【アニメ感想】ユーリ on ICE(10話) 「超がんばらんば!!グランプリファイナル直前SP」

 ユーリの10話を見て感想を書きます。
 決戦前夜ということで総集編が来るのかと思っていましたが、色々な意味で想像を超える内容に驚きです。
 ファイナリストの紹介はまあいいとしても、勇利さんがヴィクトルさんにお守り(≒結婚指輪)を買うとか今まで以上にあちら方面へフルスロットルしてしまったような気がします。
 そして、今回のエンディング(後述)もいろんな意味で必見です。

【内容】
 グランプリファイナルの開催都市であるバルセロナにやって来たヴィクトルはプールを満喫。
 彼に絡むカナダのクリスはかつてのライバルであり、そして今回のファイナル進出者の一人でした。
 そのほかの出場メンバーは、「猫」で大人気のユリオ(ロシア)、色々な意味で強烈なJJ(カナダ)、早々に進出を決めていたオタベック(カザフスタン)、自撮りが上手なタイのピチット君に、我らが主人公の勇利でした。

 ヴィクトルと同じくバルセロナにやって来た勇利は、去年のファイナルのことを思い出して憂鬱です。
 そんな中、飛び込んできたヴィクトルとクリスのおかげで緊張が取れたのかもしれません。

 前日の練習を終えた勇利は、不安を紛らわせるためにヴィクトルと「観光」に向かいます。
 一方で、熱心なファンに追い掛け回されるユリオは、オタベックに助けられます。
 どうやら彼らは5年前に会っていたようで、改めてお友達となりました。

 買ったものをなくしてしまった勇利は、ヴィクトルとそのまま周囲を散策することに。
 「お守り」と今までのコーチのお礼として、ペアの指輪(どう見ても結婚指輪にしか見えません)を購入します。
 ヴィクトルに指輪をはめてもらう主人公。

 ふとしたきっかけでファイナル進出者が集合して食事をすることに。
 そこで昨年のバンケット(試合終了後のパーティー)で泥酔してダンスバトルしたことを暴露されてしまいます。
 ペアリングに気付いたピチット君は「結婚おめでとう!」と叫び、周囲の祝福を受ける勇利とヴィクトル。
 それに対して、ヴィクトルは「金メダルで結婚だよ!」と勝利宣言とも取れる発言で返します。

 翌日、それぞれの思いを胸に最後の戦いが始まります。

【考察等】
 毎回全力の演技を作画するのも大変でしょうし、総集編の流れかと思っていましたがそんなことはなかったです。
 ファイナル進出者の紹介はあっさりと終了し、デートイベントと結婚指輪という、「私モテ」の花依さんがいたら歓喜するようなそんな内容だったと思います。

 本編もなかなかインパクトが強かったのですが、エンディングもなかなかすごいことになっていました。
 というのは、バンケットでの勇利さんの泥酔と乱心、いわば「黒歴史」の暴露でした。
 ノリノリで楽しそうな勇利さんも、それに付き合う他国の選手たちもなかなかお茶目で素敵です。

 そして、エンディングの最後でヴィクトルさんにコーチになってくださいと言っている勇利さん。
 ここでようやくヴィクトルさんのコーチ就任と話がつながってきましたが、こんな形で伏線が回収されるとは思ってなかったです。

 次回はグランプリファイナル開催になりました。
 11話ショート、12話でフリーで締めくくりかと思われます。
 彼らの熱戦の結果がどうなるのか、私、気になります!

コメントの投稿

非公開コメント

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム