【アニメ感想】テイルズオブゼスティリア ザ クロス 第16話「それぞれの哲学」

 テイルズオブゼスティリアの16話を見て感想を書きます。
 デゼルさんを止めるために奔走する天族の皆さんですが、ライラさんがすでに街に重大な被害を与えているのではないかと思ったのは私だけではないかと。
 迷いながらも自分の道を進もうとするスレイさんはますます主人公らしくなってきてよかったと思います。
 最後にアリーシャさんが出てきたのがうれしかったですし、スレイさんの言葉を聞いて決意するところはすごくかっこよくて、よかったです。

【内容】
 大きな竜巻を起こす風の天族・デゼルを追いかけるロゼ。
 このままではデゼルが穢れに取り込まれると、ロゼを、そしてデゼルを追うスレイたち。
 スレイがロゼと合流し、ライラ達が圧倒的な力でデゼルを抑えます。

 ロゼの「やめて!」のひと言に降参するデゼル。
 彼は聖堂を破壊することで腐敗する教会に罰を与えようとしていたのでした。
 風の傭兵団の先代団長のブラド(ヴラド?)は弱いものの味方であり、ロゼを拾った男でしたが、今はこの世にはいないとのこと。
 ブラドに変わってロゼを見守るデゼルを、今までより強く感じるロゼなのでした。

 教会直属の騎士であるクルーグマンは、セルゲイを拘束し、スレイに自分たちに協力するよう求めます。
 スレイはその申し出を断る一方で、帝都ペンドラゴンには行くことをつげ、セルゲイの解放を求めます。

 行く先々で穢れを浄化していくことの重要性を認識しつつも、これよりも別に導師の役目はあるのではないかと考えるスレイ。
 語り部はそんな彼に、自分に正直に生きることが大切だと告げて旅立ってゆきます。

 ライラは導師の力が高ければ、従者であるアリーシャの声が聞こえるとスレイに告げます。
 アリーシャに思いをはせるスレイですが、そのアリーシャは政敵であるバルテロの放った刺客によって部下を失い、逃走を余儀なくされていました。
 今まで多くの部下を死なせたことを悔やみ、自分を責めるアリーシャ。
 スレイの声を聞き、自分も彼のように強くなると決意したアリーシャは、再び立ち上がり、仲間とともに王都を目指すのでした。

【考察等】
 スレイさんと、アリーシャさんのそれぞれの思いが交錯するいいお話だったと思います。
 なお、前半でデゼルさんを止めようとするライラさん達ですが、ライラさんの火力が常軌を逸しており、町をそうとう破壊しているのではないかと思われます。

 デゼルさんはブラドさんに変わってロゼさんの親代わりになろうとしているような、そんな感じがしました。
 一旦は行動をとめたデゼルさんですが、ロゼさんの考え次第ではまたあのようなことをしてしまうのかもしれません。

 自分に正直に生きるという言葉が出てきますが、これは簡単なようでとても難しいことなのだと思います。
 スレイさんは旅の中ですこしずついろいろなことがわかってきて、人間同士の争いに心を痛め、気持ちが揺らいでいるのかもしれません。

 最後にアリーシャさんが登場したのがすごくうれしかったです。
 スレイさんが自分の道を探しているように、アリーシャさんもまた、絶望に打ちひしがれながらも、スレイさんのことばを受けて立ち上がるところはとてもかっこよかったです。
 そんなアリーシャさんのますますの活躍と、そして彼女のピンチにスレイさんが駆けつける展開を期待したいと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム