【アニメ感想】プリパラ(126話)「メリー・グランプリ!」

 プリパラの126話を見て感想を書きます。
 今回が最後のライブですが、それと並行してちりさんがメインのお話となっているようです。
 仲間の後押しで、自分の言いたいことをいえたところは、チームとして完成しつつあるのではないかと思うと少しうれしいです。
 ノンシュガーのライブ自体は次回のようですが、おそらく彼女らが優勝して、ジャニス自らがタクトを奪うのではないかと思われます。

【内容】
 ジャニスから優勝して女神のタクトを奪うように言われたちりは大きく動揺していました。
 一方、真中家ではらぁら、のん、そしてお母さんがそれぞれ必勝を期してかつをほおばり、他のチームもまた優勝を目指して気合が入ります。
 ソラミスマイル、ドレッシングパフェ、ガァルマゲドンのほか、今回は数多くのチームが出場する激戦となりそうです。

 ちりがきていないことに気付いたのんとペッパーは、ちりの家へと向かいます。
 ノンシュガーのライブは最後にすることになり、他のチームのライブが先に行われることに。
 のん、ペッパーはジャニスがジュリィからタクトを奪うようちりに命じたことを聞いて、それを非難しますが、ジャニスはジュリィのありあり方こそがシステムに違反するものだと反論します。

 他のチームがどんどんライブを成功させる中、ちりはジャニスに自分の考えを伝えることに。
 気が弱い性格が災いして中々言うことはできません。
 しかし、のんやペッパーの応援を受け、タクトを奪うことは出来ないとひと言。

 チームの結束が強まったノンシュガーの3人は改めてライブ会場へと向かいます。
 一方、ちりの裏切りに憤りを見せるジャニスはコンパクトごと浮かび、ちりの背中にくっついてゆくのでした。
 そして、残り4チームの後、いよいよノンシュガーのライブが始まるのです。

【考察等】
 前回神アイドルコーデを乱発したため、出場チームが異常に膨れ上がりますが、さすがに全部のチームは放送することはできなかったようです。
 メインはあくまでちりさんがジャニスさんから独り立ちするところで、ガァルマゲドンたちのライブをバックミュージックにするという有る意味贅沢なお話でした。

 今まで一度もジャニスさんに逆らわなかったちりさんですが、仲間の助けもあって言いたいことをいえてよかったと思います。
 こんな展開を見せられて、流れ的にはもうノンシュガー優勝になるのだと思うのは私だけではないかも知れません。
 彼女達が優勝して、ジャニスさんが自らタクトを奪って年末を迎える展開になるのでしょうか。
 混戦状態のグランプリの行方が、私、気になります!

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム