【アニメ感想】ポケットモンスター サン&ムーン(6話)「びりびりちくちくトゲデマル!」

 ポケモンSM(サン・ムーン)の6話を見て感想を書きます。
 4話でモクロー、5話でアシマリの話が来たので、次は同じ御三家のニャビーが来ると思っていました、そんなことはなかったです。
 可愛らしい女の子や腹筋を見せてくれるカキさんに比べるとどうしても地味な印象のマーマネさんですが、機械に強いという個性がわかってよかったかと。
 戦闘に関しても、とくせいを利用した戦い方でとても良かったと思います。

【内容】
 ククリ博士がお出かけするということで一人お留守番をすることになったサトシ君。
 しかし、洗濯をすれば部屋中を泡まみれにし、お料理をすれば謎の物体を作り出し、食材を使い切ってしまいます。

 ショッピングモールに行くと、そこにはクラスメイトのマーマネと彼の相方であるトゲデマルとばったり出会うのでした。
 アイスクリームについて力説するマーマネは、育成プログラムを一人で組み立てるなどのやり手のようです。

 突然機械の誤作動で非常用シャッターが落ちてしまい、サトシたちはピカチュウやロトム、トゲデマルと離れ離れになってしまいます。
 マーマネがシステムを解析した結果、配電室を一度シャットダウンする必要があると判明し、サトシ、ピカチュウともに配電室を目指すことに。
 途中でけんかになりながらも、仲直りして先へと進みます。

 ダクトから配電室の前までたどり着いたピカチュウ達の目の前には、ロケット団の皆さんが立ちはだかります。
 ピカチュウを憎むミミッキュは突然戦闘を開始し、ピカチュウは追い込まれて下に落ちそうになってしまいます。
 そこに現れたサトシとマーマネ。
 マーマネの提案でピカチュウは十万ボルトを放ち、それを「ひらいしん」で蓄えたトゲデマルがロケット団に一撃を与え、さらにモクローがピカチュウを救出します。
 なおロケット団は、突然現れたキテルグマによって連行されてしまいます。

 トラブルが解消されたものの、買い物をすっかり忘れていたサトシ君。
 心配してやってきたククリ博士とともに、今夜は外食をすることになりました。

【考察等】
 サトシ君の初めての休日は、色々と大変なお休みだったようです。
 ロケット団の登場はいつもどおりなら、キテルグマさんの登場もある意味予告調和のような気がしてきました。

 今回のメインであるトゲデマルさんは、第2世代のピチューに始まるピカチュウ枠(参考;第2世代 ピチュー、第3世代 プラスル・マイナン、第4世代 パチリス、第5世代 モモンガ、第6世代 デデンネ)かと思われます。
 序盤の鳥ポケモンといい、ある程度お約束なのかもしれませんが、男性キャラがピカチュウ枠を所有するのは初めてかもしれません。
 タイプはでんき・はがねということでじめんタイプにはとっても弱い気がしますが、アニメに厳密なことを持ち込むのはどうかと思えるのでこれ以上は触れないようにしようかと。

 冒頭で言った最後の御三家のニャビーさんは、どうやら次回に登場するようです。
 トレーナーに捨てられたヒトカゲさんを初めとして、アニポケのほのお御三家がかなりつらい役回りが多いので、ニャビーさんもつらい展開になった上で、サトシさんにゲットされるお話になるのでしょうか。
 いずれにしても、次回は必ず見ようと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム