【感想】落第騎士の英雄譚(12話=最終回)、ヴァルキリードライブマーメイド(11話)

 よほど楽しみだったのか、夜中に目が覚めてアニメを鑑賞しました。
 基本的に落第騎士(最終回)の話メインに書いていきたいと思います。

落第騎士の英雄譚(12話=最終回)
【内容】
 分家おじさんの策略により主人公の対戦相手が学園最強の「雷切」こと東堂刀華に決定します。
 刀華は珠雫(主人公の妹)を呼び出し、主人公の体調が万全でないことを理解しつつも全力で戦うので、妹の口から棄権を薦めるように進言します。
 試合当日になり、おじさんの「手違い」により走って会場まで行くはめになった主人公は、葛藤の中で心が折れかけますが、妹、周りの人々、そしてステラの声で復活して再び走り出し、会場に到着します。
 刀華との戦いは、主人公の体力が万全でないこともあり、いきなりの「一刀修羅」発動による短期決戦を挑み、その中で会得した一撃に全てをかける「一刀羅刹」により、見事に雷切を打ち破って勝利します。
 こんな結果は認められないと実力行使に出ようとする分家おじさんを吹き飛ばし、ステラが倒れ掛かる主人公を支え、主人公はステラに愛の告白をし口付けします。
 そして、主人公はめでたく七星剣舞祭の代表に選出され、刀華から選手団長に選ばれます。
 今まで人に認められなくてもいいと思っていた主人公は、周りの熱い声援に、人に認められる喜びを実感します。

【感想】
 主人公が試合に勝って、愛の告白も成功し、周りに認められてよかったと思います。
 文句なしのハッピーエンドでした(自分のことのようにうれしかったです)。
 他の多くの作品とともに、2期を期待します。

 最終回なので少し脱線します。

 強い主人公は他の作品にも多くいるのに、どうして私はこの作品の主人公に親しみを感じ、自分のことのように応援し最後は喜んだのかを私なりに考えました。
 それは、「誰かに認められたい」という思いが私にとって共感できるものだったからであり、だからこそ、主人公が認められたとき、自分のことのように感じたのだと思います。
 今は遠いところに行ってしまった気がしますが、連載初期のナルト君も(周りから迫害を受けており)自分の存在意義を認めさせるために戦っている側面があって、そんな彼の努力や勝利、周りに認められていくことがうれしかったことを思い出しました。

ヴァルキリードライブマーメイド(11話)
【内容】
 ミレイが元カノの百華ことA3と戦い、レディレディ(バイクの人)も参戦しますが敗北し、処女さんを奪われてしまいます。
 回想が入り、昔(C7と呼ばれていた)ミレイがA3とペアを組んでいましたが、人を殺すことが出来ずに処分されかかったところを科学者に救われたとのことでした(その後島に到着して処女さんと出会います)。
 目を覚ました処女さんは、百華にセクハラされます。
 同じく目を覚ましたミレイはバイクの人と共に再び城に乗り込みます。
 百華の仲間から自分達に従えば島から出られるといわれたシャルロットは、ふくよかな人と合体してミレイを迎え撃ちますが、バイクが飛行機に変形して特攻されて相打ちになってしまいます。
 そして、ミレイの前に、処女さんを武器化した百華が立ちはだかります。

【感想】
 最初の戦いで爆発がおき、シャルロットさんが「どういうこと?」と詰め寄ったらあっさり百華にひっぱたかれたのがコントみたいでした。
 次に、そのシャロちゃんは島から出られるとあっさり人に使われますが、その際に自分の仲間のことも気遣っていて、意外と矢指所もあるのかなと見なおしました。
 後はミレイさんが元カノを倒して終わりだと思います。


(明日はダンデビ最終回、K、ファフナーの3つです)

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム