【アニメ感想】刀剣乱舞-花丸-(12話=最終回)「【師走】僕たちの本丸は、今日も花丸」

 刀剣乱舞の最終回を見て感想を書きます。
 タイトルから戦闘中心のアニメだと思って見始めましたが、まさかの日常系に驚いたのは3ヶ月前でしょうか。
 かつての主へのあこがれを克服して今の「主」と本丸のためにやるべきことをやるというところに落ち着く、綺麗な終わりかただったと思います。
 登場人物が多くて半分以上覚え切れなかったのですが、どくどくのゆるい雰囲気に惹かれて最後まで見てしまいました。
 あれだけの刀剣男士がいずれも個性を出していたのはさすがだと思います。

【内容】
 歴史を守るために池田屋へと向かった安定達ですが、隊長の安定はかつての主である沖田君と同行して戻ってきません。
 一方、本丸では写真から安定の姿だけが消えてしまうという事態が起こります。
 この事態に三日月は、歴史を改変する動きに「刺客」が送られるということに言及します。

 池田屋では、安定が血を吐いた沖田君を守るためにその剣を振るいます。
 その「歴史改変」の動きに合わせて「検非違使」が登場し、清光達を襲います。
 この敵を仲間に任せて、清光は安定のいる池田屋へ向かいます。

 「お前の今の主は、沖田君じゃない!」
 かつての主のために剣を振るう相棒をたしなめる清光。
 今の「主」や本丸の皆のことを思い出せといわれた安定は我に返ります。
 心の中の沖田君は「やりたいことを果たせ」と消えてゆきました。

 仲間と合流した安定は検非違使を倒し、本丸に戻ります。
 そして、主の了解を得て当てのない旅に出ることに。
 清光は「強くなって帰ってきて」と相棒を送り出します。

 月日が流れ、久しぶりに戻ってきた安定は「万葉桜」で仲間たちと再会します。
 そして、刀剣男士一同が桜をバックに記念撮影を行い、このお話は終焉を迎えるのでした。

【考察等】
 バトルものかと思って、気がつけば日常ものを見ていたような気がします。
 個別のエピソードはおもしろいものが多かったのですが、個人的には「超刀剣男士育成計画」や、「うどんの国の金色毛鞠」に先立って主のためにうどん作りをする長谷部さんが特に印象に残りました。
 一方で、個性豊かな仲間が余りにも多くて覚え切れなかったのも事実ですが。

 他の製作会社によるもう一つの「刀剣乱舞」が予定されていると聞いたことがあるのですが、どんなアニメになるのか、始まったら見てみたいものです。
 その時になったらもう少しキャラを覚えられればいいなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム