【アニメ感想】侍霊演武:将星乱(12話=最終回)

 ソウルバスターの最終回(だと思われます)を見て感想を書きます。
 周瑜さんが女性として出てきたところで、アーサー王を女性化したFateを思い返したのはずいぶんと前だったような気がします。
 最後まで見て、Fateとはまったく違った魅力のある作品だったというのが率直な感想です。
 お話は明らかに続編をにおわせた終わり方だったのですが、おそらく原作も完結していないのではないかと思います。
 できることなら、2期を期待したいところです。

【内容】
 崩れゆく南方離宮から脱出しようとする孫シン達ですが、唯一の出口は巨大な岩で塞がれてしまいます。
 これで最後にはしないと岩を押す孫シンの姿を見て、手伝う関羽、凌雲、そしてバリィさん。
 小さくなった関羽は、三人の主君が武将と一体になって岩を押している姿に、【伝説の主君】なのかと意味深な発言をするのでした。

 倒したはずの魏延が再び現れて岩をどかし、孫シンたちを脱出させます。
 その後、水に流された彼らは、気づけば水鏡先生のいる謎の空間にいたのでした。
 水鏡先生は、南方離宮と同じ九宮のひとつである「南西魂宮(なんせいこんきゅう)」のある成都を目指せといって消えてしまいます。

 献帝の意を受けて成都へと向かう伯安子ですが、なにやら思うところがあるようです。
 また、元の世界に戻ってきた孫シン達は、3人で成都を目指すところで、お話は一旦終了します。

【考察等】
 とりあえず脱出して次の目的地を目指すということで、区切りのいい所で終わったという印象です。
 宮は残り8つあるわけですから、まだまだお話が続くのは想像に難くないところ。
 あの伯安子さんは面従腹背のような、そんな雰囲気を出してきて、ますます先が気になるところです。

 はじめは嫌々戦っていたような孫シンさんですが、後半になって主人公らしさが出てきたなと思います。
 凌雲さんやバリィさんといった仲間も加わって、ますますおもしろくなりそうなところで終わってしまいました。
 バリィさんの回想でチラッと出てきた女性も気になりますが、彼女と紀霊さんとの関係に何かあるのではないかと思ってます。

 日本のアニメの水準は(地域格差という問題を抱えながらも)高いものだと思いますが、こうやって外国のアニメを見るものいいなと思います。
 文化交流を通じて、相手国への理解も深まればいいなと思う今日この頃です。

 2期、3期と続いていけば、またいろいろな武将を見ることが出来るのかと思うと気持ちが高まります。
 そのあたりのお知らせは全くなかったのですが、同じ中国原作の「霊剣山」も続編があるみたいですし、是非期待したいところです。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム