【アニメ感想】終末のイゼッタ(12話=最終回) 「イゼッタ」

 ブブキ、まほいくに続き、イゼッタの最終回を見ていきます。
 イゼッタさんとフィーネさんはそれぞれ最終決戦へと臨み、それぞれの戦いを繰り広げます。
 「アカメが斬る」ほどではないにしても、敵味方が次々と死んでいく展開は、わかってはいてもつらいものです。
 イゼッタさんの決死の思い、そしてそれを受けてのフィーネさんの必死の訴えには涙が止まりませんでした。
 最後はすこし詰め込みすぎではないかと思いつつも、綺麗に終わらせたのはさすがです。
 今期、まほいくに並ぶ名作だったと思います。

【内容】
 エイルシュタットを一瞬で消滅させるというゲイル(ゲルマニア)の新兵器が発射されようとしていたその時、魔石を身につけたイゼッタは再び「白き魔女」ゾフィーと対峙します。
 一方、検問を強行突破したフィーネ達は車を乗り捨て、逃げるベルクマンを捨て置いて、走って会合の場へと向かうことに。

 互いに力の制限をなくした魔女と魔女の戦いは、人知を超える壮絶なものでした。
 銃弾をかいくぐるイゼッタに、戦車そのものを弾丸にして飛ばしてくるゾフィーさん。
 彼女がミサイルの制御をしていることから、イゼッタはゾフィーを遠く離れた場所へと誘い出すことに。
 しかし、ゲルマニアには魔女のクローンが存在するのですが。

 新兵器の威力を頭に浮かべ、余裕を浮かべるゲルマニアの皇帝陛下。
 その圧倒的な威力により、列国を降伏させようとする同国。
 それを阻止しようとするフィーネは、ジークをおとりにして先に進むことに。

 逃げるジークは、銃を構える少年兵の姿にかつて(6話で)自分が殺したヨナス一等兵を思い浮かべてしまい反撃が出来ず、そのまま命を落としてしまいます。
 また、逃げようとするベルクマンに対して、オルガバサラは国のために死んでいったリッケルトのことを引き合いに出して彼を責め、銃を向けます。

 「待たれよ!」
 ゲイルの兵器におびえる列強の前に現れたフィーネさん。
 イゼッタが魔女ゾフィーを倒し、ミサイルの発射を止めてからでも返答は遅くない各国の代表に訴えます。

 列車をムチに使いイゼッタを圧倒するゾフィーは、自分が愛するマティアスが自分の力を恐れ処刑するよう手引きしていたという事実を明かし、愛する人にに裏切られたことによる憎しみでイゼッタを圧倒します。
 エッフェル塔(仮)をも破壊する彼女の力に対して、イゼッタは国の主が個人の感情よりも国を優先するのは当然と論破し、その命をかけて周辺から魔力を吸収します。

 仮にイゼッタが勝っても、魔女の力をもつエイルシュタットが圧倒的な覇権を握るのではないか。
 魔女の力を恐れるアトランタ合衆国代表の言葉に、フィーネはこの戦いで魔女も魔法を使った戦いも終わると反論します。
 イゼッタは魔女の魔力の源泉である「レイライン」からすべての魔力を奪い、戦いに決着をつけようとしており、勝敗に関わらず魔法は今後使えなくなるとのこと。
 しかし、それはイゼッタに想像を絶するダメージを与え、彼女の命すら危うくする諸刃の剣であり、そのことを知ったフィーネは、友人として彼女を守りたいと考えつつも、国と国民のため、苦渋の決断をしたのでした。

 自分のみを省みず国のために戦ってくれるイゼッタへの思いを胸に、涙ながらに各国に訴えるフィーネ。
 大好きなフィーネへの思いを胸に、すべての魔力を吸収したイゼッタは、クローンを消滅させてミサイルの発射を止め、さらにゾフィーを打ち倒したのでした。

 魔法という概念が消滅したことで、アトランタ合衆国は改めて参戦し、戦争の状況は一変します。
 ゲイルの優勢は崩れ、追い込まれた皇帝はその秘書(?)によって暗殺され、戦争は一端の終焉を迎えます。

 平和になったのではないかと語るロッテに、フィーネは戦争は人の常と言いつつ、イゼッタとの約束を守るためにこれからも努力することを誓うのでした。
 そして、ある山小屋で、車椅子姿となったイゼッタと再会を果たすのでした。

【考察等】
 まほいくと同じく、第一印象だけで視聴を決定した作品でしたが、その勘は間違ってはいなかったと思う今日この頃です。
 一生懸命なフィーネさんやイゼッタさんを見ていると、私もがんばろうという気持ちになり、何度か助けられたような、そんな気がします。
 終盤でエイルシュタットの王都が落とされたところはショックでしたが、最終的にまずますの終わり方まで持っていけたのは良かったと思います。

 どこまでも互いを思い、信じ抜いてきたイゼッタさんとフィーネさんは癒しであり、誇りでもありました。
 身分を超えた、心からの友人関係は見ていてまぶしいものでしたし、互いの心情がよくわかって、よかったと思います。
 個人的には、フィーネさんとイゼッタさんが平和な世界で(6話でフィーネさんが絶賛していた)パイを食べるエンドを見たかったのですが。

 フィーネさんとイゼッタさんが一押しではありますが、ほぼすべてのキャラクターが(主役級の)声優さんの演技もあって強烈な個性を放っていました。
 その惜しげもないキャスティングもまた、秀逸なストーリー内容とともに賞賛に値するものといえましょう。
 中でも、ロッテさんの明るい、前向きなキャラクターが好きでした。
 実はまほいくのスノーホワイトさんと同じ人なのですが、あちらはつらい展開が多かっただけに、こちらの元気なロッテさんを見ていると何処か安心してしまいます。

 戦争は終結を迎えたということで、綺麗に終わらせたのはさすがだと思いました。
 キャラクター、ストーリー、戦闘シーンと非の打ち所のない作品でした。
 これだけのクオリティーを毎週保ってきた関係者各位の努力がすさまじいものだったのではないかと思います。
 本当に、ありがとうございました!

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム