【アニメ感想】ポケットモンスター サン&ムーン(7話)「市場の風来坊ニャビー!」

 ポケモンSMの7話を見て感想を書きます。
 4話モクロー、5話アシマリに続く、最後の御三家のニャビーが登場します。
 食べ物を奪っていったニャビーですが、実は年老いたムーランド(第5世代初出)のためにがんばっていたというところで泣いてしまいました。
 その絆の前にゲットを諦めたサトシ君ですが、この2人の関係はまだまだ続きそうな感じでしたし、いずれ彼(?)をゲットする日が来るのかもしれないなとふと思いました。

【内容】
 ポケモンスクールへ登校途中のサトシは、ひねこポケモンのニャビーと出会います。
 可愛く擦り寄ってきてお弁当のコロッケサンドを奪って去っていったニャビーですが、途中でペルシアン(アローラのすがた)によって食べ物をダメにされてしまいました。
 学校でニャビーの話を聞いたサトシは「とっちめて(=ゲットして)やる!」と意気込みます。

 帰りの市場でニャビーを見たサトシが追いかけてゆくと、果物屋のおばあさんがニャビーに木の実をあげていました。
 「悪い子じゃない」というおばあさんの言葉どおり、ニャビーは年老いたムーランド(犬のポケモン)のために食料を持っていっていたのです。

 次の日、サトシは木の実を持ったニャビーがペルシアンに追いかけられているところに遭遇します。
 ピカチュウがペルシアンを追い返しますが、ニャビーはもうボロボロの状態です。
 ひっかかれながらもニャビーをポケモンセンターにつれていくサトシですが、直ぐに外に出ようとするニャビーをとりあえず(ククリ博士の)家へと連れてゆきます。

 夜中にこっそりと出て行くニャビーは再びムーランドの元へ。
 事情を知ったサトシは、ニャビーのゲットを諦めることに。
 再び現れたペルシアンは、ニャビーが「ひのこ」で撃退して一件落着です。

 さらに次の日、ニャビーとムーランドに食べ物を持っていくサトシですが、屋敷の中には誰もいませんでした。
 落ち込むサトシに「人は人、ポケモンはポケモン」と励ます果物屋のおばあさん。
 そんな彼らの前に、ふたたびひょっこりとニャビーが現れるのです。

【考察等】
 猫ポケモン初の御三家は、可愛らしい上に義理堅い、素敵なポケモンでした。
 トレーナーに棄てられたヒトカゲをはじめとして、ほのおポケモンは全体的に不遇な印象があって心配していたのですが、不遇といいうよりも、弱いポケモンを守っていたフシギダネをほうふつとさせる義理堅いところがいいなと思いました。

 今回はロケット団はあまり出てこなかったのですが、もし本格参戦していたらペルシアンを毛嫌いしているニャースがどう反応するか、ちょっと見てみたい気もしました。
 ペルシアンはもう出ないとしても、今後ロケット団のニャースとニャビーといった、猫ポケモン同士のからみがあるのかもしれません。

 余談ですが、猫ポケモンといえば、ニャース(ペルシアン)に始まり、鳥ポケモンと並んで各世代で1系統は存在するポケモンだったりします。
 ペルシアンは初代の大会で、ケンタロスの使用が禁止された大会ではタイプ一致の「きりさく」でそれなりに活躍したのはうっすらと覚えているところですが、それ以降、猫ポケモンは戦力としては結構微妙だったりしますので、御三家の中にはいったことで猫ポケモンの地位が向上されるのではないかと思う今日この頃です。

 公式サイトによると、次回はリーリエさんのお話だとか。
 ポケモンを触れない彼女がタマゴとのふれあいを通じて、ポケモンとじかに触れ合うことができるのかどうか、私、気になります!

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム