【アニメ感想】響け!ユーフォニアム2(11話)「はつこいトランペット」

 ユーフォニアム2の11話を見て感想を書きます。
 あすか先輩がようやく復帰したかと思えば、今度は麗奈さんの様子がおかしいことに気付く久美子さんということで、今回は麗奈さん中心のお話になりました。
 頂点を目指すとストイックな麗奈さんも好きですが、今回のような、滝先生の奥さん(故人)のことで演奏に集中できなくなる純情さ、そして最後には先生の夢をかなえたいとけなげなところも素敵な人だと思います。
 また、演奏が立て直せない麗奈さんを気遣う優子先輩のさりげない優しさに、もうこの人が次期部長だと確信する今日この頃です。
 みんなの夢を乗せて、もう全国金賞を取るしかないという流れになってきましたし、このまま全国の頂点まで突き抜けてほしいと思います。

1 前回のあらすじ ※詳細はこちら(前回感想)
 あすか先輩の全国への思いが家を出て自分の道を歩く姉と重なった久美子は、先輩を呼び出し、改めて全国に出てほしいと嘆願します。
 それに対して、久美子の意見を次々と論破するあすか先輩。

 久美子は他の人ではなく、自分が先輩と全国に行きたいのだと思い、先輩が自分の気持ちを諦めるのはおかしいと涙ながらに訴えます。
 顔をぐしゃぐしゃにしてまで自分を思う後輩を前に、あすか先輩の目からは涙がこぼれます。

 模試の結果について先生が話があるとのことで、去っていったあすか先輩。
 全国30位以内というその結果を盾にして母親を説得した先輩は、その翌日に吹奏楽部への復帰を果たすのでした。

2 「はつこいトランペット」
 あすか先輩の復帰に喜ぶ北宇治高校吹奏楽部の皆さん。
 滝先生は良くなっているといいつつも、慢心はいけないと釘を刺しつつ残りの期間の練習に専念するようにとひと言。

 最近、麗奈が自分を避けているのではないかと考える久美子さん。
 校門の前で彼女を待ち伏せしますが、「用事があるから」と一蹴されてしまいます。
 家にもどれば、姉から母への手紙があり、貯金通帳を返却したところに姉の本気を感じます。

 麗奈から呼び出しをうけた久美子は彼女と登山をすることに。
 「怒ってるの、わかってるよね?」と切り出す麗奈に、何も言ってないしと反論する久美子さん。
 その言っていないことが問題なのですが。

 山の頂上で大声で叫ぶ麗奈さん。
 部室で滝先生の奥さんの写真を見た彼女は、橋本先生にそのことを聞くと「もしかして、黄前さんから?」といわれ、久美子が奥さんの事を隠していたことが判明してしまったのです。
 麗奈が動揺することを見越して言わなかった久美子ですが、それでも言ってほしかったと一言。
 それに対して久美子は、奥さんはもういないといったうえで、応援していると励まします。

 麗奈と滝先生との出会いは、彼女の小学校時代にさかのぼります。
 父親の知り合いだった先生を家ではじめて見たとき、その笑顔にドキドキしてしまいます。
 そして、高い所を目指すことは大切だと励ましてくれた上に、トランペットの教本をくれたのです。

 「弱いです」
 練習中(滝先生のことを考えて)集中できていない麗奈を、滝先生は指摘します。
 それに対して、立て直しますと宣言する麗奈さん。

 ベランダでトランペットの練習を続ける麗奈に、声をかける優子先輩。
 「何かあるなら話してよ」とのひと言に、彼女の優しさを感じます。
 素直に「ありがとうございます」と言える麗奈も、以前とは変わったような気がします。

 遅くまで練習をした後、久美子とともに鍵を返しに行く麗奈。
 先生の指にある結婚指輪を確認したうえで、奥さんはどんな人だったのかと直球をぶつけます。
 彼女の真剣なまなざしに応えるように全てを語る滝先生。
 余命宣告を受けた時のショック、父からの依頼で北宇治高校にやってきたことなどなど。

 滝先生はまだ奥さんが好きだということがはっきりとわかった麗奈さん。
 しかし、全てを音楽にぶつけることで、演奏が完全に立ち直ることに成功します。
 そんな麗奈は、久美子に明日付き合ってとひと言。

 次の日、再び登山する久美子と麗奈。
 その先にあったのは、新山先生に無理を言って教えてもらったという、滝先生の奥さんのお墓でした。
 奥さんの墓前で、その夢である全国金賞を取ると誓う麗奈さん。
 高らかと鳴らすそのトランペットは、どこまでも透き通った音を奏でていました。

3 考察等
 あすか先輩の退部騒動という一難が去ったかと思えば、麗奈さんとの関係悪化という一難が降りかかってきます。
 前回は久美子さんの迫真の演技に涙しましたが、今回は麗奈さんの純情さ、ひたむきさ、いじらしさと彼女の魅力が思う存分堪能できる、そんなお話でした。

 案の定、先生の奥さんのことを知った麗奈さんは、久美子さんがそれを隠していたことに怒っていました。
 麗奈さんが動揺することをみこしても、また先生のプライベートのことでもありますし、久美子さんがいえなかったことはある意味し方のないことなのだと思いますが、それだけ麗奈さんが久美子さんを信頼していたことがわかるエピソードかと。

 後半では麗奈さんと滝先生の出会いが語られますが、幼少期の麗奈さんはとても可愛らしいです。
 イケメンというだけでなく、もっと上を目指すというその目標を理解してくれた先生に、麗奈さんが恋愛感情を抱いたことがわかりやすくまとめられていました。
 先生(このとき結婚指輪は外れていたような気がします)がその時に渡したトランペットの本は、もしかしたら奥さんとの思い出の品だったのかもしれません。

 今まで完璧にこなしてきた麗奈さんですが、先生のことで動揺するところに、やっぱり人間なんだなとふと思ってしまいます。
 麗奈さんを心配する優子先輩は、1期で「いい加減にしなさいよ!」と突っかかってきた彼女とは全くの別人ですし、素直にありがとうといえる麗奈さんも1期よりもずいぶんと素直になったなと思います。

 滝先生に直接奥さんへの思いを聞くという大胆な行動を取った麗奈さんに、久美子さんが乗り移ったのではないかと思えてきます。
 彼女の真剣なまなざしを受けて、全てを語る先生の真摯な態度も素敵です。
 こんな先生に愛された奥さんは、みじかい人生ながらも幸せな結婚生活だったのではないかと思えます。

 先生の心がいまだに奥さんにあることを知ってなお、その夢を叶えるためにと一生懸命になる麗奈さんのいじらしさに涙が止まりませんでした。
 もう全国金賞を取って、墓前に戦勝報告が出来ることを祈らずにはいられません。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム