秋アニメを中心に、今年のアニメを振り返っておきたいと思います

 今年を終えるにあたり、秋に放送されたアニメを中心に、今年のアニメについてまとめたいと思います。
 リゼロ不在で若干不安でしたが、終わってみれば今季もいい作品が多かったと思います。

1 2016年秋アニメ「総評」
 今期の特徴は続編ものが多いことですが、そのいずれもが評判をいい意味で裏切ってくれたと思います。
 特にオルフェンズはUCの穴を十分以上に埋めてくれましたし、ユーフォは音楽のレベルも、キャラクターの魅力も一押しです。

 また、オリジナル作品の躍進についても触れておきたいところです。
 「装神少女まとい」と「終末のイゼッタ」、あるいは「ユーリオンアイス」はどれもよくできていたと思います。

 「まとい」を語るにあたっては、もう一つの魔法少女枠「魔法少女育成計画」を同時に語らないといけないような気がします。
 前者は「剛速球」ともいえる王道、感動できる作品であるのに対して、後者はかつての「まどマギ」のような「変化球(危険球?)」的な作品だと言えると思います。

 「イゼッタ」もまといやまほいくと同じく、魔法少女の枠内に含まれるかもしれません。
 戦争の残酷さ、圧倒的な戦力差という絶望的な状況をうまく限られた枠で表現できていたと思います。
 キャラクターについても、一生懸命のイゼッタさんとりりしいフィーネさんの関係、彼女たちを取り巻く人間関係も必見です。

 「ユーリ」は、フィギュアスケートを題材としたアニメです。
 演技や音楽、さらには(現役アナウンサーや世界王者といった)出演者にいたるまでリアルさをとことん追求するもので、純粋な競技アニメとしても及第点のできだったと思います。

 夏の「甘々と稲妻」や「あまんちゅ」に続く癒し枠としては、「うどんの国の金色毛毬」と「夏目友人帳」を挙げたいと思います。
 前者は、春のふらいんぐうぃっち(青森)、あまんちゅ(静岡)に続いて地方(香川県)を舞台としたアニメということで、地域おこしという意味でも注目です。
 後者は、マスコットの「にゃんこ先生」のキャラクターに笑い、主人公や周りの人の優しさにけがれた心が浄化されるのを感じます。

 同じく「癒し」という意味で、今季のきらら枠「ステラのまほう」についても若干ふれておきたいと思います。

 夏の「ニューゲーム」と同じゲーム作りを題材としたアニメですが、あちらが「会社」であるのに対して、こちらは「部活」という違いがあり、自分のやりたいことを手探りで探っていく、そんな感じが出ていて見事に差別化できていると思います。

 次からは追記で、個別アニメの雑感を書いていこうと思います。
2 秋アニメの簡易レビュー
アイドルメモリーズ ※12/19 最終話
 アイドルを目指す女の子が奮闘するお話。
 既存アニメとしてはアイマスに近いような印象ですが、出演番組を間違えたような仮面の男が出てきます。
 一応完結したものの、序章に過ぎないような感じでいささか消化不良かもしれません。

うどんの国の金色毛鞠 ※12/25 最終話
 東京から香川県に帰省した男性「宗太」さんがが主人公で、キャストが共通する「甘々と稲妻」に続く癒し枠でした。
 狸の男の子「ポコ」さんの動きがとてもかわいらしくて、母性本能が刺激されます。
 いったんは出て行った故郷とと東京との関係、あるいは親と子の関係など、色々と考えさせられる点が多いです。

ガーリッシュナンバー ※12/23 最終話
 新人声優の「千歳」さんがある日メインキャストに抜擢され、奮闘するお話です。
 SHOROBAKOが制作現場なら、こちらは出演者をメインにしていて違った視点で楽しめるかもしれません。
 千歳さんの前向きな性格が見ていて心地のいい作品です。

かみさまみならい ヒミツのここたま ※12/22 64話
 優しいこころちゃんと、彼女が大切にしていた物に宿る神様たちの物語です。
 一年目はここたま自体がトラブルを起こすことが多かったのですが、2年目にはいると、少しずつ彼らも人の役に立つようになってきました。
 意外と感動するお話が多く、優しい世界とキャラクターに癒されます。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(2期) ※12/25 38話
 地球と火星の勢力争いの中を生き抜く、鉄華団の皆さんの奮闘を描いた物語です。
 去年秋~冬にかけて1期が放送されたその続編ですが、解説が丁寧なので初見でも大丈夫だと思います。
 戦闘シーンは言うまでもなく、登場人物がとにかく深く掘り下げられていて、彼らの人間ドラマも魅力の一つです。

クラシカロイド ※12/24 12話
 おそ松さんの監督さんが関係しているという「闇鍋」アニメ。
 個性的な登場人物のどたばたは、全く先が読めません。
 異常なまでの豪華声優陣だけでも見る意味はありますが、クラシック要素は意外と本格的でした。

終末のイゼッタ ※12/18 最終話
 第二次世界大戦期のヨーロッパをモデルとした戦記ものに、魔女というファンタジー要素が加わった作品です。
 主人公のイゼッタさんは友達の国を守るために、魔女の力を使って奮闘します。
 イゼッタさんもいいですが、フィーネというお姫様のりりしさが素敵であこがれてしまいます。
 戦争の悲惨さや恐ろしさ、空中戦の動きと見所が盛りだくさんの、お薦めの作品です。

SHOW BY ROCK(2期) ※12/19 最終話
 異世界に召還された女の子が、仲間とバンドをしながら「音楽の力」で悪い敵と戦うお話です。
 主人公たちはかわいらしいので「萌え」アニメだとおもいきや、先輩(男性)バンドの強烈なキャラクターも一つの魅力です。
 基本的に悪人はいないのか、あっさりと浄化されて和解できるあたりは見ていて安心してしまいます。

ステラのまほう ※12/20 最終話
 春のあんハピ、三者三葉、夏のニューゲームに続くきらら枠です。
 ニューゲームと同じゲーム作りのお話ですが、あちらが与えられた仕事の中でやりたいことを模索するのに対して、こちらは周りに影響されて手探りで探っていく感が強いです。
 主人公の純粋で素直なキャラクターと個性豊かな先輩、幼なじみ、ライバルとの絡みは見ていて癒されます。

装神少女まとい ※12/21 最終話(12/30特別編)
 魔法少女枠その1(その2は「魔法少女育成計画」)です。
 ある偶然から退魔の力を手に入れた主人公が騒動に巻き込まれるといったいわゆる「巻き込まれ」系で、王道の香りがします。
 友達(後にいとこと判明)のゆまさんがキルラキルのマコさんのようにちょこまかと動くのが楽しいですし、お父さんとの微妙な関係が徐々に歩み寄っていくところは感動の一言です。

双星の陰陽師 ※12/25 37話
 トラウマを抱えた主人公が、穢れを祓う最強の陰陽師を目指して奮闘するお話です。
 主人公が高校生になったあたり、21話から(30話まで?)はアニメオリジナル(原作を見た人によると全くの別物らしいです)になり、婆裟羅(強い敵)のバーゲンセールとなりました。
 オリジナルストーリーは賛否両論がありますが、多彩なキャラクターに光を当てようとする試みは評価できます。

ソウルバスター(侍霊演武) ※12/24 最終話
 日中合作アニメの一つで、三国志の武将をカードで召還して戦わせる作品です。
 周ユさんが女性として登場するところは、アーサー王を女性化した日本のFateをどこか思い起こさせます。
 登場武将のチョイスに原作者のセンスを感じるのがとてもいいです。
 また、中途半端に終わった印象があるので、続編を希望します。

刀剣乱舞 花丸 ※12/19 最終話
 歴史改変を企む敵との戦いを描くというお話とのことですが、戦闘よりも日常パートが多めのアニメでした。
 男性しか出ないという点を除けば、きらら枠にどこか近いものを感じます。
 主が提督、刀剣男士が艦娘と考えれば、艦これと似たようなシステムなのかもしれません。
 ただ、キャラクターがやたらと多く、最後まで覚えきれませんでした。

夏目友人帳(5期) ※12/21 最終話
 妖怪と人間の関係を描いた作品であり、近い作品では夏の「不機嫌なモノノケ庵」でしょうか。
 1期から見ていなくても普通に楽しめるもの評価が高いです。
 主人公の貴志さんの優しさとにゃんこ先生(マスコットかと思ったら実は違うようです)に癒されます。
 特に塔子さんと滋さん(主人公を引き取った親戚夫婦)のお話がとにかく感動です。

響け!ユーフォニアム2 ※12/29 最終話
 全国大会を目指す吹奏楽部一同が(1期で)地区予選を突破して(2期で)関西大会に挑みます。
 2期の前半では2年生のメンバーが、中盤では三年生の先輩が、後半では一年生の麗奈さんがそれぞれ中心となります。
 「けいおん」の京アニさんだけあって音楽のレベルの高さは見事の一言で、リアル吹奏楽部の人も共感するできばえなのだとか。
 皆さんの一生懸命を見ていると、私もがんばらないといけないと思えてきます。

ブブキ・ブランキ(2期) ※12/18 最終話
 意志を持った武器(ブブキ)を持つ少年少女の物語でしょうか。
 1期の最後の方に登場した妹さんの本格参戦、愛すべき馬鹿といったエピゾさんといった個性的なメンバーが主人公よりも目立ちます。
 ストーリーの進展が極端に早く、独特の魅力がある作品だと思います。

プリパラ ※12/27 130話
 アイドルの頂点「神アイドル」を目指す少女達の物語だと思います。
 ストーリーはかなり個性的なものが多いですが、ライブのレベルは高いです。

ポケットモンスター サン&ムーン ※12/24 8話
 先日発売されたポケモン新作のアニメ化作品。
 ポケモンが生き生きと動いていて、わくわくするとともにゲームをプレイしたくなる作品です。
 おなじみのピカチュウのほか、モクロー、アシマリ、ニャビー、イワンコなど、新しいポケモンがかわいらしくて癒されます。

魔法少女育成計画 ※12/18 最終話
 魔法少女枠その2(その1は「装神少女まとい」)です。
 かわいらしいキャラクターの反面、衝撃的な展開(自主規制)は、ある意味で「魔法少女まどか☆マギカ(まどマギ)」を超えているかもしれません。
 初めは愛らしいと思っていた某マスコットも、お話が進むに従って憎しみと怒りへと変わります。
 良くも悪くも、今期話題の作品でした。

ユーリ on ICE ※12/22 最終話
 フィギュアスケートのグランプリファイナルに出場するほどの主人公が、あこがれの世界チャンピオンとともに世界の頂点を目指すお話です。
 スケートの滑りはリアルですし、また登場する選手達も強烈な個性を持っていて飽きさせません。
 腐女子向けと言われますが、純粋なスポーツとしてみてもいい作品だと思います。

私がモテてどうすんだ ※12/24 最終話
 ある日美少女になった主人公がイケメン4人に言い寄られるというお話です。
 夏に放送のあったリライフが「社会人の願望」なら、今期のわたもては「女の子の願望」かもしれません。
 主人公に惹かれていく男性陣の心境がよくわかっていいなと思います。

3 2016年冬・春・夏のアニメについて
 秋アニメのついでに、冬、春、夏のアニメについてもちょっとだけ見ておきたいと思います。
 冬は、なんといっても「この素晴らしい世界に祝福を!(以下「このすば」)で笑い、「灰と幻想のグリムガル」で泣いた、そんな時期だったような気がします。
 あと、蒼の彼方のフォーリズム(あおかな)、最弱無敗の神装機竜、ノルン・ノネットも個人的に良かったと思いますし、継続だと、おそ松さん、Gate、ヘヴィーオブジェクト、鉄血のオルフェンズが印象に残ってます。
 きらら枠の不在に加えて、グリムガルやオルフェンズ、あおかなで毎回のように涙を流した、哀しい時期だったのかもしれません。

 春アニメでは、リゼロ、学戦都市アスタリスクの2期といったラノベ勢に勢いが有りました。
 きらら枠も「あんハピ」「三者三葉」の2つ、癒し枠としては「ふらいんぐうぃっち」「くまみこ」「少年アシベ」「少年メイド」といった可愛らしい作品が多かったのも良かったですし、オルフェンズが終わって、直ぐにガンダムUCが始まったのも、ガンダムファンとしてはうれしいところです。
 また、何といってもノイタミナ枠の「甲鉄城のカバネリ」が大きかったと思います。
 そのほか、坂本ですがは予想の斜め上を行く面白さでしたし、聖戦ケルベロスは初めは期待してなかったのですがとても良かったと思います。
 (春アニメの細かい雑感については、こちらです)

 夏アニメについて、リゼロは暗い展開ながらも最後まで見ましたし、同じラノベ系統では「クオリディア・コード」や「この美術部には問題がある」もとてもよかったです。
 きらら枠は「がんばるぞい!」でおなじみのニューゲーム、癒し枠としては、あまんちゅ、甘々と稲妻がありましたし、ラブライブの系譜を継ぐ、ラブライブサンシャインは毎回のように涙を流しました。
 UFOさん製作のテイルズオブゼスティリア、key作品のリライト、プラネタリアンもクオリティーが高かったですし、食戟のソーマはテンポよくお話が進みます。
 リライトと紛らわしいリライフは、日代さんのキャラクターが他人とは思えなかったです。
 また、あまり話題には出ないのですが、タイムトラベル少女も個人的に良かったと思います。
 (夏アニメの細かい雑感については、こちらです)

4 2017年の冬アニメについて
 続きのあるもの(鉄血のオルフェンズ、ポケモン、双星の陰陽師、ここたま、プリパラ)はよほどのことがない限りは見ていくと思います。

 また、継続や2期もので
 ・この素晴らしい世界に祝福を2
 ・テイルズオブゼスティリア
 ・リライト
 ・霊剣山 叡知への資格
 中でも、今年リゼロに並ぶ人気を誇ったこのすばに期待です。
 (まためぐみんアイコンが増えるのでしょうか?)

 新規では、きらら枠の「うらら迷路帖」、京アニさんの「小林さんちのメイドラゴン」はチェックしておきたいです。
 特に去年冬、きらら枠がなかっただけに、この放送はすごくうれしいです。

 以上、一通り思うところをまとめておきました。
 今後の何かのお役に立てればいいなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム