【アニメ感想】SHOW BY ROCK(2期11話)「My Resolution」

 SB69の2期11話を見て感想を書きます。
 突然出てきたキングさんは、最終決戦に際してみんなでひとつの曲を作ることを命じます。
 一方で前半のメインは今まで謎に包まれてきたビクトリアス(ラスボス)さんが闇堕ちした原因なのですが、なかなか生々しい話で見ていてつらかったです。
 後半では一応曲はできたみたいなのですが、次の日にはもうライブというのですから練習はどうしたのかと突っ込みを入れてしまいそうです。
 最後の社長がロボットに乗って登場したのは全く想定してなかったので驚きでした。

【内容】
 シアン達の前に突然現れたグレイトフルキングとシューゾーたち。
 彼は、「闇の女王」ビクトリアスに勝つために、他のバンドと一緒に新しい曲を作るよう、シアンたちに指示を出します。

 場面は変わって、ラスボスのビクトリアスさんの回想へと移ります。
 母星は徹底した英才教育を行う星で、弱いものは淘汰される厳しい環境だったようです。
 そんな中、親友とともに正義を貫くためにと力を求めるビクトリアスさん。
 訓練の中、親友だと思っていた相手に裏切られて地面に落下し、そのことで闇の力に目覚めた彼女は、さらなる力を求めるためサウンドプラネットに興味を持ったとのこと。

 ロージアにしてもシンガンにしても、シューゾーにしても、統一感のない個性的な皆さん。
 音楽を通じてであった仲間への思い、音楽の可能性を信じて、シアンは新曲を完成させました。

 最終決戦の地、ピュールランド完成記念式典が始まります。
 王妃様に耳かきをしてもらっていた王様(モアパパ)ですが、演説自体は立派な内容でした。
 そして、いよいよライブが始まるその時、ラスボスことビクトリアスさんが登場。
 圧倒的な闇の力でシアン達の動きを封じ込めてしまいます。

 最大のピンチの中、助けに現れたのは徒然の皆さん……
 ではなく、巨大ロボに搭乗したメイプル社長だったのです。

【考察等】
 前半ではラスボスさんの過去が語られ、後半では曲作りと最終決戦ということで、次には終わりそうな気配がします。
 回想シーンはちょっと長めに感じられたものの、この手の(裏切りの)話は、なかなか人を信じられない私としても、見ていてつらいものを感じます。
 作曲はあっさりと終了して最終決戦へとなだれ込み、あっさりと力を封じられるという大ピンチで終わってしまい、最後に出てくると思っていた徒然さんはおそらく次回にお預けなのだと思います。

 次回の最終決戦でビクトリアスさんが浄化されて真人間になるのだと思いますが、明らかに親友の「裏切り」という事実をどうとらえるのかが気になるところです(ずっと心に残っていたからとひょっこり出てきて、謝罪するのでしょうか)。
 あと、シアンさんを呼び出したっきり何もしていない忍者の人は一体何をしているのかと、一時間ほど問い詰めたい今日この頃です。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム