【アニメ感想】アイドルメモリーズ(12話=最終回)「はじまりの歌」

 アイドルメモリーズの最終回を見て感想を書きます。
 最後まで諦めない展開はよかったと思いますし、出来レースと言われそうですが、最終的に仮面の人の野望(?)も消えたのでよかったのではないかと思います。
 今まで生徒を突き放してきた学園長が直談判するところはちょっと意外ではありましたが、これが彼女の本来の姿なのでしょうか。
 一方で、仮面の人が学園長に何の恨みがあったのかがよくわからなかったのですが、続編もありえるのならそのあたりの補足がほしいです。

【内容】
 いよいよ始まったルーキーズフェス。
 スターリングのステージはみはるの妨害によりシステムダウンを起こし、ステージに上がることができません。
 音声だけではどうにもならないと皆が諦める中、三人は心を込めて歌い始めると、謎の空間が現れ、ステージが復旧するのでした。

 結果発表は、仮面の人のクリムゾンスター学園が1位、スターリングもシャドーも10位以内に入りませんでした。
 結果がわかっているのならここまでやる必要はなかったのではないかという声に対して、仮面は華音学園の評価を落とさなくてはならないと私怨交じりの言動を発します。

 結果に納得のいかないファンの声を聞き、学園長が理事会に集計のやり直しを要求します。
 ファンの声はますます大きくなり、サーバーがダウンする事態に。
 仮面の人は不本意ながらやり直しを飲まざるを得なくなりました。

 投票の集計に重大なバグが見つかったとのことで順位の入れ替わりが発生します。
 本当の順位は、仮面の人を抑えて、シャドーが2位、スターリングが堂々の優勝を飾ります。

 勝利に沸く2チームは合同でライブを行い観客を沸かせます。
 一方で、学園長はこれはまだ始まりに過ぎないと続編を匂わせる一言を発するのでした。

【考察等】
 ラブライブサンシャインの後、アイドル枠ということで見始めて、結局最後まで完走しました。
 ファンに自分の歌を届けたいという想いでライブを行い、その一生懸命がファンにも届いたという意味、ファンの心がゆがみを正した展開はよかったと思います。
 一方で最後まで小者ぶりが目立った仮面の人は、学園長への私怨で動いていたようなのですが、彼らの間には何があったのか、全く語られなかったこと、また相手校のアイドルの顔すら見えなくて感情移入できなかったこともちょっと残念です。
 もし続編があるのなら、そのあたりをはっきりさせてきちんと終わらせてほしいなと思います。 

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム