上!」

 風夏の7話を見て感想を書きます。
 小雪さんとの密会を拡散され、タイトルどおりの大炎上が起こります。
 事態を収束させようと「友達」と書き込む主人公に対して、思い切った行動に出る小雪さんは純情ではあるのですが、すこし軽率だったのかもしれません。
 一方で、初めてのライブを前に、優さんがリアルの仲間の大切さを知ることができたのはよかったと思います。

【内容】
 練習の成果もあり、バンドの方は実力をめきめきつつけてきた優さんたち。
 しかし、小雪と会っていたことがネット上で拡散されてしまい、クラスメイトに質問攻めにされ、フォロワーにも叩かれることに。
 風夏は小雪とあっていたことを内緒にされたことを怒りつつも、彼をフォローすることに。

 小雪とは「友達」だとネット上で釈明する優さん。
 それを見た小雪は、テレビの中で優との出会いについてすべてを語り、自分にとっても「友達」だとけりをつけた上で、ずっと片思いだったことを告白したことで、炎上はますます進み、文化祭ライブの妨害予告まで飛び出してしまいます。

 落ち込む優を励ますバンドの仲間たち。
 彼らは思い思いを胸に明日の初ライブに挑みます。
 一方、優もまたネットで叩かれる一方で、姉や妹、バンドの仲間といったリアルの仲間にはげまされ元気を取り戻すのでした。

 文化祭当日、ライブ会場には多くの人が集まり、小雪もこっそりとやってきていました。
 集中砲火を浴びる主人公ですが、この逆境を楽しむことが出来るのは大物かもしれません。
 沙羅は兄の受け売りで、「私のギターで黙らせる」と一言。

 衆目を浴びる中、ステージに上がる優や風夏たち。
 初めてのライブ、果たして何が待っているのでしょうか。

【考察等】
 冒頭では急にうまくなったバンドに安心していたところですが、タイトルどおりの炎上が影を落とします。
 事態を収束させるためには(知らぬ存ぜぬを突き通すほかには)「友達」だといわざるを得なかったのだと思いますが、その言葉を重く受け止める小雪さんは、やはり雪のように真っ白な、純情な人だったのだと思います。

 小雪さんが自分の思いをテレビで伝えたことについて。
 一人の女の子としてはよくがんばったと思いますが、その後の展開を考えると軽率だったといわざるを得ないのかもしれません。
 ライブの妨害予告まで出てしまい、不安になる優さんをはげます仲間という構図はよかったと思いますし、リアルのつながりを実感するところもちょっと感動してしまいます。

 いよいよライブ本番で、かなり風当たりの強い中での開催となってしまいました。
 そもそもライブ自体中止でよかったのではないかとも言えますが、それではお話にならないのかもしれません。
 そんな状況下でもワクワクしてきたと言い出すその豪胆さは、いい意味で彼らしくないような気がします。
 ライブでは、その音楽で相手を黙らせることが出来るのか、私、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム