【アニメ感想】プリパラ(128話)「さよならウサチャ…」

 プリパラの128話を見て感想を書きます。
 ノンシュガー結成時の、ウサチャさんがペッパーさんに食べられるという約束はまだ生きていたようです。
 約束を守ろうと自ら料理されようとしているウサチャさんがシュールですが、ある意味予想通り食べられることがなかったので良かったです。
 ジャニスさんが少しずつ考えを改め始めているところも今後重要になってくるのかもしれません。

【内容】
 遺書を書き、死を覚悟するウサチャさん。
 のんは、ノンシュガー結成時のウサチャが食べられるという約束を思い出し、ペッパーをつなぎとめることでウサチャを守ろうとします。
 しかし、お父さんが「ウサギ」を連呼し、約束を思い出したシュガーはウサチャを食べに向かいます。
 
 自らフライになろうとするウサチャは、兄に見つかり逃げてしまいます。
 その場に残された「遺書」から約束のことを知った一同は、手分けしてウサチャを探すことに。
 その後も、カレー、寿司、干物になろうとするウサチャですが、その都度兄の体当たりによって阻止されます。

 グランプリ以降姿を消していたジャニスは、自分が姉からタクトを奪わなかったことに迷いを感じているようです。
 ウサチャが食べられることについて「ルール」だから仕方がないとするジャニスに、ルールとは何かと尋ねるちり。
 とりあえず、ジャニス放置でウサチャの探索を続けることに。

 ステーキになろうとするウサチャを食べる気満々のペッパーさん。
 ジャニスは「約束よりも大切なものがある」とペッパーを説得し、ペッパーも「食べない」とひと言。
 なんだかんだいっても、ノンシュガーの中にも友情が芽生え始めていたようです。

 改めてライブを行うノンシュガーは、観客を魅了します。
 そのライブの様子を「すばらしい」と褒めるジャニスですが、又何処かへと行ってしまいます。

【考察等】
 あいまいなまま終わらせると思っていた「約束」がここで一応の解決をみます。
 自ら食材になろうとするウサチャさんの覚悟がシュールですが、最終的には食べられることは有りませんでした。
 まあ、そのまま食べられる展開はさすがにないと思っていましたし、無難なところにまとまりましたし、最後のノンシュガーのライブには良かったと思います。

 次回は「敗者復活戦」のお話らしいです。
 どんなメンバーが名乗りを上げるのか、私、気になります!

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム