【アニメ感想】プリパラ 第133話「語尾の彼方」

 プリパラの133話を見て感想を書きます。
 相変わらず語尾に弱いひびきさんの行動が中々シュールですが、それでも相手に敬意を表してライブを聞くところが律儀でいいなと思います。
 試合結果はまあ予想通りなのですが、どちらも良く戦ったと思いますし、ライブは相変わらずレベルが高かったです。

【内容】
 神アイドルグランプリファイナルの2戦目は、トリコロールとうっちゃりビックバンズの戦いになりました。
 語尾に弱いひびきは、語尾を聞く前に決着をつけようと、順番で先制を引くために、「1」を手繰り寄せる練習を始めます。
 特訓の成果もあり1を見抜く力を見につけたひびきは、戦いの前にあいさつに来た先生らを語尾を遮断するスピーカーでなんとかしのぎきりました。


 対決の当日、勝利を確信するひびきさん。
 このまま1を引こうとしますが、ファルルが出てきて後攻を引いてしまいました。
 相手のライブを聞くのが流儀というひびきは、うっちゃりビックバンズのライブ(の語尾)をきいて気絶してしまいます。

 心配してやってきたあじみ先生に、改めてひびきは語尾が苦手であることを告げる安藤さん。
 先生は改めてひびきに謝罪するとともに語尾を封印します。
 目を覚ましたひびきは、語尾の無い美しい世界をその身に感じて、最高のライブを行うのでした。

 勢いのあるうっちゃりを11センチの差で下したトリコロール。
 らぁらとの戦いを期待するファルルですが、らぁらの次の対戦相手は妹ののんを含めたノンシュガーでした。
 姉妹対決を制して、次の戦いに進むのは誰なのか、私、気になります!

【考察等】
 幼い頃のトラウマで語尾を苦手にしているひびきさん。
 苦手な相手であってもきちんとライブを聞く律儀さがいいなと思いました。

 その原因を作ったのはあじみ先生なのですが、もともと人間不信になたひびきさんの友達になろうという「善意」からうまれた行動なのですが、その気持ちが完全に裏目に出たというのが皮肉な気がします。
 それでも一応和解しているような感じでしたし、だからこそひびきさんは最高のライブを出来たわけです。
 勝負の行方はまあ予想通りなのですが、うっちゃりが勝っていたらそれはそれで意外性があったのかもしれません。

 次回はバレンタインの放送であり、待望の姉妹対決とのこと。
 主人公が負けることは考えにくいのでしょうが、果たしてどうなるのか、しっかり見届けたいと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム